1. ホーム
  2. キャンペーン
  3. NURO光の評判・口コミ

世界最速NURO光はデメリットだらけ?契約前に知るべき裏事情とは?

NURO光には

 
戸建て 4,743円/月
マンション 1,900円~/月
NURO光でんわ 1,333円/月
オプション セキュリティ・無線LAN無料
工事費 1,333円×30ヶ月(実質無料)
キャンペーン 45,000円キャッシュバック
公式ページ の場合

テレビCMで『世界最速』を宣伝するNURO光は、今もっとも話題の光回線です。

SONYの子会社であるSo-netが、他社とは異なる独自のネットワーク設備で提供しているため、通信速度においては多くのユーザーから高い評価を得ています。

また、最大2Gbpsという圧倒的な通信速度にも関わらず、料金の面でも他社光回線に比べて低コストなため、NURO光はコスパの面でも非常に評判を集めていますが、果たしてデメリットはないのでしょうか。

NURO光の5つのデメリット要素

NURO光のデメリットを解説

ネット回線を契約するうえで、メリット・デメリットは付きものです。

通信速度や、料金面で非常にコスパの良いNURO光においても、例外ではありません。

もちろん、メリット・デメリットの感じ方はそれぞれ違いますが、ここではNURO光のデメリットになり得る可能性があるポイントをまとめてみました。

NURO光5つのデメリット要素

    • 提供しているエリアが狭い

    • 開通工事が2回必要になる

    • マンションではプランが選べない

    • 引っ越しで移転が出来ない

  • プロバイダが選べない

それぞれのポイントについて、詳しく解説していきます。

デメリット1.提供しているエリアが狭い

NURO光提供エリア

NURO光最大の弱点と言われるのが、提供エリアの狭さです。

NURO光の提供エリア注意!』でも解説していますが、現在、NURO光が提供されているのは、関東、東海、関西、九州の下記エリアだけになります。

NURO光の提供エリア


    • 関東…東京、千葉、神奈川、埼玉、茨城、栃木、群馬

    • 東海…愛知、静岡、岐阜、三重

    • 関西…大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良

  • 九州…福岡、佐賀の一部

全国的にエリアを展開しているNTTのフレッツ光やKDDIのauひかりに比べると、利用できる地域がかなり限られてしまうため、大きなマイナスポイントになってしまうでしょう。

また、提供エリアの地域であっても、住所によっては提供できない場所も存在するので、安心はできません。

NURO光を検討する際は、まず事前にエリア確認をしてから検討することをおススメします。

NURO光公式ぺージ

エリア確認はコチラから⇒

NURO光10Gはさらに提供エリアが狭い

NURO光で提供されている最大速度は2Gbpsですが、一部地域のみ限定で最大10Gbpsのサービスを提供しています。
2Gbpsでも、日本で他に提供されているサービスはありませんが、10Gbpsのサービスとなれば世界でもかなり稀です。

公式ページ NURO光10Gコース

実際に使ってみた方々の評判を聞くと、当然ですが速度的には満足しているようです。
しかし、10Gbps回線を十分に活かすためにはパソコンのLANカードの増設など、多少知識が必要となってくるので注意しましょう。

また、このNURO光10Gbps回線ですが、驚くほど提供エリアが狭く限定されています。
対応しているエリアとしては、東京都、神奈川県、静岡県、大阪府、兵庫県、奈良県となっていますが、この中でもごく一部の地域でしか提供されていません。

例えば、東京の新宿区や千代田区、港区や渋谷区ですら、未だにかなりの地域が未提供エリアとなっており、利用できる方はごく僅かです。
そのため、他の都道府県で利用を検討されている方はかなり絶望的と言えるでしょう。


関連記事

デメリット2.開通工事が2回必要になる

一般的な光回線の開通工事は、1日で終わることがほとんどです。

しかし、NURO光は開通工事を2日に分けて行うため、工事の立ち合いも2回しなければなりません。

工事の詳しい内容については、別記事『NURO光の2回実施する工事について』で解説していますが、NURO光は屋外の設備(※電柱の光ファイバーなど)をNTTからレンタルをしています。

