1. ホーム
  2. ドコモ光

【2021年09月】ドコモ光のお得度120%なキャンペーンを一挙公開!

ドコモ光

ドコモ光キャンペーン

ドコモ光のキャンペーンはどこから申し込みをすると、もっともお得なのでしょうか。

2021年09月現在、オススメできるドコモ光の窓口は、下記の2つです。

■ドコモ光のお得度120%の窓口
窓口 特徴 詳細
★★★★ OCNOCN
  • 20,000円キャッシュバック
  • Wi-Fiルーター無料
  • セキュリティ1年間無料
  • 月額料金がタイプB(5,940円)

申し込みは こちら

詳細
★★★☆ GMOとくとくBBGMOとくとくBB
  • 最大20,000円キャッシュバック
  • 高性能Wi-Fiルーターが無料
  • セキュリティ1年間無料
  • 月額料金がタイプA(5,720円)

申し込みは こちら

詳細

どちらが良いかは好みにもよりますが、ドコモ光のキャンペーンは変更されることが多いので最新の情報をチェックするようにしましょう。

「また今度でいいや…」と、申し込みを後回しにしていると、目的のキャンペーンが終了してしまったり、変更になってしまっていたりということが起きます。

このページでは、ドコモ光のキャンペーンを徹底調査して、「できるだけドコモ光にお得に乗り換えたい」という人に向けて、オススメ窓口を紹介しました。

【2021年09月】ドコモ光でもっともオススメなキャンペーン

オススメキャンペーン

2021年m月現在、ドコモ光でオススメできるキャンペーン窓口を2つ紹介します。

どちらがいいかは、契約者の好みのよるところが大きいです。
以下に簡単ではありますが、それぞれの窓口の特徴をまとめましたので、参考にしてください。

■OCNの特徴

  • 新規でも転用でも20,000円のキャッシュバック
  • dポイント2,000円分プレゼント
  • 標準工事費無料(期間限定)
  • 月額料金が5,940円のBタイプ

■GMOとくとくBB

  • キャッシュバックは最大で20,000円
    (オプション加入などの条件がある)
  • dポイント2,000円分プレゼント
  • 標準工事費無料(期間限定)
  • 月額料金が5,720円のAタイプ

では、それぞれの窓口について解説していきます。

OCNは安定の高額キャッシュバック!

ドコモ光×OCN

OCNはドコモ光で選べるプロバイダのひとつで、NTTコミュニケーションズが運営しています。

キャッシュバックの金額が20,000円で、これはドコモ光のキャンペーンの中でもかたなり高い金額です。

OCNはお得!
▲高額なキャッシュバックでお得にドコモ光を始められる!

ドコモ光ではキャッシュバックを実施していない窓口も多い中で、OCNの還元率は頭ひとつ抜けていると言えるでしょう。

しかも、新規申し込みであっても、転用であってもOCNでは20,000円のキャッシュバックがもらえます。

■新規申し込みと転用

  • 新規申し込み…
    フレッツ光や光コラボ以外からの乗り換え、または、光回線を始めて敷設する場合
  • 転用…
    フレッツ光や他社光コラボからドコモ光へ乗り換えた場合

転用の場合は、工事が不要です。
非常に乗り換えがしやすいという特徴がありますが、その代わり、多くの窓口ではキャッシュバックがなかったり、減額してしまったりします。

OCNでは、そのようなことはなく、新規申込であっても転用であっても、一律20,000円のキャッシュバックがもらえるわけです。

転用でも金額が変わらない!
▲転用でもしっかりキャッシュバック!

