1. ホーム
  2. インターネット回線の比較

インターネットで快適な速度の目安はどのくらい?遅い時の原因と対処方法

快適な通信速度

インターネットの速度は、どれくらいが普通なのでしょうか?

一般的に速度の目安が決められている訳ではなく、使い方によっても推奨される速度は大きく変わってきます。

近年ではパソコンやスマホだけでなく、PS4やNintendo Switchと言ったゲーム機でオンラインゲーム(ネトゲ)をするのが当たり前です。

また、ネット回線だけでなくWi-Fiの速度やPing値なども重要な要素だと言えるでしょう。

また、各プロバイダのインターネット回線の速度は理論上の最大速度であるため、実際には表示されている速度で使える訳ではありません。

最大速度に対しての実測値の目安と利用できるサービスの状況を以下にまとめてみました。

■最大速度と実測値の目安
最大速度:1Gbps
実測値の目安:200Mbps
実測で100Mbps以上出ていれば問題なし
オンラインゲームも大容量の動画も利用できる
ただ、大容量のゲームをダウンロードすると時間がかかりイライラするかも
最大速度:100Mbps
実測値の目安:30Mbps
30Mbps以上でていれば検索などは問題なし
動画やオンラインゲームも、そこそこスムーズ
ただ、マンションなどでは混雑で10Mbps以下に落ち込むこともある
最大速度:50Mbps
実測値の目安:15Mbps
検索で少しイライラするかも
動画などは止まったり、コマ送りになることも
最大速度:30Mbps
実測値の目安:10Mbps
現代のブロードバンドとしてはかなり遅い速度
動画はあきらめた方がいいかも
ネットサーフィンでもかなりイライラします

上記の実測値はあくまでも目安です。

そのため、かならず上記の速度で使えるとは限りません。

インターネットの速度は環境や時間帯、利用しているネット回線によって大きく変わってきます。

ご自身のインターネットの使い方と契約しているネット回線の速度が合わない場合、乗り換えを検討した方がいいでしょう。

このページでは速度の目安や、速度低下の原因など、快適に利用するためポイントを解説しました。

オススメ光回線

インターネット回線の速度の目安はどれくらい必要?

快適なインターネットの通信速度の目安

自分の使っているインターネットは速いのか、遅いのかというのは判断しにくいものです。

そもそも、インターネットの通信速度は『ベストエフォート型』と呼ばれるサービスであり、利用環境によって速度が変わります。

そのため固定回線だと最大1Gbps(1000Mbps)、モバイルWi-Fiなどでは最大867Mbpsという宣伝を見かけますが、実際にこの最大速度で利用できる訳ではありません。

インターネットの速度で重要なのは、契約しているプロバイダなどが宣伝している最大速度ではなく実測値です。

例えば、光回線は1Gbps(ギガ)=1000Mbps(メガ)で提供さいていることがほとんどでしょう。

しかし、実際に利用してみると、通信速度が100Mbps以下に落ちることもあります。

また、WiMAXなどモバイル系のサービスでは、最近では最大速度が1Gbpsを超えていることも多いです。

ただ、モバイル系は信号の損失が非常に大きいため、下手をすると10Mbpsほどまで落ちることも少なくありません。

つまりインターネットの速度の目安は最大速度ではなく、実測値で考えることが大切です。

あくまで目安ですが、通信速度の実測値についてまとめてみました。

■インターネット実測値の目安表
100Mbps以上
インターネット全般で快適。
高画質動画やオンラインゲームもサクサク。
30Mbps~50Mbps
検索は問題なし。
動画やオンラインゲームもそこそこスムーズ。
10Mbps~30Mbps
検索はすこし遅い程度。
動画やゲームはすこし動作が遅れることも。
10Mbps以下
検索でもかなり遅く感じる。
SNSなどを見るにも苦労するレベル。

表を見てもらえばわかるように、目安として10Mbps以下の通信速度だと、いろいろとストレスがありそうです。

実測値50Mbpsは欲しい!100Mbps以上なら超快適!