そのため、宅内の工事は提供元So-net屋外の工事はNTTという役割分担がされているため、工事が2回必要となってしまうのです。

NURO光の開通工事は2回必要

【NURO光】2回目の工事を早める裏技がある!?』にて説明していますが、有料であれば工事を1日で済ませることも可能ですが、ほぼ工事は2回あると考えておくのが無難でしょう。

面倒なことが苦手な方に関しては、工事に2度立ち会うのはデメリットに感じてしまうかもしれません。


関連記事

デメリット3.マンション・アパートではプランが選べない

NURO光マンションタイプ

マンションやアパートで、NURO光を利用する際の注意点もあります。

NURO光のマンション向けのプランには、『マンションミニ』『NURO光 for マンション』という、2つのプランが存在しますが、申し込む際に好きなプランを選ぶことは出来ません。

別記事『NURO光2つのマンションプランは何が違う?』でも解説していますが、どちらのプランが使えるかは入居したマンションの設備によって決まります。

 
マンションミニ
NURO光 for マンション
料金
4,743円
1,900~2,500円
最大速度
2Gbps
2Gbps
注意点
  • NURO光 for マンションの設備の導入
  • 同建物に4人以上のNURO光希望者が必要

マンションミニは、NURO光の提供エリア内の集合住宅であれば誰でも申し込みが可能になり、利用するにあたって特別条件はありません。

ただ、サービス内容は戸建てプランと全く同じものになるため、一般的な光回線のマンションプランに比較すると月額料金が割高になっています。

そのため、月額料金を重視すると、もう1つのプランであるNURO光 for マンションの方が魅力は大きいと言えるでしょう。

しかし、NURO光 for マンションは住んでいる建物に、NURO光 for マンション専用の設備が導入されていないと申込めません。

また、設備が未導入の場合、同じ建物内で希望者を4人以上集めないと導入が出来ないため、必ずしも使えるプランじゃないという点ではデメリットになるでしょう。

集合住宅では、マンションミニを利用している場合が多いようです。

デメリット4.引っ越しで移転が出来ない

引っ越しが決まった場合、一般的な光回線では移転手続きをすることによって、引越し先でも契約を継続することができます。

しかし、NURO光では引っ越しにっ関する移転手続きを行っていません。

引っ越し先でも契約を継続する場合は、一旦、解約手続きをした後、NURO光を再契約する必要があります。

そのため、細かい手続きを好まない方にとっては、多少面倒な印象を受けてしまうかもしれません。

ただ、1度解約する際に発生する違約金や、工事費などの費用は お引っ越しキャンペーン を利用することで、ユーザー側に負担が無い仕組みになっています。

NURO光引っ越しキャンペーン

NURO光引っ越しキャンペーン

詳しくは、別記事『NURO光は引越し=解約!?違約金で損しない方法は?』にて解説していますが、引っ越し先でNURO光の継続利用を希望する場合は、キャンペーンを上手く活用して費用負担が無いようにしましょう。

デメリット5.プロバイダがSo-net以外選べない

NURO光のプロバイダはSo-netだけ

NURO光はネット回線とプロバイダの一体型サービスです。

NTTのフレッツ光やKDDIのauひかりなど、他社が提供している光回線では、ネット回線とプロバイダが別々の契約になっているため、プロバイダを自由に選ぶことが出来ます。

しかし、NURO光は一体型のサービスとなっていため、So-net以外のプロバイダを契約することはできません。

そのため、特定のプロバイダへこだわりがある方にとっては、デメリットになるでしょう。

なお、すでにSo-netを利用中のユーザーにとっては、利用中のSo-net情報(※ユーザーIDやメールアドレス)を、そのまま引き継ぐことが可能です。

↑目次へ戻る

デメリット6.代理店の勧誘・悪質なキャンペーン

NURO光悪質なキャンペーンに注意

ネット回線の申込みは、公式ページ、または代理店のどちらかを経由して行います。

基本的に、サービスの提供元が実施している公式ページでは、キャッシュバックなどの豪華特典がもらえるキャンペーンを行っていることはありません。

お得なキャンペーンを希望するのであれば、代理店を経由した方がキャッシュバックなどを貰えるチャンスは大きいでしょう。

しかし、NURO光に限らず、ネット回線を販売する代理店の中には悪質なキャンペーンを行っている窓口もあるため、申込みの際は注意しなければなりません。

悪質なキャンペーンの被害例


    • 高額なキャッシュバックを宣伝しているのに、全然貰えなかった

    • キャッシュバックの条件として有料オプションを複数加入させられた

  • 友人や家族など、加入者を紹介しないとキャンペーンの対象にならない

ヤバすぎ!!NURO光で3万円以上のキャッシュバックが危険な理由』でも解説していますが、NURO光のキャッシュバック相場は3万円ほどになりますが、代理店によっては信じられない金額を宣伝している窓口もあります。

