1. ホーム
  2. インターネット回線の比較

このサイトはアフィリエイト広告によって運営されています

【2024年最新】速い光回線ランキング!調べてわかった本当に速い回線

スピード重視の光回線ランキング

本当に速い光回線は、いったいどれなのでしょうか。

このページでは、実際に使っている人がどれくらいの通信速度で光回線を利用しているか調べて、本当にオススメできる速い光回線を厳選しました。

■速い光回線ランキング

※クリックすると詳細が確認できます。

料金にフォーカスしたオススメ光回線を紹介している記事もあるので合わせて参考にしてください。


単純に速い光回線TOP5!

単純な速度ランキング

光回線には、それぞれ最大速度というものがあります。

基本的に通常プランですと、1Gbpsが最大速度であることが多いですが、これはあくまでも最大速度で、実際にその速度が出るわけではありません。

実際の速度、つまり実測値は、回線や環境、利用している時間帯によっても大きく左右されるものです。

速い光回線を選ぶ上で重要なのは、その光回線の実測値を知ることでしょう。

■代表的な光回線の実測値
回線 下り 上り
NURO光 584.11Mbps 553.94Mbps
auひかり 525.36Mbps 500.39Mbps
ドコモ光 276.42Mbps 261.06Mbps
ソフトバンク光 312.98Mbps 286.6Mbps
So-net光プラス 244.87Mbps 266.09Mbps

単純に光回線の実測値だけを調べた結果は上記のようになりました。

参考にしたのは、回線速度を計測するサイトとして有名な『みんなのネット回線速度』です。

ただし、光回線の実測値だけを比較して、そのまま数字だけでオススメできるかといえばそうではありません。

速い光回線の選び方!3つの系統を知っておく

光回線の系統を知っておく

速い光回線の特徴のひとつとして、提供エリアが限られていることがあげられます。

光回線には、大きくわけて、

の3種類があるのですが、それぞれ提供エリアに特徴があります。

独自回線系

独自の光回線網を使って、光回線サービスを行う事業者です。
提供エリアが狭い代わりに、実測値は速い傾向にあります。


電力会社系

電力会社が所有する光回線網を使った光回線サービスです。
提供エリアは、その電力会社が電気供給をしている範囲だけですが、実測値は速く安定しています。


フレッツ光系(光コラボ)

フレッツ光が所有している光回線網を利用したサービスで、事業者は100を超えます。
日本全国の90%以上の地域で使うことができますが、速度は独自回線系や電力会社系と比較すると遅いです。

いくら「速い光回線がいい!」と言ったところで、提供エリアでなければ契約ができません。

なので、単純に実測値が速い光回線を紹介しましたが、上から順番にすべての人にそのままオススメできるかと言えばそうではないでしょう。

速い光回線はこう選べ!検討する順番が大切

速い光回線を選ぶ上で重要なのは、検討する順番だと言えるでしょう。

前述したように、光回線は、独自回線系、電力会社系、フレッツ光系(光コラボ)に大きくわけられます。

検討する順番は以下の通りです。

■速い光回線の検討する順番

  1. 独自回線系
  2. 電力会社系
  3. フレッツ光系

このことは非常に大切なことで、検討する順番を間違えると「もっと速い光回線があったのに…」と、あとあと後悔することになりかねません。

では、以上のことを踏まえて、本当にオススメできる速い光回線のランキングを見てみましょう。

本当にオススメできる速い光回線TOP5!

ランキングというよりも、上から順番に検討して、お住まいの場所で契約できるもっとも速い光回線を選ぶようにしてください。

■速い光回線ランキング

※クリックすると詳細が確認できます。

それぞれの光回線の特徴を細かく見ていきましょう。

NO.1【NURO光】

NURO光
■NURO光
最大速度 2Gbps
実測値

下り:584.11Mbps
上り:553.94Mbps

Ping値:11.78ms

月額料金 5,200円
初期費用 事務手数料:3,300円
工事費:44,000円(実質無料)
セット割 Softbankスマホ
月額最大1,100円割引
特典 45,000円キャッシュバック
申し込み NURO光公式ページ