また、OCNでは高性能Wi-Fiルーターを無料で貸し出ししています。
キャンペーンのお得度言ったら、OCNはかなり高いと言えるでしょう。

ただし、ドコモ光ではプロバイダによって月額料金がタイプAとタイプBに分かれています。

■ドコモ光の月額料金
  タイプA タイプB
戸建て 5,720円 4,400円
マンション 4,400円 4,620円

月額200円だけタイプAよりタイプBのほうが高いです。

OCNはタイプBのプロバイダなので、タイプAのプロバイダよりも若干月額料金が高くなります。
だとしても、高額なキャッシュバックに加え、高性能Wi-Fiルーターを無料でレンタルできるため、非常にお得です。

キャッシュバックは多少すくなくなってもいいから、月額料金をすこしでも安くしたいという人は別のプロバイダを選ぶのが良いでしょう。

OCNドコモ光
  • キャンペーン:
    20,000円キャッシュバック
    dポイント2,000pt
  • キャンペーン期間:2021/9/1~2021/9/30
  • 戸建てタイプ月額料金:5,940円
  • マンションタイプ月額料金:4,620円

人気急上昇中のGMOとくとくBB!

ドコモ光×GMO

GMOとくとくBBは独自の申し込み窓口をweb上に設置していて、お得なキャンペーンで人気を博しています。

最大20,000円のキャッシュバックと、高性能Wi-Fiルーターをプレゼントしている点は、すでに紹介sいたOCNと同じです。

GMOとくとくBBは、ドコモ光と提携しているプロバイダです。
ドコモ光のキャンペーンにチカラを入れていていますし、速度へのこだわりもあります。

ただし、GMOとくとくBBでは、ドコモ光のネット申込みに加えてオプションを同時加入することでキャッシュバック金額が増えていく仕組みです。

適用条件 金額
ドコモ光

ひかりTV for docomo

DAZN for docomo
20,000円
ドコモ光

ひかりTV for docomo
18,000円
ドコモ光

DAZN for docomo
15,500円
ドコモ光のみ 6,000円

DAZN for docomoなど、映像サービスに加入することでキャッシュバックが増額します。
最大20,000円という金額は、ドコモ光のキャンペーンの中では高いほうではありますが、ドコモ光のみの申し込みだと6,000円になるので注意してください。

GMOとくとくBBのキャンペーン高性能のWi-Fiルーターの無料レンタルが可能です。

GMOのレンタルルーター
▲好きなルーターをひとつ選んでレンタルできる!

無料にも関わらず、性能もハイレベルなルーターが用意されています。
3種類のメーカーから好きなものを選ぶことができるのもうれしい点です。

ドコモ光×GMOとくとくBBキャンペーン
  • キャンペーン:
    6,000~20,000円キャッシュバック
    dポイント最大2,000ptプレゼント
  • キャンペーン期間:2021/9/1~2021/9/30
  • 戸建てタイプ月額料金:5,720円
  • マンションタイプ月額料金:4,400円

GMOとくとくBBのキャッシュバックを受け取るには?


GMOとくとくBBのキャッシュバックは受取り手続きが必要です。
ドコモ光の開通月を含めた4ヵ月目に、キャッシュバックの受け取りに関する案内メールが届きます。
メール到着後、手続きを行った翌月末に振込まれるため、手続きは忘れないようにしましょう。

ドコモ光のキャンペーンは2種類ある

キャンペーン2つある

ドコモ光のキャンペーンは、詳しく見ると2つのキャンペーンが適用されます。

■2つのドコモ光キャンペーン


  1. 窓口独自のキャンペーン
  2. ドコモ光公式キャンペーン

NTTdocomoが実施している公式キャンペーンは、ドコモ光の申込者であれば必ず対象となるキャンペーンです。

一方、プロバイダや代理店といった窓口が独自に実施しているキャンペーンは、どの窓口から申し込みをしたかによって内容が異なります。

そのため、ドコモ光のオススメ窓口を比較検討する際には、プロバイダや代理店が実施している窓口独自のキャンペーンを調べるのが良いでしょう。

【1】窓口独自のドコモ光キャンペーン

窓口独自のキャンペーンを比較する際に、重要なのは窓口が、プロバイダ窓口なのか代理店窓口かです。

ドコモ光の申し込みは、公式ホームページの他に、プロバイダや、代理店から申し込みができます。

どこから申し込みをしても、ドコモ光の回線の品質には差はありませんが、前述したようにキャンペーンに違いがあるので注意しましょう。

ドコモ光の窓口独自の
キャッシュバック金額
プロバイダ窓口
窓口 キャッシュバック
OCN 20,000円
GMOとくとくBB 最大20,000円
ぷらら 15,000円
@nifty 20,000円
DTI 10,000ドコモpt
代理店窓口
窓口 キャッシュバック
wiz 20,000円
ネットナビ 20,000円
ディーナビ 20,000円
家電量販店 10,000円分の商品券