高額すぎるキャンペーンを宣伝している代理店には、必ずハードルの高い特別な条件があると考えていいでしょう。

条件によっては、逆に損をしてしまうケースもあるため、キャッシュバックなどの特典だけで申し込み窓口を決めるのは危険です。

NURO光はキャンペーンに悩んだら公式が良いかも!

NURO光キャッシュバックキャンペーン

ネット回線の契約で高額キャンペーンを重視する方は多いでしょう。

一般的な光回線で豪華なキャンペーンを重視するのであれば、公式ページよりも代理店を利用する方がお得になります。

しかし、NURO光の場合、 So-net公式ページ にて、代理店にも劣らないトップクラスのキャンペーンを実施しているため、申し込み窓口に悩んだら公式ページを検討してデメリットはありません。

NURO光公式キャンペーン
  • キャンペーン
    45,000円キャッシュバック
    工事費無料 (実質)
    So-net 設定サポートサービス無料

  • 月額料金:4,743円

申し込みページ: 【So-net公式】NURO光

NURO光公式ページでは、新規申込みで45,000円のキャッシュバックが受けられます。

また、悪質な窓口にありがちな厳しい条件も無いため、インターネット初心者からも好評のキャンペーンです。

NURO光を提供しているSo-netと、申し込みについて直接やりとりが出来る安心感も大きいでしょう。

NURO光公式ページの申込みには、クレジットカードの登録が必要になります。

クレジットカード無しでNURO光を申込むには…』でも解説している通り、クレジットカードを使いたくない方は、代理店を経由する方法しかありません。

だた、上記でも解説した通り、代理店には悪質な窓口も存在するため、『少し不安だな…』という方も多いでしょう。

別記事『【2020最新】お得なNURO光キャンペーン比較!』では、厳しい条件などがないNURO光の優良代理店を紹介しているので、代理店を検討される方の参考になれば幸いです。

代理店の勧誘にも注意!

NURO光だけに限ったことではありませんが、インターネットサービス系の勧誘はとにかくシツコイことで有名です。
電話や訪問などで営業マンが勧誘を行っており、一度断ったと思っても数日後に同じ内容で勧誘が来る事も珍しくありません。

巧みな話術で申し込みをさせようとするので、申し込みだと気付かずにウッカリ申し込んでしまった方も多いでしょう。

また、このような勧誘活動を行っているのは基本的に代理店です。
例えば、NURO光であればSo-netが提供しているサービスですが、NURO光の勧誘を行っているのはSo-netではありません。

So-netが販売委託を行っている代理店が電話や訪問などで勧誘を行っています。
この代理店はSo-netとは全くの別会社なので、自分たちの勧誘活動でSo-netやNURO光の評判が悪くなっても気にしません。
しかも、勧誘を行っている営業マンには一定の結果を出すように代理店側が圧力をかけているので、どうしてもシツコイ勧誘を行ってしまうのです。

NURO光だけでシツコイ勧誘活動が行われている訳ではありませんが、申し込み時にこのような勧誘をされる可能性が高い点ではデメリットと言えるでしょう。

代理店からの申し込みが心配な方は、基本的にSo-net公式ページからの申し込みがお勧めです。
一般的な代理店窓口よりもキャッシュバック金額が高く、比較的お得に申し込みが出来ます。

NURO光公式キャンペーン
  • キャンペーン
    45,000円キャッシュバック
    工事費無料 (実質)
    So-net 設定サポートサービス無料

  • 月額料金:4,743円

申し込みページ: 【So-net公式】NURO光

デメリットあるけど…NURO光はココが凄い!