■NURO光のポイント

  • 最大2Gbpsの超高速回線
  • e-sportsの公式大会に採用される信頼性
  • ただし、提供エリアが限定的

現在、光回線の中でもっとも速いとされる光回線がNURO光です。

通常プランで最大2Gbpsよう回線速度を誇り、物理的には他回線の2倍の速さがあります。

もちろん実測値に関しても、速く、安定しているので、「速度で選ぶならNURO光!」と言っても過言ではありません。

しかも、それだけの速さを有していながら、月額料金は相場以下です。

コスパの良さは他の追随を許していませんが、唯一のデメリットはその提供エリアの狭さでしょう。
徐々に提供エリアも広がっていますが、現在のところNURO光の提供エリアは以下の通りです。

【北海道エリア】
北海道

【関東エリア】
東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県

【東海エリア】
愛知県、静岡県、岐阜県、三重県

【関西エリア】
大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県

【中国エリア】
広島県、岡山県

【九州エリア】
福岡県、佐賀県

※一部地域を除く

上記エリアであっても、地域によってはNURO光の契約はできません。
まずは NURO光の公式ページ でエリア検索を行うようにしてください。

もしも提供エリア内であればラッキーです。
しかも NURO光公式ページ から申し込みをするだけで、45,000円のキャッシュバックがもらえます。

NURO光公式キャンペーン
  • 特典・キャンペーン
    無条件:45,000円キャッシュバック
    ※オプションで最大20,000円プラス
    他社違約金最大60,000円補填
  • 月額料金
    2ギガ:5,200円
    10ギガ:5,700円
    ※戸建て、マンションミニ共通

NO.2【auひかり】

auひかり
■auひかり
最大速度 1Gbps
実測値

下り:525.36Mbps
上り:500.39Mbps

Ping値:15.43ms

月額料金 戸建て:5,390円~
マンション:4,180円~
初期費用 事務手数料:3,300
工事費:41,250(実質無料)
セット割 auスマホ
月額最大1,100円割引
特典 月額大幅割引(総額)
戸建て:84,048円
マンション:71,396円
申し込み プロバイダ So-net

■auひかりのポイント

  • 独自回線で夜の時間帯もスムーズ
  • 提供エリアがNURO光より広い
  • キャンペーンが豪華なことで有名 

auひかりは厳密に言えば、独自回線系ではありません。
東京電力がもっている光回線網と、独自回線の両方を使ってサービスを提供しています。

そのため、提供エリアもNURO光よりも広く、全国の70%くらいで利用が可能です。

auひかり提供エリア

最大速度は通常プランで1Gbpsですが、auひかりの利用者しかauひかりの光回線網は使っていないので、混線して速度が低下することが少ないのが特徴だと言えるでしょう。

また、auひかりの月額料金は利用期間が長くなればなるほどに安くなる仕組みです。

■auひかり月額料金
継続年数 月額料金
1年目 5,610円
2年目 5,500円
3年目以降 5,390円

長期間の利用が前提の光回線にあって、この仕組みはかなり良心的だと言えます。

さらにauひかりは、豪華なキャンペーンを実施していることもでも人気があります。
例えば、プロバイダの So-net から申し込みをすれば、利用開始から1年のあいだ月額料金が大幅に割引されます。

■So-netの月額割引キャンペーン
  割引キャンペーン
戸建てタイプ 通常価格5,610円⇒980円
※合計:69,894円
マンションタイプ 通常価格4,180円⇒980円
※合計:54,174円

光回線は長期間契約するものだとよくわかっているキャンペーンだと言えるでしょう。
キャッシュバックなども豪華でうれしいですが、一度、受けとったあとは、なにもありません。

auひかり×So-net のように、お得に長く使ってもらおうとしている窓口は貴重です。

まずは、 auひかり×So-netの公式ページ で、エリア検索ができるので、やってみてください。

auひかりSo-netキャンペーン
  • 初年度月額基本料金980円
  • キャッシュバック:
    戸建て:14,154円
    マンション:17,222円
  • キャンペーン期間:2024/4/1~2024/4/30
  • 戸建てタイプ月額料金:980円~
  • マンションタイプ月額料金:980円~

