1. ホーム
  2. 光コラボの契約・乗り換え準備

フレッツ光転用って大変?光コラボのメリットと転用の怖い注意点

フレッツ光は、NTT東日本、NTT西日本が提供する光回線で最もメジャーなサービスです。

Bフレッツ光で光サービスのシェアを一気に拡大しましたが、現在ではフレッツ光の設備をそのまま利用した『光コラボ』が主流となっています。

光コラボは、フレッツ光を利用していれば、工事不要、簡単な手続きだけで利用可能となるので利用者の増加が止まりません。

しかし、簡単だという理由で気軽の乗り換えてしまうと、思わぬ費用が掛かってしまったり、面倒なトラブルが起きてしまうことがあります。

このページでは、光コラボの正しい乗り換え方法と注意点について詳しく解説します。

フレッツユーザーの手続きは『転用』でOK

一般的にインターネットの乗り換えは、既存サービス解約⇒新サービス申し込みが普通でした。

そのため、乗り換えを行うと面倒な工事や、解約金などの負担が出てしまい『乗り換えたいけど乗り換えれない…』といった問題が多かったようです。

しかし、光コラボはプロバダなどが、フレッツ光の設備をNTTからレンタルをして独自の光サービスを提供するものになります。

つまり、NTTのフレッツ光を利用していれば、使っている機器やケーブルをそのまま光コラボで利用できるため非常に乗り換えが簡単です。

これを可能にしたのが、『転用』という手続き方法になります。

フレッツ光の転用には『転用承諾番号』が必要

フレッツ光ユーザーが簡単に光コラボに乗り換えできる転用ですが、2つ手順があります。

転用の手順について解説します。

ステップ1:NTTへ連絡して『転用承諾番号』を取得する

フレッツ光を転用するには、『転用承諾番号』が必要となります。

転用承諾番号とは、転用の手続きをする際にNTTから発行されるIDのようなものです。

取得するにはNTTに直接電話をして『転用承諾番号を取得したい』と口頭で伝えると窓口の担当が教えてくれます。

その際、必要となるユーザー情報は以下の通りです。

    • お客様ID(NTT東日本・NTT西日本からフレッツ光契約の際に発行される「CAF」または「COP」から始まる番号)
    • 光電話の電話番号(電話がない方は不要)
    • フレッツ光の契約者名(フレッツ光を契約した際の名義)
    • フレッツ光の利用場所の住所(フレッツ光契約の際にNTT東日本・NTT西日本に登録した住所)

また、WEB上からも転用承諾番号の取得は可能のため、週末など比較的混雑しそうなタイミングであればWEBで手続きするとスムーズかもしれません。

専用ページの案内に沿って、必要事項を記入していけば簡単に取得できます。

NTT東日本エリアの方0120-140-202 (受付時間:9時~17時 土日・休日も受付) 

NTT東日本WEBからはコチラ

NTT西日本エリアの方0120-553-104 (受付時間:9時~17時 土日・休日も受付) 