表を見るとわかるように、ドコモ光のキャッシュバックは最大でも20,000円といったところが多いです。

基本的にはドコモ光は、プロバイダ窓口を比較すればお得に乗り換えることができるでしょう。

プロバイダではなく、代理店窓口でもお得なところはありますが、悪質なところに引っかかってしまうと、あとあと面倒なことになりかねません。

安心してお得にドコモ光を始めるために、 OCN などのプロバイダ窓口から申し込みを行うことをオススメします。

ドコモ光のプロバイダは全部で26社もある!?

ドコモ光は、複数のプロバイダに対応している珍しいサービスです。
対応プロバイダは全部で26社存在し、その中から必ず1つ選ばなければなりません。

ただ、フレッツ光のようにプロバイダと回線事業者の契約が分かれている訳ではなく、料金もプロバイダから一括請求されます。

一括請求なので安心
▲回線事業者とプロバイダの料金は定額なので安心

基本的にプロバイダによる大きな違いはありませんが、申込む際は以下のポイントに注意してプロバイダを選びましょう。

■プロバイダを選ぶ際のポイント

  • キャッシュバックキャンペーンの有無
  • 料金プランがタイプAであるか
  • Wi-Fiルーターの無料レンタル
  • IPv6に対応しているか

ドコモ光に対応した複数のプロバイダから、今回は人気が高い大手プロバイダのキャンペーンやサービス内容を比較しました。

■タイプ別プロバイダ比較表
ブロバイダ
(タイプA)
キャンペーン

Wi-Fiルーター

IPv6
GMOとくとくBB 最大20,000円
DTI 10,000pt
ぷらら 15,000円
@nifty 20,000円
ドコモnet - -
Tigers-net.com - -
BIGLOBE -
So-net ※新規受付け終了
ic-net -
andline -
BBexcite - - -
楽天ブロードバンド -
SYNAPSE - - -
TiKiTiKi - - -
エディオンネット - - -
ハイホー - -
@ネスク - - -
01光コアラ - - -
SIS - -
ブロバイダ
(タイプB)
キャンペーン

Wi-Fiルーター

IPv6
OCN 20,000円
@TCOM - - -
AsahiNet - - -
WAKWAK - - -
TNC - - -
ちゃんぷるネット - - -

見ての通り、そもそもキャッシュバックなどのキャンペーンを実施しているプロバイダが少ないです。

そんな中でもオススメなのは、やはり OCN で、次点で GMOとくとくBB でしょう。

キャッシュバック金額はどこのプロバイダも同じ?

ドコモ光のキャンペーンを実施しているプロバイダは、基本的にキャンペーンの内容が似ていて、キャッシュバックの金額も10,000円というところが多いです

ただ、なかにはオプションサービスに加入することによって、相場を上回る金額を受け取れるプロバイダも存在します。

それが GMOとくとくBB です。

GMOとくとくBB
GMOとくとくBB

GMOとくとくBBは、前述したように映像サービスの同時加入によって最大20,000円のキャッシュバックを受け取ることが可能です。

「でも、映像サービスとか契約するつもりないし…」と、いう人はOCNから申し込みをすれば、20,000円のキャッシュバックがもらえます。

OCNはNTTコミュニケーションズが運営しているプロバイダで、信頼度も抜群で、多くの人から選ばれています。

OCN
OCN

OCNは、ドコモ光のネット回線のみの契約でも20,000円のキャッシュバックをしてくれます。
つまりGMOとくとくBBの最大キャッシュバック金額を、無条件に受け取れるわけです。