NO.3【電力会社系光回線】

電力系光回線

電力会社系とひとくくりにしていますが、その種類はいくつもあります。

しかし、どの回線も、速度には定評がありますので安心してください。

電力会社系の光回線は、地域ごとに回線が違いますので、ご自身がお住まいのエリアに対応したサービスを探してみましょう。

eo光
関西電力系グループ

  • 提供エリア
    大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、福井県、和歌山県
  • 平均速度
    下り:372.94Mbps
    上り:307.02Mbps
  • Ping値
    17.93ms

コミュファ光
中部電力系グループ

  • 提供エリア
    愛知県、静岡県、岐阜県、三重県
  • 平均速度
    下り:414.59Mbps
    上り:350.21Mbps
  • Ping値
    25.99ms

ピカラ光
四国電力系グループ

  • 提供エリア
    香川県、愛媛県、徳島県、高知県
  • 平均速度
    下り:340.59Mbps
    上り:244.07Mbps
  • Ping値
    22.74ms

ビビック光
九州電力系グループ

  • 提供エリア
    福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県
  • 平均速度
    下り:280.47Mbps
    上り:203.41Mbps
  • Ping値
    29.09ms

関東圏は、 auひかり が東京電力の光回線網を使ってサービスを展開しています。
また、沖縄県もauひかりがauひかりちゅらというサービスを展開していますので、上記には含まれていません。

どの電力系グループの光回線も、実測値は十二分に出ていると言えるでしょう。

利用者が限定されていることから混線が起きにくことと、設備を自社で管理していることから、遅くなりそうな地域があれば迅速に設備増強できるのも強みです。

また、月額料金が安いことでも、電力会社系の光回線は選ばれています。

例えば、eo光は近畿エリアで圧倒的な人気がある光回線ですが、その理由は料金の安さにあります。

関西でネットを選ぶなら

eo光は利用開始から1年間は月額2,380円で利用可能です。
通常、光回線の相場が5,000円~6,000円ですので、それを考えると、eo光は約半額で使えることになります。

速い光回線を、できるだけ安く利用したいのは当然です。

電力会社系の光回線はその点、かなりコスパが良いと言えるでしょう。

NO.4【ソフトバンク光】

ソフトバンク光

多くの人が、NURO光、auひかり、電力会社系の光回線の、どれかを契約できるはずです。
しかし、その3社とも契約できない地域ももちろん存在します。

その場合、フレッツ光の光回線網を利用しましょう。

オススメは、フレッツ光ではなく、フレッツ光の設備を使って独自のサービスを行っている光コラボです。

光コラボレーション▲光コラボは600社以上がある

光コラボを提供している事業者は数百社あり、中には十分な実測値を期待できないサービスもあります。

このページでオススメしたい光コラボは ソフトバンク光 です。

■ソフトバンク光
最大速度 1Gbps
実測値

下り:312.98Mbps
上り:286.6Mbps

Ping値:15.83ms

月額料金 戸建て:5,720円
マンション:4,180円
初期費用 事務手数料:3,300円
工事費:31,680円(実質無料)
セット割 SoftBankスマホ
月額最大1,100円割引
特典 最大71,680円還元
代理店ストーリー の場合
申し込み 代理店ストーリー(ソフトバンク光)

■ソフトバンク光のポイント

  • IPv6高速ハイブリットで速くなる!
  • 日本全国の94%以上の地域で利用可能
  • 最大40,000円のキャッシュバック

ソフトバンク光は、NTTが運営しているフレッツ光の所有する光回線網を使った光コラボです。

光コラボは、種類が数百とありますが、回線は同じものを使っています。

「なら、速度は変わらないんじゃ?」と、思うかもしれませんが、そんなことはありません。
各光コラボでは、通信速度が速くなるようにいろいろと工夫していて、サービスによって速度は異なります。

光コラボの中でも、ソフトバンク光は通信速度が速いことで評判です。
大手回線速度計測サイトの数値を元に、光コラボの平均通信速度を調べてみました。

■光コラボの平均速度
  下り 上り
ソフトバンク光 312.98Mbps 286.6Mbps
ドコモ光 276.42Mbps 261.06Mbps
ビックローブ光 268.27Mbps 249.21Mbps
So-net光プラス 244.87Mbps 266.09Mbps

