1. ホーム
  2. インターネット回線の比較

【マンション】人気光回線ベスト5!数万円得するキャンペーン情報も!

マンションで光回線を契約する場合、様々なサービスとプランがあります。

例えば、有名なNTTフレッツ光だけで見ても、料金プランは複数あるため、自分はどのサービスを利用すればベストなのか迷ってしまいます。

また、インターネットなどで検索した場合、戸建て向けのプランを紹介している窓口が多いため、魅力的な内容でもマンションでは対象外でガッカリしてしまうといった事もあるでしょう。

このページでは、マンションで光回線を契約する際の注意点や、おススメの光回線とキャンペーンを伝授します。

マンション光回線おすすめランキング
 
回線
キャッシュバック金額
スマホセット割
1位
auひかり
最大52,000円
※NNコミュニケーションズ
au
2位
NURO光
45,000円
※NURO光公式
softbank
3位
ソフトバンク光
36,000円
※NEXT
softbank
4位
ドコモ光
最大20,000円
※GMOとくとくBB
docomo
5位
ビックローブ光
35,000円
※アウンカンパニー
au

 

光回線マンションプランの工事などに関する豆知識

戸建てとマンションでは、光回線の工事内容が大幅に違います。

戸建てタイプの場合、自宅近くの電柱から光ファイバーケーブルを引込み、自宅の中まで通す工事になります。

マンションタイプの場合、建物に備わっている光回線の設備によって工事内容に違いがでます。

マンションタイプの光回線の設備は大きく分けると2種類です。


    • VDSL方式…
      各部屋までは、既存で通っている電話線を利用して光信号を送る方式です。
  • 光配線方式…
    各部屋までは電話線ではなく、新たに光ファイバー線を通して光信号を送ります。

2つの方式で異なるポイントは、各部屋までの配線が電話線(アナログ回線)なのか、光ファイバーかという点です。

また、VDSL方式の場合、おおもとの配電盤を作業する程度になるため、工事が比較的簡単な内容になりますが、電話線を通じてインターネットを利用するため、速度低下が起きる可能性があります。

逆に、光配線方式は各部屋まで引き込むため工事の作業時間は掛かってしまいますが、光ファイバー線を使って信号の送受信をするため、速度は安定します。

それぞれの方式で、メリット・デメリットが分かれますが、入居するマンションの設備次第で利用できる方式が決まるため、『こっちを使いたい!』といった希望はできません。

事前に確認したい場合は、マンションの不動産や大家に聞くのが良いでしょう。

また、入居する部屋に『光コンセント』という差込口がある場合は工事不要で光回線が利用できる可能性が高いです。

▲光コンセント画像

光回線の契約前に抑えておくべき3つのポイント

光回線を提供している事業者は数多くあります。

そのため、契約する際に『自分にはどこがピッタリなんだろう…』と悩んでしまう方も多いでしょう。

インターネットを契約をする場合、注目すべきポイントは3つあります。

■契約前に注目すべき3つのポイント


    • 月額料金&スマホ・携帯セット割

    • 通信速度

  • キャンペーン

1.月額料金&スマホ・携帯セット割

インターネット利用するうえで月額料金は大切です。

毎月の家計に関わる部分になるので、少しでも安く、出費を抑えたいと思うのは当然でしょう。

光回線の場合、戸建てタイプよりマンションタイプの方が割安の料金設定になっています。

提供している事業者によって月額料金は多少上下するのでチェックは必要ですが、注目すべきはスマホ・携帯とのセット割が利用できるかという点でしょう。

利用中の携帯キャリアとセット割が可能な光回線だった場合、スマホ・携帯が1台あたり1,000~2,000円ほど料金が安くなる可能性があります。

また、家族全員でまとめるなどした場合、月々の出費をかなり節約できてしまうのです。。

2.通信速度

せっかくインターネットを契約しても、遅くて使いものにならなければ意味がありません。

また、近年ではオンラインゲームや高画質動画のストリーミングなど、データ容量の大きいサービスが増えているため、通信速度が遅いとストレスを感じてしまう場面が多くなってしまいます。

一般的な光回線は、最大速度1Gbpsで提供しているところがほとんどですが、最大速度が同じでも契約する事業者によって実測値は変わります。

ありがちなケースとしては、『知らない会社だけど安かったから…』という理由で契約してしまい、いざ利用すると速度が非常に遅いといった事例です。

料金も大切ですが、使い勝手の面では通信速度は重要でしょう。

通信速度の実測値の目安については『インターネットの速度はどの程度あれば快適?速度の目安徹底ガイド!』を参考にしてみてください。

なお、オンラインゲームユーザーには『オンラインゲームのラグ解消法!快適なネットゲの通信速度の目安』で、オンラインゲームにピッタリの光回線を紹介しています。

3.キャンペーン

光回線を提供する事業者は、申し込み特典として様々なキャンペーンを行っています。

同じサービスを契約しても、窓口によっては数万円レベルで特典に差が出てしまう場合があります。

そのため、申し込み時のキャンペーン比較は重要です。

ただ、高額なキャンペーンを宣伝している窓口の中には、キャンペーンの適用条件が厳しく、条件を満たさなかった場合はかなり金額が減ってしまうことが多々あります。

また、特典の受け取り手続きを複雑にして、特典の受け取り忘れを狙っているといった窓口もあるため、条件などの詳細はしっかり確認するべきでしょう。

マンションタイプおススメ光回線ランキング

上記では、インターネットを契約する際のポイントについて解説しました。

ここでは、マンションでオススメのインターネット回線を各社比較をして紹介します。

マンション光回線おすすめランキング
 
回線
キャッシュバック金額
セット割
1位
auひかり
最大52,000円
※NNコミュニケーションズ
au
2位
NURO光
45,000円
※NURO光公式
softbank
3位
ソフトバンク光
36,000円
※NEXT
softbank
4位
ドコモ光
最大20,000円
※GMOとくとくBB
docomo
5位
ビックローブ光
35,000円
※アウンカンパニー
au