【2】ドコモ光公式キャンペーン

ドコモ光の申込み窓口は、プロバイダや代理店など数多く存在するのはわかったかと思います。

窓口ごとにさまざまなキャンペーンを実施して、契約者を募っているわけです。
そんな窓口独自のキャンペーンの他に、ドコモ光には公式が実施しているキャンペーンがあります。

公式キャンペーンは、どんな窓口から申込みをしても、適用されるキャンペーンです。

ドコモ光の申込みで対象となる公式キャンペーンは、以下2つの特典があります。

■ドコモ光の公式キャンペーン

  • dポイント10,000pt
    (※転用は5,000pt)
  • ドコモ光セット割

【ドコモ光公式特典1】dポイントプレゼント

1つめのドコモ光公式キャンペーンは、dポイントプレゼントキャンペーンです。
ドコモ光は、プロバイダや申し込み窓口に関係なく、新規…10,000pt、転用…5,000ptのdポイントが漏れなくプレゼントされます。

dポイントは、1ポイント=1円に換金可能なポイントです。

用途は限定されますが、ドコモの支払いやコンビニでの買い物などに利用できるため、実質キャッシュバックと同じと考えて良いでしょう。

dポイントの受取りはdポイントクラブへの加入が必須▲dポイントクラブへの入会が必須

ただし、dポイントを受け取るには『docomoユーザー』であることと、『dポイントクラブ会員』であることが条件です。

「なら、docomoユーザーじゃないと使えないの?」と思う人もいるかもしれません。
しかし『dポイントクラブ会員』には誰でもなることができますので安心してください。

dポイントが利用可能な店舗は、dポイント加盟店一覧をご確認できます。

■dポイントはいつ振り込まれるの?

dポイントの振り込みが反映されるのは、ドコモ光が開通した翌々月です。
登録済みのdポイントクラブ会員のポイントへ付与されるため、ドコモ光が開通した翌々月にポイントの残高を確認してみましょう。
ただし、公式キャンペーンで付与されるdポイントには6ヵ月間の有効期限があります。
振込み後はなるべく早めに使い切ってください。

【ドコモ光公式特典2】ドコモ光セット割引

ドコモ光セット割

ドコモ光の大きな特徴として、docomoスマホとセット割引があります。

ドコモ光は、docomoスマホとのセット割を実施している唯一の回線ですので、docomoスマホユーザ-にとっては貴重な回線だと言えます。

対象となるのは、docomoスマホ・携帯を利用中の方ですが、ドコモ光と組み合わせることでスマホ料金の割引が可能です。

ドコモ光セット割
▲ドコモ光セット割の一例

基本的に、容量の大きなプランの割引率が大きいようです。

【期間限定】初期工事費について

ネット回線を使うには、初期工事費が必要です。

ドコモ光も例外ではなく、戸建て…19,800円、マンション…16,500円の初期工事費が必要で、一括または分割のどちらかで支払いをします。

ドコモ光公式キャンペーンでは初期工事費も無料▲一括で支払おうとすると、けっこう高額…

公式キャンペーンでは、期間によっては、通常発生する初期工事費を無料にしています。

結果、dポイントプレゼントやスマホとのセット割を合計すると、公式キャンペーンでもかなり大きな還元や割引になると言えるでしょう。

ただし、工事費が無料になる時期とそうでない時期があります。
詳しくは申し込み窓口を確認するのがもっとも安全です。

>> 工事費が無料になっているかチェック!

ドコモ光の申し込み前に!チェックポイント

代理店からの申し込み前に!3つのチェックポイント

ここまで紹介したとおり、ドコモ光は代理店やプロバイダなど、申し込み窓口が非常に多いです。
どの窓口も多種多様なキャンペーンを展開しており、なかには高額な還元額を宣伝している代理店もあります。

しかし、特典の豪華さだけを見て窓口を選んでしまうと、特典が受け取れないなどのトラブルが起きる場合もあるのです。

ドコモ光のみならず、光回線を申し込む際に気をつけるべきポイントは、大きく分けて以下の2つです。

■ネット申し込みで注意すべきポイント

  • 有料オプションや友人紹介は必要?
  • キャッシュバックの受け取り手続きの内容は?
  • IPv6 IPoEには標準対応しているのか?

