1. ホーム
  2. 光コラボの契約・乗り換え準備

U-NEXT光の知られざる裏側|料金・速度・評判など

あまり知名度は高くありませんが、U-NEXT光というサービスがあります。

U-NEXTといえば、動画見放題サービスを思い浮かべる人が多いでしょう。
実は、U-NEXTは光回線のサービスも行なっています。

U-NEXT光は、NTT光回線を利用して回線サービスを提供する「光コラボ」の一つです。

U-NEXT光の料金は、NTTが提供しているフレッツ光と比べると安いです。
また、フレッツ光からの乗り換え(転用)の際は、工事不要で乗り換えできます。

しかし、キャンペーンや割引が充実していないなどのデメリットもあります。
そのため、U-NEXT光よりも別の回線が合っている方も多いです。

この記事では、U-NEXT光のサービス詳細やデメリット、回線選びのポイントなどについて解説しました。

U-NEXT光とは?NTTの光コラボレーション!

U-NEXT光のロゴ
■U-NEXT光概要
項目 詳細
回線 NTT回線
プロバイダ U-Pa!
通信速度 最大1Gbps
IPv6非対応
月額料金 戸建:5,808円
マンション:4631円

U-NEXT光は、NTTと株式会社U-NEXTとの光コラボレーションモデル(略して光コラボ)です。

光コラボでは、NTTが保有している光回線を利用して他の事業者が回線サービスを提供しています。

他の光コラボ回線

ドコモ光、SoftBank光、So-net光、BIGLOBE光、nifty光、ぷらら光など

U-NEXT光でも、回線や設備はフレッツ光と全く一緒ですが、利用者が契約する会社は株式会社U-NEXTだけです。

U-NEXT光の特色は、U-Pa!というプロバイダを提供していることでしょう。
しかし、U-NEXT光ではU-Pa!以外のプロバイダも選択できます。

ちなみに、「U-NEXT光01」という別サービスも存在し、このサービスはUCOMという回線を使った集合住宅に特化したサービスです。

このページでは、光コラボレーションサービスの「U-NEXT光」について解説しています。

U-NEXT光の4つのメリット

U-NEXT光のメリット

U-NEXT光は、フレッツ光ユーザーからするとメリットのある乗り換え先です。
フレッツ光よりも月額料金が安く、工事不要で乗り換えることができるからです。

また、DOMMUNEやWEB ROOTなど、マニア向けのオプションが揃っています。

フレッツ光より月額料金が安い

U-NEXT光の料金は、光回線とプロバイダそれぞれの料金の合算です。

合計金額は、戸建なら5,808円、マンションなら4,631円で利用できます。

■U-NEXTの月額料金(2年契約)
項目 戸建 マンション
回線 4,620円 3,498円
プロバイダ
(U-Pa!)
1,188円 1,133円
合計 5,808円 4,631円

フレッツ光の回線料金は戸建だと5,940円、マンションだと4,125円です。
プロバイダ料金を加えると、戸建は6500円前後、マンションは4,800円くらいに落ち着きます。

比較すれば、U-NEXT光はフレッツ光より500円〜1,000円ほど安く利用できることがわかります。

ただ、他社の光コラボよりも安いかというと、そういう訳でもありません。

他の光コラボとU-NEXT光を以下の表で比較しました。

■月額料金比較
光回線 戸建 マンション
U-NEXT光 5,808円 4,631円
ドコモ光 5,720円 4,400円
ソフトバンク光 5,720円 4,180円
ビッグローブ光 5,478円 4,378円

若干ですが、U-NEXT光の月額料金は他社光コラボよりも高いです。

フレッツ光・光コラボからの乗り換えが簡単・安い!

U-NEXT光はフレッツ光・光コラボからの乗り換え(転用・事業者変更)が容易にできます。

転用や事業者変更の場合には、自宅にすでにNTT回線が引き込まれているため、工事不要で乗り換えできるのです。

工事費を支払うこともないので、通常26,400円する工事費を0円で乗り換えることができます。

高機能セキュリティソフトWEB ROOTが安く利用できる

WEB ROOTの公式HP
WEB ROOTの公式HP

U-NEXT光ではWEB ROOTというセキュリティソフトが月額550円利用できます。

WEB ROOTは日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、アメリカではかなり売れていて、高機能のセキュリティソフトとして有名です。

