1. ホーム
  2. 光コラボの契約・乗り換え準備
  3. 光コラボの通信速度

このサイトはアフィリエイト広告によって運営されています

光コラボの速度は遅いからやめておけ!?通信速度の平均を徹底調査

光コラボは遅い!?

光コラボは遅いからやめておけ!

光コラボは速度が出ないからおすすめしない!

そんな口コミがネット上では多数見受けられます。

その理由は、光コラボの通信速度が遅いことが大きいでしょう。

やっぱり光コラボは遅いの?

実はそんなことはないんです!

このページでは、光コラボが遅くなる原因と、どの光コラボが通信速度で実際に速い数字を出しているのか調べた結果を紹介しています。

これから光コラボの契約を考えている人も、すでに光コラボを使っていて速度が遅いことに悩んでいる人も参考にしてください。

関連記事
速い光回線ランキング!調べてわかった本当に速い回線

光コラボは速度が遅くなる理由とは?

光コラボが遅い理由

光コラボは、正式名称を「光コラボレーションモデル」といいます。
2015年から始まったサービスで、その種類は増加し、現在では600種類以上です。

光コラボが遅くなる理由は以下の点があげられます。

■光コラボが遅くなる理由

  • 同じ回線を利用している人が多過ぎる
  • IPv6の接続方式に対応していない
  • 回線ではなくパソコンやOSに問題がある

中でも、光コラボが遅くなる原因としてもっとも大きいのは、同じ回線を利用している人が多過ぎることで起きる遅延でしょう。

まずは、光コラボの基本を押さえて、遅くなる理由をはっきりさせていきましょう。

【保存版】正しい光コラボの申し込み方法&お得な光コラボ事業者ガイド

【基本情報】光コラボとは?

そもそも光コラボとはなんでしょうか。

光コラボの速度が遅くなる原因を知るためには、光コラボがどのようなサービスなのかを知る必要があります。

光コラボを理解する上で、重要なのは以下の点です。

NTT東日本よりフレッツ光などの提供を受けた事業者様が、自社サービスと光アクセスサービス等を組み合わせて、サービスをご提供するモデルを、「光コラボレーションモデル」といいます。

フレッツ光:光コラボレーション、転用とは

つまり光コラボはフレッツ光の回線設備を借りて展開しているサービスを指します。

代表的な光コラボとして、ドコモ光やソフトバンク光、So-net光などがありますが、すべてフレッツ光と同じ設備を利用しているわけです

光コラボの区分
光コラボ事業者ジャンル
主な光コラボ
プロバイダ
OCN光
ぷらら光
ビッグローブ光
エキサイト光
So-net光プラス
etc…
携帯キャリア
ドコモ光
ソフトバンク光
家電量販店・一般企業
ビック光
TUTAYA光
IIJ光
USEN光
DMM光
etc…

光コラボは、プロバイダや携帯キャリア会社などが提供しています。

料金やサービス内容、キャンペーンなどは各社ばらばらですが、使っている設備は同じだということを知っておきましょう。

光コラボが遅いのは利用者が多いことによるもの

光コラボが遅い大きな理由は、簡単に言えば利用者が多過ぎることによるものです。

現在、多くの人が光回線を利用していますが、フレッツ光と光コラボを合計した契約者数は2,100万件を突破しています。

これは、光回線サービスを利用する人の6割以上です。

フレッツ光と光コラボのシェア率
▲フレッツ光と光コラボのシェア率
出典(MMRI:ブロードバンド回線事業者の加入件数調査

これだけ契約者数が多いと、地域差もありますが、環境や時間帯によってはひどい速度遅延が起きる可能性があります。

また、マンションなどの集合住宅では1本の光回線を同じ建物に住む人と共有していることも多いです。

のようにみんなバラバラであっても、使われている回線は同じフレッツ光の光回線なので、速度が低下しやすいと言えるでしょう。

じゃあ、光コラボが遅くなるのは仕方ない?

IPv6に対応した光コラボならそんなこともないよ!