有料オプションや友人紹介は必要?

まず確認すべきなのは、キャッシュバックなどの特典を受け取るために、有料オプションの加入や友人紹介制度を義務付けているかどうかです。

有料オプションを追加すると、当然月額料金が発生します。
ご自身で使いたいと思っていたオプションであれば問題ありませんが、使わないオプションをキャッシュバックのためだけに申し込むのはおすすめしません。

有料オプションや友人紹介は必要か▲営業の言われた通りにしていると危険!?

さらに、有料オプションには契約継続期間が設けられていることが多く、開通後すぐの解約もできないため、月額料金がどんどんかさんでしまうのもデメリットでしょう。

また、友人紹介が条件に組み込まれている場合、1人紹介するごとに5,000~10,000円がキャッシュバックに上乗せされるケースが多いです。

もし乗り換えてくれる人が見つかったとしても、紹介キャンペーンでキャッシュバックを受けられるのは自分だけで、紹介された友人には何もメリットがない場合も多いです。
下手すれば友人関係に影響が出る可能性もあります。

不要なトラブルを避けるためにも、申し込み前に特典の受け取り条件を確認し、条件を満たすのが難しそうであれば、別の窓口からの申し込みを検討したほうが良いでしょう。

キャッシュバックの受け取り手続きは必要?

キャッシュバックの受け取り手続きは必要?

キャッシュバックなどの特典を受け取るために手続きが必要なのかについても、申し込み前にチェックしておきたいポイントです。

一般的にキャンペーンの特典を受け取るには、ドコモ光への申し込みとは別に、受け取り手続きを行います。

しかし、手続きの方法や明確な申請時期を記載していなかったり、手続きが必要であるのを伏せているなど、悪質な手口を使う代理店も存在するのです。

豪華な特典がもらえる代理店から申し込んだとしても、万が一手続きを忘れて受け取り損ねてしまえば意味がありません。

申し込み前は特典や条件だけでなく、どういった手続きが必要なのかを確認・納得してから申し込むようにすれば、受け取り忘れなどのトラブルを防ぎやすくなります。

IPv6 IPoEには対応しているプロバイダか?

ドコモ光のプロバイダを、キャンペーン重視で選ぶのは大切です。
ただ、お得なキャンペーンも大切ですが、契約後の使い勝手も重要なポイントになります。

とくに、通信速度には注目しましょう。
最近ではゲームや動画など通信速度が重視されるサービスが一般的に利用されています。

通信速度は無視できず、プロバイダの選択はかなり重要になってきているわけです。

ドコモ光はどのプロバイダを選んでも、回線の品質に差はありません。
しかし、プロバイダによって採用している接続方式が異なり、それによって速度に違いが出てくる可能性があります。

ドコモ光のIPv6 IPoEについて

ドコモ光は基本的にどのプロバイダでもIPv6 IPoEに対応しています。

サービス名は「v6プラス」だったり「v6アルファ」だったりしますが、サービス名が違うだけで、使える機能は同じだと思ってよいでしょう。

OCNv6アルファ
▲OCNでは「v6アルファ」というサービス名で提供

では、IPv6やIPoEというのは、どのようなものなのでしょうか。
「通信速度に関係あるの?」くらいの認識はあっても、詳しいことを知らない人は多いです。

ここではできるだけわかりやすく、IPv6やIPoEについて解説します。

IPv6とIPv4について

接続方式について知るには、まずIPv6とIPv4について知らなくてはいけません。

インターネットを使うには、端末ごとにIPアドレスが必要です。
IPアドレスは端末ごとに割り振られた住所のようなものという認識で問題ありません。

このIPアドレスの割り振り方が、IPv6とIPv4で異なり、IPv4ではIPアドレスの数に限界があったのを、最新のIPv6の登場によって事実上、無限に数を増やすことが可能になりました。