通常のセキュリティソフトの場合、危険か安全かの2択判定で、黒か白かのどちらかしか判定しません。

しかし、WEBROOTの場合、黒と白の判定の他に、危険とも安全とも判断が出来ない未知のウイルスの場合は「グレー」判定し動作を監視します。

少しでもおかしな動作をしたらすぐにブロックし、パソコンをウイルスの脅威から守る事ができます。

WEB ROOTは公式では年間7,920円なので、U-NEXT光では年間1,320円ほどお得に契約できます。

DOMMUNEのアーカイブが視聴可能に!(サービス終了)

DOMMUNEの公式HP
▲DOMMUNEの公式HP

DOMMUNEという、音楽や美術などの映像コンテンツをライブ配信しているWEBサービスがあります。

宇川直宏という有名な美術家が主催していて、サイト上で様々なカルチャーを発信しています。

このDOMMUNEがU-NEXT光と提携し、DOMMUNE光という光回線サービスを提供していました。

現在は、DOMMUNE光のサービスは終了していますが、契約するとDOMMUNEのアーカイブが視聴できるようになります。
回線サービス自体はU-NEXT光と何も変わりません。

DOMMUNEはファンから強い人気を獲得しています。
そのため、U-NEXT光の料金にプラスして550円かかりましたが、アーカイブ視聴を目的として契約する人も多かったようです。

DOMMUNE光のサービスは終了していますが、DOMMUNEそのものは継続して視聴することができるので、興味がある人はチェックしてみてください。

U-NEXT光のデメリットは3つ!

U-NEXTのデメリット

U-NEXT光には以下の3つのデメリットがあります。

携帯電話のセット割がない

大手キャリアでは以下のように携帯電話と光回線のセット割引を実施しています。

携帯電話一台につき毎月最大1,100円という、非常に大きな割引です。

そのため、基本的に大手キャリアの携帯を持っている方は携帯と回線をセットで契約するのが最もお得です。

■大手キャリアのセット割
キャリア 対象回線 セット割料金
au auひかり
So-net光プラス
ビッグローブ光
など多数
携帯1台につき
毎月最大1,100円の割引

docomo

ドコモ光

SoftBank ソフトバンク光
NURO光


例えば、家族含めて計5台契約していると、毎月5,500円の割引を受けることができます。

しかし、U-NEXT光は回線と携帯のセット割を実施していません。

これほど大きな割引を受けられないのは大きなデメリットでしょう。

ちなみに、U-NEXT光は以前はこの光回線とスマホのセット割引を実施していました。

U-NEXTはU-mobileという格安SIMを提供しています。
このU-mobileとU-NEXT光のセット割「U-NEXT光&スマホ コラボレーション」というのが存在しました。

しかし、既にU-mobileは新規受付を終了しており、現在はセット割もなくなっています。

初期費用や解約金が高い

U-NEXT光は、初期費用や解約金が他社より高いです。

U-NEXT光の初期費用と解約金は以下の通りです。

■U-NEXT光の初期費用・解約金
項目 料金 内訳
初期費用
(新規契約)
29,700円

手数料:3,300円
工事費:26,400円

解約金 16,500円

回線解約:11,000円
プロバイダ解約:5,500円

U-NEXT光は新規契約の場合、手数料と工事費合わせて29,700円の初期費用がかかります。

ただし、フレッツ光や他社光コラボからの移行の際には工事費がかかりません。
この場合、初期費用は事務手数料の3,300円のみです。

また、U-NEXT光の解約金は16,500円です。
解約金は2年毎の契約更新月以外の解約で発生します。

以下では、U-NEXT光の新規契約の初期費用と解約金を他社と比較しました。

■新規契約の初期費用と解約金
回線 初期費用 解約金
U-NEXT光 29,700円 16,500円
ドコモ光 3,300円 14,300円
SoftBank光 3,300円 10,450円
BIGLOBE光 3,300円 20,000円