基本的に通信速度は、速いに越した事はありません。

ただ、どんなサービスを利用するのかで最適な速度も変わりますが、幅広くどんなサービスもスムーズに利用したいのであれば、速度の目安として50Mbpsほどは必要でしょう。

また、100Mbps以上の通信速度ががあれば、どんなサービスでもサクサク快適に楽しめる可能性が高くなります。

もちろんこれは、契約しているネット回線の最大速度ではなく実測値の目安です。

格闘ゲーム
▲オンラインゲームなどは実測値が遅いとラグなどが頻発してしまう

とくに、近年では誰もが日常的に利用するようになった高画質動画やオンラインゲーム、またはWEB上にデータを保存するクラウドサービスなどは、速い速度が求められます。

このようなサービスでは通信をする際のデータ容量が大きく、実測値が低いとストレスを感じてしまう人が多いでしょう。


合わせてよみたい
オンラインゲームのラグ解消法!快適なネトゲの通信速度の目安

ネット回線の速度測定をして目安と比べよう

実際に、自分の速度がどれくらいの通信速度なのかを把握しておく事は大切です。

ネット上には無料で速度測定ができるサイトが、いくつも公開されており、現在使っているインターネット回線でどのくらいの速度が出ているのかチェックすることができます。

■オススメの速度測定サイト

速度測定を提供しているサイトによって、計測される速度は異なりますが、大まかな回線速度のチェックには有効でしょう。

まずは、スピードテストを行って、現在の実測値をチェックしてみてください。

速度が遅い場合のデメリット30Mbps以下では今後厳しい?

実際にそこまで容量の大きい通信をしない場合、10~30Mbpsほどあれば日頃の調べ物などは不便はありません。

そのため、

『自分はそんなにデータの大きいサービスは使わないから、わざわざ速度の速いものに変えなくていい!』

と思われる方もいるかもしれません。

ただ、今現在は問題なくても、将来的に容量不足になる可能性が高いと言えるでしょう。

年々、インターネット上のあらゆるサービスで大容量化が行われています。

プロバイダや回線事業者側もバックボーンの強化に追われている状況です。

別記事「ついにADSL終了!ベストな乗換え先は?」でも解説していますが、過去プロ―ドバンドの主流だったADSL回線は、利用者の減少により2024年以降すべてのサービスが終了します。

つまり利用者側も現在のインターネット環境に合わせた通信環境を用意する必要が求められています。


合わせてよみたい
インターネット遅いのなんで?通信速度が低下する原因と解消法

ネトゲ利用者はping値もチェック!Ping値の目安も公開

ネトゲではPing値が大事

オンラインゲームを頻繁にプレイする人は、速度だけではなくPing値もチェックしましょう。

Ping値とは、サーバーと通信する際の応答速度を表したものです。

詳しくは別記事「オンラインゲームで大切なPing値を分かりやすく解説!」でも解説していますので参考にしてください。

簡単に言えば、Ping値は、ゲームのプレイ中にボタンで操作したものが、画面上に反映するまでに掛かるタイムラグを数値化したものです。

Ping値のイメージ▲Ping値のイメージ

Ping値は低いほど反応速度が速いことを表しており、逆にPing値が高いとサーバーとの通信が遅くなるため、ラグなどの障害が起きやすくなります。

そのため、オンラインゲームをストレス無く楽しむには、Ping値を低い状態に保つことが大切です。

ネトゲに必要なPing値の目安ってどれくらい?