よく、「IPv6だからインターネットが速い!」と宣伝しているところがありますが、間違っています。

IPv6は、あくまでもIPアドレスの割り振り方なので、速度には直接関係ありません。
関係あるのは、IPv6でなければ使えない接続方式のことで、それをIPoE方式といいます。

IPoE方式とPPPoE方式とは

話がすこし専門的ではありますが、間違った広告にまどわされないためにもしっかりと把握しておきましょう。

接続方式には、IPoE方式とPPPoE方式の2つがあります。

IPoE方式が新しい接続方式で、従来のものがPPPoE方式です。

前述したIPv6は、どちらの接続方式も使えるのですが、IPv4はPPPoE方式して使えません。

■方式対応表
  IPoE方式 PPPoE方式
IPv6
IPv4 ×

つまり、IPv6だと速いわけではなく、IPv6でしか使えないIPoE方式が速いということです。
中には、IPv6でありながら、PPPoE方式が使われていることがあり、その場合は速度は速くならないので注意しましょう。

しかし、IPv6に対応していないwebサービスもまだまだたくさんあります。

その場合、IPv6だけに対応したIPoE方式だと、サイトが見られなかったり、サービスが受けられなかったりといった弊害が起きるでしょう。

代表的なところで言えば、PS4のオンラインサービスは、IPv4にのみ対応しています。

もしもIPoE方式でインターネット接続した場合、PS4が遊べません。
そこで登場したのが、IPv4 over IPv6というサービスです。

IPv4 over IPv6とは

接続方式をIPoE方式のまま、IPv4にのみ対応したwebサービスも使える技術を、IPv4 over IPv6といいます。

ドコモ光のプロバイダの場合、v6アルファと読んだり、v6プラスと呼んだりしているようです。

すべてのwebサービスにIPoE方式のまま接続することができるため、速度の遅延が起きにくいという特徴があります。

ドコモ光 v6プラス対応プロバイダ▲参考:GMOとくとくBB

なぜ遅延が起きにくかは、さらに専門的な話になってしまうので簡単に説明します。

簡単に言うと、IPoE方式というのは、インターネットに接続する際に通らなくてはいけなかった箇所を大幅に省略できる方式です。

そのため、インターネットの利用者が多い夕方~夜間といった時間でも、速度低下が起きにくい傾向にあります。

当然、インターネットの速度が遅くなる原因は他にもあるのですが、ひとつ不安が解消されるだけでも、IPv4 over IPv6を利用するのはオススメです。

ここまでで紹介してきた、OCNもGMOとくとくBBも、どちらも対応していますので、安心して申し込みをしてください。

余計な申し込みの手間などはなく、新規で申し込みをする人は、自動的にIPv4 over IPv6に対応してくれます。

ドコモ光の申込み~開通までの3ステップ

ドコモ光開通までの流れ

ドコモ光の、申し込みから開通までの流れを解説します。

基本的にどんなプロバイダから申込んでも下記3つのステップが必要になりますが、申込みさえ終わればプロバイダ側でサポートしてくれるので安心です。

そのため、まずは損をしないお得な窓口で申し込むことを心がけましょう。

■ドコモ光の開通工事までの流れ

  1. webからプロバイダへ申し込む
  2. プロバイダから電話連絡にて工事日調整
  3. 開通工事

ステップ1:WEBからプロバイダへ申し込む

ドコモ光は、WEBからの申し込みが簡単です。

GMOとくとくBB など、希望するプロバイダの公式サイトへ進むと、分かり易いところに申込みボタンがあります。

GMOとくとくBB申し込みサイトGMOとくとくBB の申し込みページ

ボタンを押下すると、名前、住所、電話番号など必要事項を記入する申し込みフォームに切り替わるので、案内に沿って記入しましょう。