初期費用も解約金も、他社と比べると高いことがわかります。

それにしても他社の初期費用が安いですよね。
わざと初期費用が安い回線だけを選んだと思われるかもしれません。

しかし、これには理由があります。

実は、光回線の会社の多くが、新規契約の際の工事費が無料になるキャンペーンを開催しています。

表中のU-NEXT以外の回線では、工事費無料のキャンペーンを行なっていて、初期費用が事務手数料のみになるのです。

一方で、U-NEXT光は工事費無料のキャンペーンがなく、工事費が満額請求されているため、高額な費用が発生します。

速度面では期待できない

U-NEXT光は速度の面でも遅くなる可能性が高いです。

その理由は、以下の2点です。

■U-NEXTが遅い理由

  • U-NEXT光はNTT回線を使うので混雑しやすい
  • プロバイダ U-Pa!はIPv6非対応

U-NEXT光はNTTの光回線を利用しています。

NTTの光回線は、他社光コラボでも利用されていて、圧倒的に利用者が多いです。
利用者の多いNTT回線は混雑しやすく、必然的に速度が遅くなる傾向にあります。

また、U-NEXTのプロバイダU-Pa!はIPv6という新しい接続方法に対応していません。

IPv6は、ネット接続時の混雑を防止するための新しい技術で、いまや多くのプロバイダがこのIPv6に対応しています。

しかし、U-Pa!は現在もIPv4という旧来の接続方法のままです。

回線、プロバイダ両方の側面から、U-NEXT光は速度面でもあまり期待できないでしょう。

U-NEXT光の評判はどうなの?

U-NEXTの口コミ

U-NEXT光の評判をTwitter上から調査しました。

DOMMUNEのアーカイブが観れることはファンにとっては非常にウケがいいようです。

逆に、回線サービス自体には、速度が遅い、料金が高いなどの評判が目立ちました。

U-NEXT光は他社回線と比べると割引が少ないため、高く感じる人が多いようです。

U-NEXT光への申し込み・解約方法

U-NEXT光への申し込みはU-NEXT公式HPから、解約は電話で手続きできます。

申し込み方法

新規の申し込みの場合は、まずU-NEXT光公式HPから「お申し込み」を押しましょう。

U-NEXT光の申し込み画面
▲U-NEXT光の公式HP

すると、以下のような文言が表示されるので、必要項目記入の上、、メールを送りましょう。


以下内容を記載の上、upa_info@unext.jp宛にメールくださいますようお願いします

・お名前
・フリガナ
・住所
・電話番号
・お問い合わせ内容

※お問い合わせのサービス「U-NEXT光コラボレーション」と本文に添えてください。


申し込みが完了すると、U-NEXT光から電話がかかってきます。

その電話で工事日などを決定し、工事が完了したらU-NEXT光を利用開始できます。

転用・事業者変更の場合

転用とは、フレッツ光から光コラボレーションサービスへ工事不要で移行することを指します。

また、事業者変更は光コラボから他の光コラボへ移行することです。

どちらの場合も工事が不要で、電話のみで契約できるというメリットがあります。

転用・事業者変更の場合は、U-NEXT光の申し込み前に、「承諾番号」を取得しましょう。

それぞれ、転用の場合は転用承諾番号、事業者変更だと事業者変更承諾番号と呼ばれます。

転用承諾番号はNTTから取得可能です。

取得できるページはNTT東日本・西日本それぞれで異なります。

■転用承諾番号が取得できる場所

ご自身の住所がNTT東西のどちらの管轄なのかは、NTT東日本、NTT西日本のサービス提供地域についてというページでわかります。

事業者変更承諾番号は現在契約している光コラボ回線に連絡すれば取得できます。

承諾番号を取得したあとは、U-NEXT公式HPから申し込みをしましょう。

U-NEXT光の解約方法

U-NEXT光は、U-NEXTカスタマーセンターで解約することができます。

以下の電話番号に連絡しましょう。

■U-NEXTカスタマーセンター

  • 番号:0120-010-987
  • 受付:11:00〜19:00(年末年始を除く)

解約の際には、工事費の残債と解約金がかかる場合があるのでご注意ください。

■U-NEXT光の解約で発生する費用
項目 料金 発生する条件
工事費残債 0~26,400円 分割支払いの工事費残債がある場合
解約金 回線:11,000円
プロバイダ:5,500円
2年毎の契約更新月以外の解約の場合

いま、オススメの回線はソフトバンク光

ソフトバンク光

ソフトバンク光もU-NEXT光と同じように光コラボです。

NTT東西の所有する光回線設備を利用している点では、U-NEXT光と同じですが、ソフトバンク光は料金と速度ともに定評があります。

■ソフトバンク光の概要
月額料金 戸建て:5,720円
マンション:4,180円
最大速度 最大1Gbps
ネットワーク方式 IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6
工事費 26,400円(実質無料)
セット割 Softbankスマホ
キャンペーン 最大37,000円キャッシュバック
申し込み 代理店STORY

ソフトバンク光を運営しているのは、Softbankです。
大手通信会社の強みを生かした光コラボで、最新のIPv6 IPoEに標準対応しています。

また、Softbankスマホとのセット割である「おうち割」が適用されるので、Softbankスマホをお持ちであれば、1台につき最大で月額1,100円の割引が適用されるのもうれしいです。