Ping値は目安として、どのくらいの数値が最適なのでしょうか。

Ping値の目安は以下に、Ping値の目安をまとめてみました。

■Ping値の目安
Ping値
速度
1~15ms
かなり速い
15~35ms
速い
35~50ms
普通
50~100ms
遅い
100ms~
かなり遅い

Ping値の単位は、ms(ミリ秒=1/1000秒)で表します。

一般的な目安としては、50ms以下にPing値を抑えられていれば、ある程度のオンラインゲームはプレイ出来ると言われています。

しかし、ゲームのジャンルによっては50ms前後だと厳しいかもしれません。

FPS系はPing値が大事▲FPS、TPS、格闘系などでラグは命取り…

とくに、シューティング系や格闘系など、操作の瞬発性が必要とされるゲームの場合、ラグなどの障害は致命的だと言えます。

そのため、目安に関わらずネトゲをプレイする方は、Ping値を低くキープしておくのがベストでしょう。

ラグなどでお悩みの場合、まずは自分のPing値がどれくらいなのかを測定してみることをお勧めします。

※Ping値無料測定サイト⇒SourceForge


合わせてよみたい
オンランゲームのPing値の目安は?快適なネトゲに必要なPing値を公開

ネトゲのジャンル分けをしたPing値の目安

前述した通り、Ping値は低ければ低い程、快適にネトゲが楽しめます。

そのため、Ping値が低いに越したことはありません。

ただ、ゲームのジャンルごとにベストなPing値の目安が違うため、頻繁にプレイするジャンルがどれくらいのPing値であれば問題ないか把握しておいた方が良いでしょう。

■Ping値の目安と推奨ゲーム
Ping値
1~15ms
FPS、TPS、格闘系など対戦がメインのゲーム
(スプラトゥーン/Apex/PUBG/ストリートファイター/FORTNITE など)
Ping値
30~50ms
MMORPG、MORPGなど育成がメインのゲーム
(モンスターハンター/FF14/メイプルストーリー/PSO2/アラド戦記 など)
Ping値
50~100Mbps
TCGやテーブルゲームなど
(Shadowverse/遊戯王デュエルリンクス/麻雀/パチスロ/将棋/囲碁 など)
 

格闘系やシューティング系は、低いPing値でないと快適にぷれいするのは困難でしょう。

また、MMORPGなども参加者が多いものや、映像・音声データの容量が大きい場合、Ping値が低くないとラグが起きる可能性はあります。

結論として、どのゲームジャンルをプレイするにもPing値が低くて損はありません。

Ping値の測定方法

Ping値の測定は、無料の測定サイトなどで簡単にチェックできます。

有名な測定サイトだと「https://www.speedtest.net/」です。

Ping値だけでなく、通信速度も一緒にテストすることができます。

NURO光の速度測定結果
▲NURO光の速度測定結果

上記の測定結果はSo-netが提供するNURO光のPing値と通信速度です。

最大2Gbpsで通信が可能なため、実測として900Mbpsを超える速度がでています。

また、Ping値も3msとなっており、これならどんなオンラインゲームでも快適にプライできるでしょう。

NURO光の申し込み
NURO光の詳細についてはこちらで解説

主な原因と対策

通信速度の低下を防ぐ

インターネットの速度が落ちる原因はいくつかあります。

回線自体を乗り換える前に、以下の内容をチェックしましょう。

■通信速度低下の原因
  1. PCやスマホ、タブレット端末のスペックの問題
  2. 有線の場合、LANケーブルのカテゴリーが古い
  3. Wi-Fiルーターが古い、最新規格に対応していない
  4. 利用中のネット回線自体が遅い
 

【原因1】パソコンやスマホが古いと速度が遅くなる?