ステップ2:プロバイダからの電話で工事日調整

プロバイダの申込みフォームで手続き完了後、今度はプロバイダより折り返し連絡が入ります。

ここでは、契約内容の確認やキャンペーンの注意事項等の説明が入るため、疑問な部分があればこの電話で確認しましょう。

また、新規申込みの場合、ドコモ光の開通工事が必要になるため、工事の日程もあわせて調整します。

工事日は、早ければ10日前後の日程で調整できますが、引っ越しシーズンなどは混み合うため時間がかかる場合もあるでしょう。

なお、工事日の確定後、「開通の案内」という工事日や契約内容が記載された書類が届くので、大切に保管してください。

フレッツ光ユーザーがドコモ光にする場合、転用が出来ます。

転用は、工事不要でドコモ光へ乗換えが出来るため非常に便利ですが、申込み前に『転用承諾番号』を取得しなればなりません。

別記事『転用の注意点』でも解説していますが、転用承諾番号は転用の手続きに必要な受付番号のようなものです。

これは、NTTへ連絡すると簡単に取得することができます。
転用での申し込みは、申込んだプロバイダから折り返しの連絡が入った際に必ず聞かれるため、前もって取得しておきましょう。

光コラボの正しい申込方法とは

  • NTT転用承諾番号取得窓口
    東日本エリア
    0120-140-202
    西日本エリア
    0120-553-104

ステップ3:開通工事

ドコモ光に限らず、ネット回線の開通工事には立ち合いが必要です。

そのため工事を希望した日時は、時間に余裕をもって在宅しているようにしましょう。

万が一、工事日を忘れてしまい留守などにしていると工事は延期になってしまい、場合によっては再工事がかなり先送りになってしまう危険がありますので注意してください。

また、実際の工事ではHGW(ホームゲートウェイ)という端末を取り付けます。

HGWは電源が必要ですので、前もってコンセントの近くなど設置場所も決めておくと、工事当日がスムーズです。

なお、フレッツ光ユーザーは転用により基本的に工事は不要です。

ドコモ光の代理店キャンペーン

ドコモ光の窓口は、プロバイダだけでなく、さまざまな代理店も、お得なキャンペーンを実施して顧客を得ようと競争しています。

しかしプロバイダの窓口とキャンペーンの内容にそこまで差はありません。
このページでは代表的なドコモ光の代理店について簡単に説明するにとどめます。

wiz

wiz は、ドコモ光の代理店の窓口の中でも有名です。
キャッシュバックを行ってはいるようですが、細かい条件などはホームページに記載がありません。

ネットで口コミを調べてみると、すこし不安になるものがあります。

決して、キャッシュバックを渡さないようにしている悪質な代理店ではありません。
しかし、同等額のキャッシュバックで良いなら、あえて選ぶ必要もないと言えます。

ネットナビ

ネットナビ もドコモ光の代理店では有名だと言えるでしょう。

最大20,000円のキャッシュバックで、条件は GMOとくとくBB と同じです。
つまり動画配信サービスなどに同時加入すれば、キャッシュバックの金額が高くなります。

特徴としては、キャッシュバックを翌月に振り込んでくれることです。

ただし、ネットの口コミにもあるように、キャッシュバックの申請方法がすこし複雑です。

  1. ネットナビからメールが送られてくる
  2. メールのURLから申請用のサイトへいく
  3. 申請用のサイトに情報を入力していく
  4. 情報入力が終了したらふたたびメールがある
  5. もう一度URLから申請用サイトへいく
  6. 申請用サイトの申請書をダウンロード、印刷する
  7. 印刷した申請書に必要事項を記入し捺印を押す
  8. 工事完了証明書と一緒に申請書をネットナビに送る