前述したように、光コラボは600種類以上あります。

各社が独自のサービスを行っているわけですが、中でも注目なのがIPv6の接続サービスです。

IPv6に対応したプロバイダであれば、混線しやすい場所を避けてインターネットの接続ができます。

ただし、注意点もあるのでしっかりチェックしましょう。

注意!IPv6に対応したプロバイダだからって安心できない!

よく、「IPv6にすることでインターネットが速くなる!」という宣伝を目にします。

しかしIPv6にしたからといってインターネットの速度が必ず早くなるわけではりません。

すこし専門的な言葉も出てきますが、ここは重要なことなのでしっかり押さえましょう。

IPv6は実際はどういうものなのか

IPv6というのは、IPv4だと枯渇してしまうIPアドレスを事実上、無限に増やせるネットワーク方式を指します。

IPアドレスというのは、インターネットに接続したパソコンやスマホなどの機器に割り振られた住所のようなものです。

このIPアドレスが割り振られないと、インターネットへと接続できません。

従来のIPv4のIPアドレスの振り分け方だと、あまりにもインターネットを利用するデバイスが多くなりすぎて、IPアドレスの数が足りなくなってきました。

その問題を解決したのが、IPv6です。

IPv6は、ほぼ無限にIPアドレスを割り振ることができる画期的なネットワーク方式だと言えるでしょう。

つまりIPv6にするというだけで、速度が速くなるわけではありません。

IPv6で使える接続方式を利用することで、速度が速くなるのです。

IPv4とIPv6で利用できる接続方式が違う

IPv6では、IPoE方式という接続方式とPPPoE方式という接続方式の2つで、インターネットを使うことが可能です。

従来のIPv4ではPPPoE方式でしか、インターネットを使うことができません。

つまり現在のところインターネットの接続は以下の3つにわかれています。

■インターネットの接続方式

このIPoE方式と、PPPoE方式が速度に差を生み出しています。

PoEEE方式だとインターネットを使う上で必ず通らなければいけなかった箇所を、IPoE方式では通らずに済むのです。

結果、混線を避けることができ、インターネットの速度も速くなります。

IPv6 IPoE
▲IPv6 IPoEのイメージ

プロバイダの中には、IPv6に対応していていても、接続方式がPPPoE方式であるところもあるので注意が必要です。

また、IPv6だけに対応していて、IPv4に対応していないプロバイダもあります。

本来、IPv6に対応したネットサービスはIPv6でしか、IPv4に対応したネットサービスはIPv4でしか接続のです。

いまはIPv4からIPv6に移行中ですので、IPv4にしか対応していないインターネットサービスもまだまだ多いと言えるでしょう。

そのため、IPv6だけに対応したプロバイダだと不便です。

なので、IPv4 over IPv6に対応したプロバイダを選ぶようにしましょう。

IPv4 over IPv6とは?

IPv4 over IPv6は、IPv6 IPoEのまま、IPv4にしか対応していないネットサービスを利用できるようにしたサービスです。

本来、IPv4にしか対応していないネットサービスは、IPv4 PPPoEでしか接続できません。

しかしIPv4 over IPv6であれば、IPv4での通信をルーターでIPv6に見せかけて通信を行うことができます。

IPv4 over IPv6
▲IPv4 over IPv6のイメージ

つまりIPv4対応のネットサービスであっても、IPv6対応のネットサービスであっても、混線する箇所を通ることなく高速通信が行えるわけです。

では、IPv4 over IPv6に対応したプロバイダが使えて、なおかつ速いと評判の光コラボはどこなのでしょうか。

【IPv4 ovre IPv6対応】光コラボの平均速度を徹底比較

光コラボ比較

IPv6に対応した代表的な光コラボの平均速度を比較してみましょう。

サービス名は回線によって違いますが、下記の表の光コラボはすべてIPv4 over IPv6に対応しています。

■光コラボの平均速度
回線 サービス名 平均速度
ソフトバンク光 IPv6高速ハイブリッド 242.16Mbps
ドコモ光 v6プラス 214.05Mbps
So-net光プラス v6プラス 252.04Mbps
ビッグローブ光 IPv6オプション 220.52Mbps
OCN光 IPv4 over IPv6 225.91Mbps
excite MEC光 IPv4 over IPv6 288.5Mbps