インターネットに接続しているパソコンやスマホの機種が古いとデータのダウンロード時の処理が追い付かずに速度低下が発生します。

通常、スマホなどのデバイスはインターネットから受信したデータを一旦、メモリーに保存します。

このメモリーが低い端末だと、処理が追い付かないことがあるのです。

また、古い端末だとCPUのスペックも低く、ネットサーフィン程度でも画面にサイトを表示するのに時間がかかってしまいます。

このような端末は少なくとも過去5年以内、理想としては3年以内に購入した機種を利用するべきです。

【原因2】LANケーブルのカテゴリが速度低下に影響する

パソコンで使う際、ルーターとPCを接続するLANケーブルの種類も原因になり得ます。

別記事「有線でオンランゲームが遅い原因と解決策」でも解説している通り、LANケーブルには対応速度を表すカテゴリーと呼ばれる規格があります。

カテゴリーの数値が高いほど高速通信可能なケーブルです。

LANケーブルのカテゴリの見分け方
▲LANケーブルのカテゴリーのチェック方法

すくなくとも最大1Gbpsの速度に対応しているカテゴリーカテゴリー6以上のケーブルが必要でしょう。

【原因3】Wi-Fiで速度が出ないのはルーターの性能不足

その他、スマホやタブレット、ゲーム機などでの利用が多いWi-Fiルーターも重要です。

Wi-Fiにも速度に関する規格が決められており、あまりにも古い規格だと速度がでません。

少なくとも11nと呼ばれる規格、できれば11ac以上のWi-Fiルーターが利用です。

また、高速規格に対応していたとしても、あまりにも安いルーターだと粗悪な製品も存在するので注意が必要です。

Wi-Fiルーターとして有名なのはNEC、Buffalo、IO-DATAなどで、「スループット」と呼ばれる実際の測定値も高いと言われています。

【原因4】ネット回線自体が速度低下を起こしている

上記の原因がどれも当てはまらない場合、利用中のネット回線に問題がある可能性が高いでしょう。

別記事「夜にネットが遅くなる意外な原因」でも解説していますが、速度低下が特に夜間多い場合、インターネット回線自体の速度が原因として考えられます。

夜間や休日は、同時にたくさんの人がネットに接続するため、回線の混雑による速度低下が起きやすくなるため、速度の出にくいネット回線ではスムーズな接続はできません。

とくにマンションなどでは、建物全体で1本の回線を共有しているため、速度低下が起きやすいです。

このような場合、通信速度に評価の高いネット回線への乗換えがベスト改善策になるでしょう。

通信速度重視!オススメのネット回線3社を紹介

通信速度が速いネット回線

通信速度が遅いと感じた場合、まずパソコンや周辺機器を確認することが大切です。

ただ、それでも速度が改善されない場合は、利用中のネット回線が原因になっている可能性があります。

例えば、最大1Gbpsの光回線を利用していても、光回線には様々なサービスがあり、自宅で計測される実測値はバラバラです。

つまり実測値が出にくいサービスでは、どんなに周辺機器を交換しても根本的な改善にはなりません。

ここでは、快適な速度の目安である100Mbpsの実測値をクリアしている光回線をランキング形式にまとめてみました。

■オススメ光回線
第1位
NURO光
NURO光

特殊な通信規格を採用し最大2Gbpsを実現
eスポーツの大会でも使用される信頼度の高さ
45,000円キャッシュバック
NURO光公式ページ の場合

NURO光の詳細

第2位
auひかり
auひかり

KDDI独自のネットワーク網で高速化
夜間・休日などの混雑時に強い
最大61,000円キャッシュバック
プロバイダGMOとくとくBB の場合

auひかりの詳細

第3位
ドコモ光
ドコモ光

IPv6に全プロバイダが対応
光コラボ契約者数首位
最大20,000円キャッシュバック
プロバイダGMOとくとくBB の場合

ドコモ光の詳細

速度でお悩みの方の参考になれば幸いです。

1位:NURO光

NURO光

NURO光は、SONYの子会社であるSo-netが独自に提供している光回線サービスです。

通信速度は最大2Gbpsで、世界最速の光ファイバーとして今もっとも注目されています。

他社の光サービスが最大1Gbpsで提供しているのに比べると、理論上2倍の最大速度です。

気になる実測においても、ダウンロード平均501.9Mbps、アップロード平均396Mbpsと、他社サービスと比較して圧倒的な速度を誇っています。

NURO光の速度▲NURO光と他社の平均速度を比較

速度重視の人には、非常にオススメのサービスと言えるでしょう。

なお、NURO光の通信速度に関しては別記事「NURO光は本当に速い?通信速度を徹底分析!」でも解説しているので、参考にしてみてください。

コスパ最強!?NURO光は月額料金も安い!