NTT西日本WEBからはコチラ

ステップ2:転用承諾番号取得後、乗り換え先の事業者に申告

転用承諾番号を無事取得できたら、あとはです。

この申告がそのまま転用での申し込みとなり、手続き自体はこれで完了となるため非常に簡単になります。

ただ、転用承諾番号は取得後、15日間の有効期限が設けられています。

有効期限が切れてしまうと、もう一度番号を取得しなければないため、取得後はなるべく早めに手続きしなければなりません。

また、契約する事業者によっては、有効期限ギリギリの転用承諾番号では、手続きが間に合わないという理由で断わられてしまうことがあります。

いずれにしても、手続きは早めに済ませておきましょう。

フレッツ光転用でかかる費用

転用はフレッツ光をそのまま利用するため、基本的に初期工事費などは発生しません。

そのため、申し込み先である事業者で発生する事務手数料のみになります。

事務手数料は事業者によって金額が異なりますが、平均3,000円前後です。

ただ、転用した月のフレッツ光月額料金は日割り計算にて発生します。

また、転用によって利用中のプロバイダを解約する場合は、プロバイダ側の解約金が発生する可能性があるため、前もって確認しておいた方がよいでしょう。

光コラボ提供エリア

光コラボの提供はエリア、基本的にNTTのフレッツ光が利用できるエリアは提供可能です。

フレッツ光の設備をそのまま利用するため、フレッツ光が利用できているエリアであれあば、どんな光コラボを利用しても問題はないでしょう。

しかし、集合住宅などで利用可能なサービスが限定されている場合は難しいこともあります。

別記事『お得度の高い光ファイバー選び方!マンション・戸建て契約の注意点』でも解説しているので参考にしてください。

フレッツ光から転用して光コラボを利用するメリット

teach2

転用は乗り換えの手続きとしては非常に簡単です。

フレッツ光の設備をそのまま使うため、工事もなく非常に便利なシステムになります。

ただ、それでも少なからず手間はかかるため、『わざわざ手続きしてまでやる必要はあるの?』と疑問な方もいるはずです。

実は、フレッツ光から光コラボに転用することによって大きなメリットが存在します。

その最大の魅力は、フレッツ光より料金が安くなることです。

フレッツ光は回線事業者のNTTと、プロバイダの2社に料金を支払う必要がありました。

そのため、合計すると月額料金は>平均6,000円前後</spanになってしまいます。

一方、光コラボでは、プロバイダと回線事業者がセットになるため、支払い先もすべて1社にまとまります。

その結果、毎月1,000円前後も月額料金がを安く利用することが可能になるのです。

また、ドコモやソフトバンクなど大手携帯キャリアが提供する光コラボでは、携帯とインターネット回線をまとめることでセット割が適用されます。

家族で携帯キャリアを揃えて利用することによって、家庭全体の通信費を節約できることもあり、光コラボは高い人気を誇る理由の1つです。

※各社の詳しいセット割引などに関しては『プロバイダと回線事業者の違いって何?光コラボが選ばれる理由とは?』をご覧ください。

光コラボはどこが良い?おすすめ光コラボ紹介

おすすめの光コラボを紹介

現在、光コラボ提供している事業者は数百社あります。

転用で簡単に乗り換えられるとはいえ、それだけの事業者があるとなかなか選べません。

基本的に、フレッツ光で利用中のプロバイダが光コラボに対応しているのであれば、そのまま転用するのが1番スムーズです。

しかし、『せっかく変えるならキャンペーンでお得にスタートしたい!』という方もいるでしょう。

ただ、転用の場合、新規申し込みとは違い、キャッシュバックなどのキャンペーンを行っている窓口はかなり少ないのです。

ここでは、転用でもキャッシュバックなどがある、人気の高いオススメのサービスと窓口を紹介します。

セット割はもちろん!速度も評判のソフトバンク光

ソフトバンク光

ソフトバンク光は、ソフトバンクが提供する光コラボです。

最も有名なサービスとしては『おうち割 光セット』というソフトバンク携帯・スマホとのセット割引でしょう。

これは、ソフトバンク携帯・スマホで契約するデータ通信プラン(パケット通信プラン)が毎月割引されるものになります。

割引額は、データ通信プランの容量によって変わりますが、端末1台あたり~円の割引が適用されます。

ソフトバンク光と同じ住所で契約している端末であれば、最大10台まで割引は可能です。

また、ソフトバンク光は、RBB SPEED AWARD(年1回、速い回線に贈られる賞)において、2015年と2016年の2年連続受賞の実績を持っています。

光コラボの最大通信速度は一律1Gbpsになりますが、速度の実測値では数ある光コラボの中で非常に高い評価を受けているのです。

ソフトバンク光は公式ページより代理店がお得

ソフトバンク光を転用で申し込む場合、公式ページより代理店から手続きを行った方がお得です。

ソフバンク光公式ページでは、転用の場合キャッシュバックなどのキャンペーンは一切おこなっていません。

一方、代理店では新規申し込みはもちろん、転用でもキャッシュバックを行っている窓口があるのです。

  • キャンペーン
    新規:35,000円キャッシュバック
    転用:15,000円キャッシュバック
    手続き不要
    最短翌々月振り込み

  • 月額料金
    戸建て:5,200円
    マンション:3,800円

通常、転用での申し込みはキャッシュバックなどのキャンペーンを取り扱っていない窓口がほとんどになります。

その中で、 ソフトバンク光代理店アウンカンパニー では、転用でも現金13,000円のキャッシュバックを実施しています。(新規:30,000円)

また、キャンペーンの対象となるためにオプションサービスの加入を義務付けられることもありません。

お得な内容と丁寧な対応で人気の高い代理店です。

フレッツ光限定エリアでauスマートバリューが!ビックローブ光

auユーザーは携帯・スマホのセット割引である『スマートバリュー』を利用するには、KDDIが独自に提供するauひかりを契約する必要がありました。

しかし、auひかりは提供エリアが狭く、スマートバリューが使いたくても使えないauユーザーが多かったのが事実です。

そんな中、光コラボ開始と同時に、プロバイダ経由でスマートバリューを可能にしたものがビックローブ光になります。

ビッグローブ光は光コラボなので、フレッツ光の設備が使われています。

しかし、プロバイダであるビッグローブはau携帯・スマホを提供しているKDDIグループのプロバイダです。

そのため、今までフレッツ光しか利用できないエリアのauユーザーでも、ビッグローブ光に乗り換えることでスマホセット割が可能となりました。

スマートバリューの適用でau携帯・スマホが1台あたり月々500~2,000円の割引が受けられます。

フレッツ光しか利用できないエリアのauユーザーには大きな変化だったと言えます。

キャッシュバックとセット割がOK!オススメ代理店を紹介

auユーザーには非常にお得度の高いビックローブ光ですが、申し込み窓口が複数あるため迷ってしまいがちです。

その中でも 代理店NNコミュニケーションズ は転用でもキャッシュバックキャンペーンを行っているお得な窓口になります。


Warning: file_get_contents(./bluerat_parts/cp/biglobe_hikari_nn0.head): failed to open stream: No such file or directory in /home/zuminet/hikapen.net/public_html/bluerat_parts/functions/cp.php on line 16

Warning: file_get_contents(./bluerat_parts/cp/biglobe_hikari_nn0.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/zuminet/hikapen.net/public_html/bluerat_parts/functions/cp.php on line 24


Warning: require(./bluerat_parts/cp/biglobe_hikari_nn0.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/zuminet/hikapen.net/public_html/bluerat_parts/functions/include/cp_b.php on line 11

Fatal error: require(): Failed opening required './bluerat_parts/cp/biglobe_hikari_nn0.php' (include_path='.:/opt/php-7.2.27/data/pear') in /home/zuminet/hikapen.net/public_html/bluerat_parts/functions/include/cp_b.php on line 11