みんなのネット回線速度(2/9)より

インターネットの通信速度は30Mbps以上あれば、問題なく利用できると言われています。

100Mbps以上あれば、オンラインゲームなどをする人であっても、快適に利用できるでしょう。

オンラインゲームに最適なネット回線の選び方!速度やPing値から考察

表を見てもわかるように、光コラボは平均100Mbps以上が出ています。

もちろん、「光コラボが遅い!」と言う人が嘘をついているわけではなく、あくまでも表は通信速度の平均を示したものです。

もしも光コラボを利用して30Mbps以下しか通信速度が出ないようであれば、原因は回線の他にあるかもしれません。

後述する自分でできる!ネット回線速度の回線方法を参考に、速度改善を行ってみてください。

では、速度に定評があり、なおかつそのサービス内容の評判も良い光コラボを紹介していきます。

ソフトバンク光

ソフトバンク光
■ソフトバンク光の概要
月額料金
  • 戸建て:5,720円
  • マンション:4,180円
平気速度
  • 下り:242.16Mbps
  • 上り:165.51Mbps
セット割
  • Softbank
特典
  • 最大71,680円還元
申し込み

代理店: 株式会社STORY

ソフトバンク光は、Softbankが運営する光コラボです。

プロバイダはYahoo!BB一択ですが、IPv4 over IPv6に対応しています。

ソフトバンク光は、光BBユニット呼ばれる独自ルーターを使うことで、IPv4 over IPv6を利用することが可能です。

光BBユニット
▲ソフトバンク光で貸出を行っている光BBユニット

現在、ソフトバンク光を利用していて、「遅いな…」と感じる人は、この光BBユニットをレンタルしてみてください。

また、ソフトバンク光は、光コラボの中で、かなり豪華なキャンペーンを実施していることでも人気です。

光コラボのキャンペーンは、10,000円程度の還元額が相場ですが、ソフトバンク光は多くの窓口で30,000円以上のキャッシュバックを行っています。

ソフトバンク光は、公式窓口か代理店窓口から申し込みが可能です。

キャッシュバックなどのキャンペーンは代理店経由、とくに代理店ホームページからの申し込みがもっともお得でしょう。

■ソフトバンク光のキャッシュバック
窓口 キャッシュバック
STORY 40,000円
エヌズカンパニー 36,000円
NEXT 37,000円

中でも現在、もっとも還元額が高いのは、代理店の STORY からの申し込みです。

SoftBank光代理店STORY
  • キャンペーン
    合計最大71,680円還元
    新規:40,000円キャッシュバック
    転用:19,000円キャッシュバック
    初期工事費31,680円無料
  • 月額料金
    戸建て:5,720円
    マンション:4,180円

ソフトバンク光のキャンペーンはお得?

ドコモ光

ドコモ光
■ドコモ光の概要
月額料金
  • 戸建て:5,720円~
  • マンション:4,400円~
平均速度
  • 下り:214.05Mbps
  • 上り:174.32Mbps
セット割
  • docomo
特典
  • 最大35,000円キャッシュバック
  • dポイント2,000ptプレゼント
  • 高性能Wi-Fiルーター無料レンタル
申し込み

プロバイダ: GMOとくとくBB

現在、光コラボでもっとも速度が出ているとされているのがドコモ光です。

しかしドコモ光には大きな落とし穴があります。

ドコモ光は、20社以上あるプロバイダから1社を選択しなくてはいけません。

プロバイダによっては、前述したIPv4 over IPv6に対応していないので、速度低下の懸念があります。

速度の面も含め、ドコモ光のプロバイダでもっともおすすめできるのは GMOとくとくBB です。

GMOとくとくBBは、大手IT企業であるGMOが運営するプロバイダで、ドコモ光の中ではもっとも人気があるプロバイダのひとつだと言えるでしょう。

GMOとくとくBBは、速度へのこだわりが強いです。

公式ホームページ では、通信速度の全国平均を毎月公開していて、その数字が100Mbpsを切ることはありません。

GMOとくとくBBの全国平均
ドコモ光×GMOとくとくBBの公式ページ より

また、GMOとくとくBBはドコモ光を利用していて通信速度が100Mbpsを下回るようであれば、100円分のポイントを還元してくれます。

もしも多くの人が、100Mbpsを下回るようであれば、このようなポイント還元はできませんので、よっぽど通信速度に自信があるわけです。

ドコモ光×GMOとくとくBBキャンペーン
  • キャンペーン:
    10,000~100,000円キャッシュバック
    dポイント最大2,000ptプレゼント
  • キャンペーン期間:2024/5/1~2024/5/31
  • 戸建てタイプ月額料金:5,720円
  • マンションタイプ月額料金:4,400円