通信速度に定評があるNURO光ですが、その魅力は速度だけではありません。

月額料金も非常に安い料金設定で、月々4,743円だけで利用できます。

他社の光回線が月額5200円前後であることを考えると、NURO光は料金面でも魅力的なサービスと言えるでしょう。

もちろん、NURO光のインターネットは使い放題です。

インターネット初心者の方にも安心で、NURO光は『速さ』と『安さ』を両立させたコスパに優れたサービスだと覚えておいてください。

なお、別記事「NURO光の料金とコスパを徹底調査」でも、NURO光の優れたコスパを他社と比較して詳しく解説していますので、気になる人はチェックしましょう。

さらに、他社では500円前後レンタル料がかかってしまうWi-Fiルーターも、NURO光であれば無料で標準装備されています。

Wi-Fiを利用したいという人には無視できない特典です。

NURO光ONU▲別途Wi-Fiルーターの用意が不要

そんなNURO光ですが、申し込むとなると公式ページや代理店など様々な窓口があります。

非常に高額でお得なキャッシュバックキャンペーンなどを実施している窓口が多いです。

しかし、なかには宣伝ばかり豪華で実際にもらえる特典は全然ダメという窓口もあるので気をつけましょう。

こういう宣伝は注意が必要▲無条件にもらえる金額ではない

別記事「NURO光キャンペーン比較2020」では、高額キャッシュバックにも関わらず、親切な対応で人気のNURO光オススメ窓口を紹介しています。

やはり、窓口の中でももっとも人気があるのが、 NURO光の公式ページ です。

複雑な条件などは一切なく、NURO光のネット契約のみで、45,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。

NURO光の申し込み

2位:auひかり

auひかり

auひかりは最大1Gbpsの通信速度ですが、インターネットの利用者が多い混雑時でも速度の低下がおきにくいのが特徴です。

NTTの設備ではなく、KDDIが自社でもっている光ファイバー網を使って提供しているのが、速度低下がおきにくい理由の1つだと言えるでしょう。

分析データの結果からも、ダウンロード平均236.6Mbps、アップロード平均307.2Mbpsという数値がでているため、どんなサービスでも支障なく利用できます。

安定した通信速度と繋がりやすさで、多くのユーザーから高い信頼を得ていると言えるでしょう。

また、auひかりは高額キャッシュバックを実施している窓口が多いことでも人気です。

詳しくは別記事「お得なauひかりキャンペーンの注意点」で解説していますので参考にしてください。

申し込む窓口によっては数万円単位でキャンペーン特典に差が出てるため、慎重に選ぶようにしましょう。

auひかりの申し込み窓口で迷ったら

どの光回線でも同じですが、申し込み窓口を選び間違えると、

「思ってた特典を受けられなかった…」

ということが起きかねません。

すべての代理店ではありませんが、中には、注目を集めるために、宣伝では「10万キャッシュバック!」といった言葉を使うことがあります。

しかし、実際には有料オプションへの加入だったり、知人などを紹介しなければいけないなど、条件が複雑な場合がほとんどです。

思ってたのと違う…
▲もっともらえるはずじゃ…

なので、安心して申し込みをするためには、無条件でどれくらいの特典が受けられるかを知っておく必要があります。

auひかりの窓口の中でも、高額なキャッシュバックを受け取れて、安心できるという面でオススメなのは、 GMOとくとくBB です。

GMOとくとくBBは、プロバイダ業者なため、代理店とは微妙に立場が異なります。

もしも人を騙すようなことすれば、プロバイダ契約を切られてしまい、自分たちの首を絞めかねません。

そのため、わかりやすくシンプルなキャンペーンを実施していることで人気を集めています。

■キャッシュバックの金額
ネットのみの場合
51,000円
ネット+光電話の場合
61,000円

条件という条件は存在せず、auひかり電話に同時加入すれば、キャッシュバックの金額が10,000円増える仕組みです。

auひかり電話は、auスマホとのセット割であるauスマートバリューへの加入に必須ですので契約する人が多く、月額基本料も500円なので、一緒に申し込みをしてまうのも良いでしょう。

auスマートバリューについては、別記事「auスマートバリューを徹底解説!」で詳しく解説していますので、auスマホユーザーだという人はチェックしてください。

auひかりの申し込み

3位:ドコモ光

ドコモ光

数ある光コラボサービスのなかでも、通信速度に定評があるのがドコモ光です。

IPv6高速ハイブリット通信を導入しており、20社以上あるプロバイダすべてで、IPv4とIPv6を自動的に使い分けて接続することができます。

光コラボサービスの最大速度はどこの事業者を利用しても一律で最大1Gbpsです。

しかし、実際はプロバイダによって回線速度が大きく変わってくることもあります。

プロバイダとは▲出典(フレッツ光:教えて!プロバイダって何?