以上のことを、工事完了の翌月末までに行わなければいけません。
申請方法を丁寧に説明していて親切ではありますが、すこし手間に思う人もいるでしょう。

キャッシュバックが翌月に振り込まれる以外にあまりメリットはない代理店だと言えます。

ディーナビ

ディーナビは、ネットナビとほぼ同じキャンペーンを実施しています。

キャッシュバックの金額や、申請方法もネットナビと同じです。

ネットナビやディーナビのネットでの口コミも調べてみました。

やはりキャッシュバックの申請方法に難ありあといった感じでしょうか。
悪質な代理店ではありませんが、キャッシュバックを受け取るにはすこし苦労をしそうです。

ヨドバシカメラ・ヤマダ電機などのキャンペーン

ヨドバシカメラやヤマダ電機など家電量販店でもドコモ光のキャンペーンを見かけます。

家電量販店で実施しているキャンペーンも、店舗型の代理店が行っているものです。

電気屋
▲家電量販店も代理店と同じ仕組み

ヨドバシカメラやヤマダ電機などは大手家電量販店であり、窓口には担当スタッフもいるので安心感は大きいでしょう。

ただ、スタッフの人件費などがコストになり、キャッシュバックなどキャンペーン特典が非常に少ない場合が多いです。

しかも多くの場合は、キャッシュバックもその電機量販店でしか使えない商品券で行われます。

ドコモ光のキャンペーンをキャンセルしたい

キャンセルの方法

ドコモ光は、開通工事の前であればキャンセルが可能です。

また、開通工事をするまで(※転用であれば転用の前日まで)のキャンセルであれば、工事費や解約金といった費用も発生しません。

ドコモ光のインフォメーションセンターに連絡をすれば手続きをしてもらえるので、速やかに連絡をしましょう。

■ドコモインフォメーションセンター

  • ドコモ端末…151
  • ドコモ以外の端末/一般電話…0120-800-000

工事後すぐにドコモ光を解約する際の注意点

ドコモ光の開通工事完了後、すぐに解約したい時の対処法を解説します。

ドコモ光に限らず、ネット回線やスマホ・携帯電話など通信サービスの契約には、初期解除制度というクーリングオフに似た制度が適用可能です。

ドコモ光で初期解除制度を使うには、docomoから発送される「ドコモ光契約申込書」を受け取ってから8日以内に同封されている書類を郵送しなければなりません。

また、工事費や契約手数料は請求されてしまいますが、違約金は掛からずに解約ができます。
万が一、工事完了後すぐに解約が必要になった際は、1度ドコモ光サービスセンターに連絡した方が良いでしょう。

■ドコモインフォメーションセンター

  • ドコモ端末…151
  • ドコモ以外の端末/一般電話…0120-800-000
関連記事
インターネットを速度や料金から比較!お得なキャンペーンの選び方まで徹底解説 インターネットは事業者によって通信速度や料金などが大きく違います。また、契約時に高額なキャンペーンを実施している窓口もあるため、1つに絞るのは悩んでしまいます。ここでは...
ドコモ光は代理店申し込みがおすすめ?本当にお得な窓口と特典まとめ ドコモ光は代理店申し込みがおすすめ?本当にお得な窓口と特典まとめ
ドコモ光
ドコモ光の代理店について、お得な窓口やキャンペーンについて解説しています。ドコモ光は、ドコモ公式以外にも代理店やプロバイダからの申し込みも可能なため、申し込み窓口が非...
ドコモ光の公式特典は手続き不要 ドコモ光のキャッシュバックの受け取り方は?人気窓口の手続きと注意点
ドコモ光
ドコモ光のキャッシュバックの受け取り方について解説しています。ドコモ光では、どの窓口から申し込むかによってキャンペーン特典の受け取り方が異なり、手続きの期限も変わって...
GMOとくとくBBが選ばれる理由 ドコモ光でGMOとくとくBBが選ばれる5つの理由!キャンペーンの秘密
ドコモ光
GMOとくとくBBはドコモ光提供プロバイダの中でキャンペーンにて現金キャッシュバックを行っている珍しいプロバイダです。また、キャッシュバック以外にも独自の特典などがあり、ド...
ドコモ光のぷららはどんなプロバイダ?料金やキャンペーンを徹底解説 ドコモ光で選べるプロバイダの中に、NTTぷららがあります。株式会社NTTが運営しているプロバイダで、「信頼できそう」といった理由から気になっている人もいるでしょう。このペー...