ドコモ光でGMOとくとくBBが選ばれる5つの理由!

So-net光プラス

So-net光プラス
■So-net光プラスの概要
月額料金
  • 戸建て:6,138円
    (2年間は4,378円)
  • マンション:4,928円
    (2年間は3,520円)
初期費用
  • 下り:252.04Mbps
  • 上り:195.12Mbps
セット割
  • auひかり
特典
  • 月額割引(2年間)
    戸建て:35,280円(総額)
    マンション:30,000円(総額)
申し込み

公式: So-net光プラス

So-net光プラスは、大手プロバイダであるSo-netが運営する光コラボです。

So-netはSONYのグループ会社で、電機メーカー系のプロバイダとしてはシェア1位を誇ります。

速度面はもちろん、サポート面にも定評があり、光コラボだけでなく、auひかりのプロバイダとしても人気です。

また、So-net光プラスは、auスマホとのセット割である「auスマートバリュー」が適用されます。

auスマートバリューは、auスマホ1台につき月額最大1,000円の割引がされるサービスです。

しかも契約者だけでなく、契約者の家族も割引の対象ですので、4人家族で全員がauスマホを利用しているのであれば、月額最大4,000円の割引が適用されます。

So-net光プラスは速度だけでなく、そのキャンペーン内容にも魅力的だと言えるでしょう。

月額料金を2年ものあいだ大幅に割引してくれ、その総額は戸建てタイプで35,280円で、マンションタイプで30,000円です。

■So-net光プラスの月額割引
  通常料金 割引後の料金
戸建て 6,138円 4,378円
マンション 4,928円 3,520円

光回線は一度契約したら滅多なことで解約しません。
すくなくとも2年間は使うという人は多いのではないでしょうか。

So-net光プラスは、光回線を利用する人のことをよく考えた特典を用意していると言えるでしょう。

So-net光プラス
  • キャンペーン
    50,000円キャッシュバック
    工事費分割引
  • 月額料金
    戸建て:6,138円
    マンション:4,928円

インターネットの速度はなにで決まる?

インターネットの速度はなにで決まる?