NURO光のメリットについて解説

ここまで、NURO光のデメリットになり得るポイントについて解説してきました。

ただ、注意しなければならないポイントもありますが、近年NURO光加入者が増加しているのは、デメリットを上回るほどのメリットを持っている証拠と言えるでしょう。

NURO光のメリットは大きく分けると3つになります。

NURO光5つのメリット

  • 通信速度が圧倒的に速い
  • 月額料金が他社光回線に比較して安い
  • ソフトバンクユーザーならセット割が使える
  • 無料のセキュリティソフトが付いてくる
  • 無料のWi-Fiルーター

1.通信速度が圧倒的に速い

上記でも解説していますが、NURO光の魅力は最大2Gbpsの高速通信です。

特に通信速度では、実測値においてもかなり高い数値が出ており、他社と比較しても圧倒的と言っていいでしょう。

NURO光と他社光回線との速度比較

▲各光回線の平均速度を集計したデータ
(1サービス100人分:合計300人分)

快適にネットが使える通信速度の目安は?』でも紹介していますが、日常的に楽しまれている、高画質動画の視聴やオンランゲームなど大容量のサービスには、平均100Mbpsほどの速度が理想的と言われています。

その基準で考えても、NURO光の平均速度は大幅にクリアしているため、快適にインターネットが楽しめる可能性が高いでしょう。


関連記事

2.月額料金が他社光回線に比較して安い

NURO光は、『速い』だけではなく、『安さ』にも定評があります。

月額料金においても非常に安い料金設定になっており、速度・料金の面でコスパが良いことでも人気です。

一般的に他社回線で1Gbpsサービスを利用する場合、月額5,000円程度かかってしまうのが相場です。
例えば、ソフトバンク光の戸建てタイプ1Gbpsでも月額5,200円、auひかりずっとずっとギガ得プランで月額4,900~5,100円となっています。

他社の光回線では、最大速度1Gbpsで平均5~6,000円ほど提供されいているのに対し、NURO光は月額4,743円で提供されているため、最大2Gbpsの速度を考慮するとかなり割安と言って良いでしょう。

料金もネット回線を選ぶ大事なポイントだね!

3.ソフトバンクユーザーならセット割が使える

携帯大手キャリアでは、自宅の固定回線とスマホ・携帯をまとめることでセット割引が適用されます。

セット割引が利用できた場合、契約中のプランや端末の数によっては大幅なコストダウンが可能になるため非常にお得です。

実は、ソフトバンクユーザーであれば、NURO光を契約しても全く同じセット割引が適用されます。

おうち割光セット

詳しくは別記事『ソフトバンク光だけじゃない!NURO光も"おうち割"でスマホがセット割』にて記載していますが、割引額は契約中のプランによって0~0円の割引が可能です。

また、NURO光と同じ住所で契約しているソフトバンク端末であれば、最大10台まで割引の対象になるため、ソフトバンク端末を複数利用している家庭では非常に大きな節約となるでしょう。

4.無料のセキュリティソフト

インターネットに接続している限り、ウイルスに感染するリスクは常に存在しています。
パソコンに限らずスマホやタブレット端末にも感染することが多いので、セキュリティソフトは必需品と言えるでしょう。

しかし、セキュリティソフトを購入すると一般的に1年間で5,000円近くの出費となります。
また、各プロバイダなどで月額版のセキュリティソフトも提供していますが、一か月に300~500円ほどかかるのが相場でしょう。

NURO光を提供しているSo-netでもカスペルスキーのセキュリティソフトを月額500円で提供スパンしています。

ただ、NURO光に申し込みした方に限りカスペルスキーが標準装備となっており、永年無料で利用することが可能です。

5.無料のWi-Fiルーター

自宅でWiFiを利用するためには必ずWiFiルーター(無線LANルーター)が必要となります。
しかし、WiFiルーターをお持ちでない場合、購入するしかありません。
また、古いルーターを利用している方は光回線にしても思ったような速度がでないことも多いでしょう。

WiFiルーターは購入する以外にも契約しているインターネット回線事業者からレンタルすることもできます。
しかし、レンタルする場合も料金がかかり、一般的に月額500円程度かかります。
年間にすると6,000円ほどかかる計算となるため、通信費の負担が上がってしまうのは避けられません。

NURO光の場合、家庭内機器であるONUに標準でWiFi機能が装備されています。
そのため、別途WiFiルーターを購入したり、レンタルする必要がなく、通信費を大幅に節約することが可能です。

↑目次へ戻る