NTT東西の光回線設備を使っているので、全国の94%以上の地域で利用できます。
もしも、いま現在フレッツ光を使っているのであれば、工事をすることなくソフトバンク光に乗り換えることも可能です。

もしも工事が必要な場合は、26,400円の工事費がかかりますが、この金額は毎月の利用料に分割で換算され、同じ額だけ割引が適用されます。
つまり工事費は実質無料でソフトバンク光をはじめることができるわけです。

ソフトバンク光の工事費は実質無料
▲ソフトバンク光の工事費は実質無料

ソフトバンク光は、公式窓口か代理店窓口から申し込みをおこないます。
公式窓口は、あまり豪華なキャンペーンを実施していないので、申し込みをおこなう際は代理店窓口を利用しましょう。

代理店の中には、見かけ上、豪華なキャンペーンをやっているように見せかけて、実際には有料オプションへの加入が必要なことがあります。

「キャンペーンが豪華そう」

と、いう理由だけ申し込みをおこなうのは注意が必要です。

もしもソフトバンク光を申し込むのであれば、 代理店STORY からの申し込みが良いでしょう。

キャッシュバック金額も高額で、有料オプションに加入しなくてはいけないなどの条件も一切ありません。

安心してソフトバンク光を申し込みすることができます。

SoftBank光代理店STORY
  • キャンペーン
    新規:最大63,400円キャッシュバック
    転用:最大16,000円キャッシュバック
  • 月額料金
    戸建て:5,720円
    マンション:4,180円

まとめ U-NEXT光がオススメな人はあまり多くない

U-NEXT光は、月額料金が安く、フレッツ光や光コラボから簡単に乗り換えできます。

しかし、以下のようなデメリットがあり、多くの人にオススメできる回線ではありません。

  • 回線と携帯電話のセット割がない
  • 初期費用が高い
  • 速度が期待できない

一方で、WEB ROOTが安く利用できるといったメリットがないわけではありません。

ただ、結果としては、U-NEXT光が最適となる人は限られてくるでしょう。

逆に、ソフトバンク光はフレッツ光よりも安く、それでいて最新のネットワーク形式であるIPv6 IPoEに対応しています。

U-NEXT光と同じNTT東西の光回線設備を使ってはいますが、料金も速度も好評です。
また、Softbankスマホとのセット割である「おうち割」が適用される点も、人気がある理由だと言えるでしょう。

代理店STORYからソフトバンク光の申し込みを行うと、いまなら最大で37,000円のキャッシュバックがもらえるのでオススメです。

SoftBank光代理店STORY
  • キャンペーン
    新規:最大63,400円キャッシュバック
    転用:最大16,000円キャッシュバック
  • 月額料金
    戸建て:5,720円
    マンション:4,180円

関連記事
DTIのキャンペーン徹底解説!回線別のキャッシュバックや特徴とは? DTIのキャンペーン徹底解説!回線別のキャッシュバックや特徴とは? DTIが行っているキャンペーンについて解説しています。DTIは、auひかりやフレッツ光、ドコモ光などと提携しているプロバイダです。回線によって異なるキャンペーンを行っているた...
excite光 BB.exciteの業界最安値を解説!エキサイト光の危ないワナ フレッツ光は月額料金が比較的高く、いかに料金を安く抑えるかがポイントとなります。BB.excite(BBエキサイト)はフレッツ光のプロバイダの中で最も月額料金が安いためフレッツ光に...
光コラボは遅いのか?通信速度の平均を徹底解説 光コラボの速度は遅いからやめておけ!?通信速度の平均を徹底調査 光コラボが遅いと言われている理由はなんでしょうか。このページでは、光コラボとはなにかを説明した上で、速度に関して「なぜ遅くなるのか」「速くするにはどうしたらいいのか」...
MEC光公式ページ excite(エキサイト) MEC光はキャンペーンが無い?お得に申込む方法を調査 excite MEC光ではキャンペーンが実施されておらず、キャッシュバックなどは貰えません。またIPv6未対応のエキサイト光でもキャンペーンはないのです。このページではエキサイト光...
U-NEXT光はオススメしません U-NEXT光の知られざる裏側|料金・速度・評判など U-NEXT光は動画サービスで有名なU-NEXTが運営している光回線です。U-NEXT光はフレッツ光などと比べると安いですが、割引が少ないなどのデメリットもあります。また、実はマニア向...