この通信速度の速さを実現しているのが、ソフトバンク光の「IPv6高速ハイブリット」です。
IPv6通信を利用することで、光コラボは速くなるとされていますが、採用している技術は各社異なります。

ソフトバンク光は自社(正確には子会社)独自の技術を使い、IPv6通信を行っていて、それが通信速度に差を生んでいるのでしょう。

光BBユニットという独自ルーターを借りれば、複雑な設定等もなく「IPv6高速ハイブリット」の利用を開始できるのでオススメです。

また、 代理店ストーリー からソフトバンク光を申し込みすると、最大で40,000円を受けとることができます。

代理店の中でも非常に優良店ですので、ソフトバンク光を申し込みする際は利用すると良いでしょう。

SoftBank光代理店STORY
  • キャンペーン
    合計最大71,680円還元
    新規:40,000円キャッシュバック
    転用:19,000円キャッシュバック
    初期工事費31,680円無料
  • 月額料金
    戸建て:5,720円
    マンション:4,180円

NO.5【その他光コラボ】

最後に、ソフトバンク光以外の光コラボを検討しましょう。

光コラボは、一般的に他の光回線に比べて遅いと言われがちがですが、選び方さえ間違えなければ、充分に速さも期待できます。

ここで、オススメしたいのは、光コラボの中でも、速度が安定して速い3回線です。

ドコモ光

  • 平均速度
    下り:276.42Mbps
    上り:261.06Mbps
  • Ping値
    18.85ms

【2024年最新】ドコモ光のお得度120%なキャンペーンを一挙公開!


So-net光プラス

  • 平均速度
    下り:244.87Mbps
    上り:266.09Mbps
  • Ping値
    15.59ms

ビッグローブ光

  • 平均速度
    下り:268.27Mbps
    上り:249.21Mbps
  • Ping値
    17.87ms

どの光コラボも、大手プロバイダが運営しているものです。
やはりある程度、大きなプロバイダのほうが速度面では安心ができるでしょう。

もちろん、同じフレッツ光の設備を使っているので、日本の90%以上の地域で契約することができるのも魅力です。

10ギガコースなど高速プランも視野に入れて検討する

超高速プランも検討する

ここ最近では、多くの光回線サービスで、10ギガコースや5ギガコースといった超高速プランの提供がはじまっています。

月額料金は当然、通常プランよりも高くなるので慎重に検討する必要はありますが、「やっぱり遅いな…」と感じる人は今後のためにも視野に入れておいたほうが良いでしょう。

と、いうのも近年ではインターネットでなんでもできるようになってきました。
その影響で、インターネット上でのコンテンツの容量はどんどん増え、通信速度も速いものが求められています。

代表的な光回線の超高速プランについてみていきましょう。

NURO光の20Gsプランは実際どうなの!?

現在、もっとも最大速度が速いプランを提供しているのがNURO光です。
その最高速度は、なんと20Gbpsという驚異的な数字ですが、正直オーバースペックだと言えるでしょう。

提供エリアも、東京の港区と豊島区(一部地域を除く)だけですし、おそらくこれは「世界最速」という宣伝のためのプランです

NURO光20Gs
NURO光の20Gsは「世界最速」という宣伝のためのプラン?

しかし、NRUO光には最大10Gbpsの10ギガプランがあります。

月額5,700円で、利用できる高速プランで、コスパも良いと言えるでしょう。

ただし、提供エリアは限られていて、現在のところ以下の一部エリアだけで利用が可能です。

  • 北海道エリア
    北海道
  • 東北エリア
    宮城県※10Gのみ提供
  • 関東エリア
    東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県
  • 東海エリア
    愛知県、静岡県、岐阜県、三重県
  • 関西エリア
    大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県
  • 中国エリア
    広島県、岡山県
  • 九州エリア
    福岡県、佐賀県