光コラボを含めた、インターネットの速度はなにで決まるのでしょうか。

実は原因は回線だけにあるわけではなく、以下の理由によっても変わってきます。

つまり回線を代える前に上記の原因を確認して、速度の改善ができないか試してみましょう。

案外、回線が原因でないことも多いです。

その上で、速度の改善が見られないようであれば、前述した代表的な光コラボの平均速度を徹底比較を参考に乗り換えを検討してみてください。

自分でできる!ネット回線速度の回線方法

それでは、具体的に回線を乗り換える以外でできるインターネットの速度改善方法を確認していきましょう。

■光回線が遅くなる回線以外の原因

  1. OSが最新のバージョンじゃない
  2. メモリがいっぱいで重くなっている
  3. パソコンの性能が低い
  4. セキュリティソフトが邪魔している
  5. Wi-Fiルーターの位置が悪い

【1】OSが最新のバージョンじゃない

OSが古いものだと、インターネットの速度が低下する場合があります。

できるだけ最新のものにアップデートしていくことが、この問題は解決するでしょう。

【2】メモリがいっぱいで重くなっている

インターネットだけでなく、パソコン全体の動作が重くなっているときは容量を確認しましょう。

とくにスマホを利用していて、写真などをデバイスに保存しているとあっという間にメモリがいっぱいになってしまいます。

また、使っていないアプリやソフトがあったらできる限りアンインストールして、メモリに余裕を持たせるようにしてください。

【3】パソコンの性能が低い

パソコンだけに限らず、スマホやタブレットでも同じことですが、性能が低ければそれだけインターネットの速度が遅くなる可能性があります。

また、古い機種などを使っていると、どうしても速度の低下が起きることも多いでしょう。

現在お使いのデバイスが買ってからどれくらい経っているかを確認して、長いあいだ使っているようであれば思い切って買い替えるのもオススメです。

【4】セキュリティソフトが邪魔をしている

セキュリティソフトは、インターネットを使っているあいだ起動しているソフトです。

ウィルスの感染などを抑制するためにも必要なソフトではありますが、インターネットの速度を遅くしていることがあります。

一度、セキュリティソフトを停止させてみて、速度が改善しないか試してみましょう。

もしも速度が改善されるようであれば、他のセキュリティソフトを検討してください。

また、セキュリティソフトは基本的には1デバイスに1種類です。

複数のセキュリティソフトが起動していると、競合してしまい、インターネットの速度低下を引き起こします。

【5】Wi-Fiルーターの位置が悪い

最近では、インターネットはWi-Fiでしか使わないという人も増えてきました。

光コラボのような固定回線を導入していても、LANケーブルでつなげることはせず、Wi-Fiルーターの無線機能のみを使っている人も多いでしょう。

その場合、Wi-Fiルーターの性能はもちろんですが、Wi-Fiルーターの位置も通信速度に大きく影響してきます。

基本的にWi-Fiルーターは、家の中心に置くことでまんべんなく電波を届けてくれるでしょう。

また、床に置くのではなく、床から1メートルほど高い場所に置くことで、より遠くへと電波を届けてくれます。

まとめ:光コラボが遅いのは本当か?

まとめ

光コラボは、フレッツ光が所有する設備を使った光回線サービスです。

利用者が多いことから、速度低下が起きやすいことがデメリットでしたが、最近ではIPv4 over IPv6が登場したことで、速度も速く安定している傾向にあります。

ただし、IPv4 over IPv6に対応していないプロバイダも存在しますので、光コラボを契約する際には確認をするようにしましょう。

また、ルーターがIPv6に対応したものでなくてはいけません。

多くのIPv4 over IPv6対応光コラボでは、ルーターの貸し出しを行っています。

月額無料から数百円と、レンタル料には幅がありますが、ストレスのないインターネット環境を手に入れるためにはかならず確認してください。

ここで紹介した光コラボは、どれも速度に定評がある光コラボです。

「どの光コラボが速いのかわからない…」

と、いう人は参考にしてください。

代表的な光コラボの平均速度を徹底比較をもう一度確認

関連記事
ADSLからの乗り換えでオススメの光回線 ADSLから光へ乗り換え!注意点と乗換え先にピッタリな回線を紹介 ADSLは従来のアナログ回線を使用しているため、通信速度が不安定な面があります。そのため、解約や光回線など他サービスへの乗り換えを検討している方も多いでしょう。ただ、ADSL...
excite光 BB.exciteの業界最安値を解説!エキサイト光の危ないワナ フレッツ光は月額料金が比較的高く、いかに料金を安く抑えるかがポイントとなります。BB.excite(BBエキサイト)はフレッツ光のプロバイダの中で最も月額料金が安いためフレッツ光に...
通信制限がない光回線 通信制限がない光回線ベスト3!固定回線を使えば速度制限から抜け出せる? ネット通信の通信制限に困っている方は多いでしょう。一定のデータ容量を使うと速度が大幅に制限されてしまいます。そんな場合、光回線であれば通信容量が無制限。基本的に速度制...
フレッツ光転用って大変?光コラボのメリットと転用の怖い注意点 フレッツ光は、日本で最大のシェアを誇る光ファイバーを利用したインターネットサービスです。NTT東日本と西日本が提供しており、提供エリアは日本全国の90%以上をカバーしていま...
U-NEXT光はオススメしません U-NEXT光の知られざる裏側|料金・速度・評判など U-NEXT光は動画サービスで有名なU-NEXTが運営している光回線です。U-NEXT光はフレッツ光などと比べると安いですが、割引が少ないなどのデメリットもあります。また、実はマニア向...