一般的にインターネットの接続は、IPv4とIPv6の2通りの接続方法です。

基本的にIPv6接続の方が、速いと言われていますが、接続するサイトやネットゲームによってはIPv4の方が速いのが現状だと言えます。

そのため、ドコモ光のプロバイダが導入しているIPv6高速ハイブリット通信は、自動的にIPv6とIPv4を使い分けてくれるので重要です。

フレッツ光利用中なら『転用』でカンタン乗り換え!

ドコモ光はフレッツ光を利用中の場合、『転用』という手続きでカンタンに変更ができます。

NTTのホームページまたは電話(0120-116-116)『転用承諾番号』を取得してドコモ光を光を申し込むだけです。

転用なら工事費がかからない!▲フレッツ光から工事不要で乗り換えができる!

転用については、別記事「フレッツ光から光コラボへの転用方法」で詳しく解説していますので、気になる人はチェックしてください。

フレッツ光の設備をそのまま再利用するので、基本的に工事は不要で申し込み後すぐにドコモ光の利用を開始できます。

インターネットの手続きや面倒な工事が苦手な方には非常に快適なシステムだと言えるでしょう。

また、速度を重視するのであれば、ドコモ光のプロバイダは GMOとくとくBB がオススメです。

IPv6高速ハイブリット通信であるv6プラスに対応しているのはもちろん、自社ホームページで平均速度を公示しているのも安心できます。

gmoの平均速度 GMOとくとくBB が公表している平均速度

「光コラボって速度が遅いんじゃ?」と不安な人でも、ドコモ光×GMOとくとくBBであれば安心できると言えるでしょう。

ドコモ光の申し込み

オンラインゲーム(ネトゲ)をやるなら光回線が必須

光回線の申し込みが必須

最近のオンラインゲームは通信量が増加しています。

そのため、高速回線が必須だと言えるでしょう。

PS4やXboxの他にもNintendo Switchや、PS5、もちろんPCゲームも含めて、オンラインゲームが主流となってきています。

そのため、回線が遅いくてラグなどが発生すると、楽しくゲームができないことが多いです。

ラグい!▲ラグが起きると、ゲームは最悪

とくに、PUPGやApexなど、協力プレイが必要なゲームだと、他のプレイヤーに迷惑がかかる可能性が高いと言えます。

また、オンラインでなくても、ゲームをダウンロードする際、回線速度が遅いと極端に時間がかかることでストレスを感じるでしょう。

数時間程度なら待てるかもしれませんが、通信速度が遅いことでダウンロードに数日かかることもすくなくありません。

しかも、ポケットWiFiやWiMAXなどのモバイル回線では、容量が大きすぎて、すぐに速度制限がかかってしまいます。

近年は、PCゲームやPS4などゲーム本体がダウンロード販売されていることがほとんどです。

もちろん、ゲームのデータ容量は膨大で、とくに高解像度のゲームの場合、容量が数十GBになることも珍しくありません。

そのため、ゲームをダウンロードする際、速度制限がかからない光回線が必須と言えるでしょう。

詳しくは、別記事「オンラインゲームの通信速度の目安」も参考にしてください。


合わせてよみたい
【マニア絶賛】オンラインゲームに最強のネット回線ランキングが決定

関連記事
auひかりとフレッツ光の比較検証 auひかりとフレッツ光を比較検証!auひかりのほうがコスパがいい? auひかりもフレッツ光も、有名な光回線ですが、料金やサービス内容には大きな差があります。「どっちが自分に合っているだろう…」と迷っている人に向けて、このページではauひかり...
オンラインゲームで最強なネット回線 【マニア絶賛】オンラインゲームに最強のネット回線ランキングが決定 近年、ゲームを楽しむ際オンラインでのプレイが主流のため、ネット回線の契約は必須です。しかし、速度の遅いネット回線を契約してしまうと、オンラインでのプレイ中にラグが起き...
WiMAXとLTEどっちがオススメ? WiMAX2+にする?LTEにする?モバイルWi-Fiの損しない選び方 モバイルWi-Fiのサービスには、WiMAX2+とLTEの2種類のサービスがあります。WiMAX2+はUQコミュニケーションズ提供のサービスでLTEはドコモ、ソフトバンクなど携帯キャリアが提供し...