まだまだ使える人がすくないプランだと言えるでしょう。

また、LANケーブルや、パソコン側のスペックも高速インターネットに対応していなければ、意味がないので注意が必要です。

今後の選択肢として知っておくことは大切ですが、いまのところNURO光は通常プランで最大速度が2Gbpsあり、充分に速いと言えるでしょう。

NURO光公式キャンペーン
  • 特典・キャンペーン
    無条件:45,000円キャッシュバック
    ※オプションで最大20,000円プラス
    他社違約金最大60,000円補填
  • 月額料金
    2ギガ:5,200円
    10ギガ:5,700円
    ※戸建て、マンションミニ共通

auひかりも10ギガ/5ギガコースの提供開始!

auひかり10ギガ、5ギガ

auひかりも2018年より超高速プランである10ギガコースと5ギガコースの提供を開始しました。

提供エリアは一部地域のみで、現在のところ、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県(一部地域を除く)のみ利用ができます。

これからエリアはだんだんと広がっていくことが予測されますが、まだまだ契約ができない人のほうが多いでしょう。

auひかりX(10ギガ)

  • 最大速度:10Gbps
  • 月額料金:6,248円~
  • 工事費:41,250円
    (60ヶ月で実質無料)

auひかりV(5ギガ)

  • 最大速度:6Gbps
  • 月額料金:5,390円~
  • 工事費:41,250円
    (60ヶ月で実質無料)

さまざまな割引が適用されますが、いまのところオススメできるプランかどうかは難しいところです。

auひかりの通常プランを契約しておいて、「そろそろ必要かな…」というときに契約変更するのが良いでしょう。

もちろん通常プランで速度に問題がなければ、わざわざ追加料金を支払ったまで高速プランに変更する必要はありません。

まずは、通常プランを使ってみてから、あとあと高速プランを検討するという順番がオススメです。

auひかりSo-netキャンペーン
  • 初年度月額基本料金980円
  • キャッシュバック:
    戸建て:14,154円
    マンション:17,222円
  • キャンペーン期間:2024/4/1~2024/4/30
  • 戸建てタイプ月額料金:980円~
  • マンションタイプ月額料金:980円~

eo光の高速プランは超がつくほどお得?

eo光10ギガ5ギガ

関西エリアで圧倒的なシェアを誇るのがeo光です。
eo光は、早い段階で超高速プランである5ギガコースと10ギガコースの提供を開始しました。

提供エリアは現在のところ、以下の地域に限定されていますが、月額料金がかなり抑えられているため人気です。

eo光10ギガ、5ギガ▲eo光の提供エリアの約70%で利用可能!

1年目であれば、eo光の5ギガコースは通常プランの1ギガコースと同じ2,380円で使えます。

通常の5倍の最高速度を、1年とはいえ、この料金で利用できる光回線は他にありません。

eo光はそもそも提供エリアが限られていますので、はじめから10ギガ/5ギガコースを検討しても良いでしょう。

eo光公式サイト
  • キャンペーン
    月額料金2,168円割引(1年間)
    標準工事費実質無料
    商品券10,000円分
  • キャンペーン期間:2020年2月1日~未定
  • 戸建てタイプ月額料金:2,380円
  • マンションタイプ月額料金:3,326円~

フレッツ光も10ギガコースを展開!

フレッツ光

言わずとしれた光回線の最大手であるフレッツ光でも、10ギガコースがはじまっています。

2020年に提供が開始されたばかりで、提供エリアも東京と大阪の一部地域のみです。

月額料金も、NURO光やauひかりといった独自回線、eo光のような電力会社系の光回線と比べると、かなり高く設定されています。

フレッツ 光クロス(10ギガ)

  • 月額料金:6,930円+プロバイダ利用料
    (30ヶ月は5,610円+プロバイダ利用料)

コスパは、すでに紹介したNURO光や、auひかりと比べるとあまり良くありません。

しかし、フレッツ光が10ギガコースの提供を開始したとなると、同じ設備を使っている光コラボでも10ギガコースの提供が開始されるわけです。

実際、ドコモ光やソフトバンク光といった光コラボでは、10ギガコースの提供がはじまっています。

ドコモ光 10ギガ
■高速プラン
プラン 月額料金
ドコモ光 10ギガ 6,930円
ソフトバンク光 10ギガ 7,480円

今後、フレッツ光の10ギガコースの提供エリアが広がるにしたがって、光コラボの10ギガコースの提供エリアもひろがっていくでしょう。

料金も、フレッツ光の10ギガコースよりも、光コラボの10ギガコースのが安いです。

先に光コラボを契約しておいて、エリアが対応したらコースを変更するのが良いでしょう。
まだまだ、高速プランははじまったばかりですが、今後、確実にトレンドになってくるはずなので要チェックです。

ドコモ光×GMOとくとくBBキャンペーン
  • キャンペーン:
    10,000~100,000円キャッシュバック
    dポイント最大2,000ptプレゼント
  • キャンペーン期間:2024/4/1~2024/4/30
  • 戸建てタイプ月額料金:5,720円
  • マンションタイプ月額料金:4,400円

そもそも日本のネットは世界と比べて速いのか?

世界と比べた日本の回線速度

現在、日本社会にインターネットはなくはならないサービスです。

水道や電気と同じように、ほとんどインフラだと言っても良いでしょう。

もちろん日本だけでなく、世界中で光回線は普及していて、2018年には普及率が50%を超えたと言われています。

日本はインターネットの普及率が90%を超えているのですが、では、世界と比べてその通信速度は速いのでしょうか。

世界的に有名な、インターネットの通信速度測定サイトである『Speedtest』がランキングを発表していたので、そのトップ10を見てみましょう。

詳しく知りたい人はこちらから確認ができます。

■通信速度ランキング
順位
1位 アラブ首長国連邦
170.30Mbps
2位 韓国
166.70Mbps
3位 カタール
159.66Mbps
4位 中国
148.12Mbps
5位 オーストラリア
113.16Mbps
6位 ノルウェー
100.98Mbps
7位 オランダ
99.67Mbps
8位 サウジアラビア
99.34Mbps
9位 カナダ
93.74Mbps
10位 スイス
87.73Mbps

日本はトップ10入りはしておらず、ランキングは37位で47.09Mbpsでした。

もちろんインターネットの普及率が日本は高いので、その分、平均値がさがるのは仕方がありません。

インターネット先進国のアメリカですら、22位で63.24Mbpsです。

つまり世界的に見ても、平均値で200Mbpsを超えるのはかなり速い通信速度と言えるでしょう。

今回紹介した光回線は、世界の平均速度から見てもトップレベルの光回線ばかりということです。

せっかく月額料金を支払って光回線を利用するのであれば、通信速度が速い光回線を利用するようにしましょう。

本当にオススメの速い光回線のランキングをもう一度確認する

関連記事
ADSLは終了する!オススメの光回線は? ついにADSL終了!?サービス廃止の詳しい時期や旬の乗換え先を教えます! NTTが提供するフレッツADSLが2023年1月にサービス終了します。他社のアッカADSLに関しては、既にサービスは廃止されており、ADSL回線で有名なソフトバンクのYahoo!BB ADSLも2019年...
auひかりとJCOMを比較!乗り換え方法も解説 auひかりとJ:COMのサービスを徹底比較!乗り換え方法も解説しました auひかりもJCOMも、auスマホを持っていれば「auスマートバリュー」に加入ができる点では同じです。しかし月額料金や、エリア、速度に関しては大きな違いがあります。このページで...
引越し業者が勧めるインターネット 【注意!】引越し業者・不動産屋が紹介するインターネットの落とし穴 引越しの際、必ずインターネットの手続きが必要になります。特に光ファイバーなどでは、手続きが面倒なので不動産や引越し業者がサポートをしてくれます。しかし、場合によって大...
オンラインゲームで最強なネット回線 ゲーマー推薦!オンラインゲームに強いネット回線5選 近年、ゲームを楽しむ際オンラインでのプレイが主流のため、ネット回線の契約は必須です。しかし、速度の遅いネット回線を契約してしまうと、オンラインでのプレイ中にラグが起き...
工事が早い光回線とは 【至急】工事が早い光回線が決定!最短でネットを開通させる方法とは 光回線には基本的に開通工事というものが必要です。「できるだけ早く工事をして、インターネットを使えるようになりたい!」と思っている人もいるでしょう。このページでは、光回...