1位:auひかり

auひかりは、KDDIが独自に提供している光回線です。

最大速度は1Gbpsになるため、一般的な光回線と同じですが、独自のネットワーク網でインターネットを提供しているため、通信速度の低下が起きにくくなっています。

そのため、インターネット利用者が集中する混雑時でも安定した速度で楽しめるので、多くのユーザーから高い評価を受けているサービスです。

auひかりはキャンペーンとセット割がお得

他社の光回線では、キャッシュバックキャンペーンの相場は平均30,000円前後です。

マンションの場合、さらに金額が下がる窓口もあり、なかなかお得なキャンペーンが見つからないことがあります。

しかし、auひかりのキャンペーンには最大45,000円のキャッシュバックを行っている窓口もあり、マンション対象のキャンペーンとしては破格の金額を受け取ることが出来ます。

また、auユーザーの場合、セット割であるスマートバリューが適用されるため、934円~最大2,000円まで割引することができます。

割引額は、契約しているスマホ・携帯のデータ通信プランの容量で上下しますが、同世帯の家族であれば、最大10台まで割引が適用できるので、auユーザーが多い家庭ではかなり節約できるでしょう。

auひかりオススメ窓口

NNコミュニケーションズ
  • キャンペーン:
    ネットのみ:45,000円キャッシュバック
    ネット+電話:52,000円キャッシュバック
    (マンションタイプは上記から5,000円減額)
  • キャンペーン期間:2020/12/1~2020/12/31
  • 戸建てタイプ月額料金:4,900~5,100
  • マンションタイプ月額料金:3,800

auひかりを申し込むには、公式ページまたは代理店からの2種類の方法があります。

しかし、公式ページではキャッシュバックなどのキャンペーンを行っていません。

せっかくauひかりを申し込むのであれば、代理店から手続きしたほうがお得にスタートできるでしょう。

auひかりの代理店は、多くの窓口が高額なキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

ただ、窓口によっては不要なオプションサービスが必須だったり、月額料金が高くなってしまうなど損をしてしまうことがありがちです。

数多くある代理店のなかでもNNコミュニケーションズは、代理店トップクラスのキャッシュバック金額が受け取れます。

キャッシュバックキャンペーンを行っている窓口では、戸建てプランよりマンションプランの方が減額される仕組みなっています。

NNコミュニケーションズでも戸建てプランの方が金額は大きく、最大で52,000円のキャッシュバックですが、なんとマンションプランでも最大45,000円のキャッシュバックを受取ることができるのです。

また、厳しいキャンペーン条件などは一切なく、キャッシュバックを受け取るための面倒な手続きも必要ありません。

キャッシュバックは、最短1ヵ月後に受取りが可能となるので、早めにキャッシュバックが欲しいとう方にも非常に人気の代理店です。

2位:NURO光

NURO光は、SONYの子会社であるSo-netが提供しています。

世界最速と言われる最大2Gbpsの通信速度をが1番の魅力です。

また、実測値でも高い数値が計測されているため、速度重視の多くのユーザーから支持を得ています。

月額料金は4,743円になるため、マンションの料金としては少し割高ですが、将来的な面からも『次世代型インターネット回線』とも呼ばれ、スペックの高さは圧倒的です。

NURO光公式ページ

ソフトバンクユーザーならセット割OK

NURO光は、ソフトバンクユーザー対象の『おうち割 光セット』というセット割が使えます。

auのスマートバリュー同様にスマホ・携帯のデータパックプランの容量に応じて変わり、割引額は500~1,000円となっています。

同じ住所であれば、最大10台まで割引が可能となるので、複数台ソフトバンク端末があるようであれば非常にお得になるでしょう。

NURO光おススメ窓口

NURO光公式キャンペーン
  • キャンペーン
    45,000円キャッシュバック
    工事費無料 (実質)
    So-net 設定サポートサービス無料

  • 月額料金:4,743円

NURO光は、公式ページまたはNURO光代理店で申し込みが可能です。

ただ、多くのNURO光代理店では、オプションサービスの申し込みが必須となり、月額料金が高くなってしまう場合があります。

それでは、せっかく高額なキャッシュバックを受け取っても意味がなくなってしまうでしょう。

NURO光の申し込みは基本的に代理店を通さずSo-netの公式ページからの申し込むのがおススメです。

NURO光公式ページでは、インターネットの申し込みだけでも、無条件で45,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。

さらに、NURO光を提供しているSo-netと直接契約を交わせる安心感が大きいため、申し込み者が非常に多い人気の窓口です。

3位:ソフトバンク光

ソフトバンク光は、ソフトバンクが提供する光コラボになります。

ソフトバンク光の通信速度は最大1Gbpsになりますが、RBB SPEED AWARD(速度の速い回線に年に1度贈られる賞)で、2015年と2016年に2年連続受賞した実績もあり、光コラボの中でも速度が安定していることで有名です。

また、フレッツ光利用者であれば簡単な手続きだけで変更が出来る『転用』も可能になります。

セット割はもちろん、キャンペーンもお得

ソフトバンクユーザーは、スマホ・携帯のセット割である『おうち割 光セット』が適用できます。

契約しているデータ通信(パケット通信)プランによって、500~1,000まで割引が適用され、さらに家族分(最大10台まで)割引が可能です。

また、光コラボ提供している事業者の中には、キャンペーンは行っていても新規申し込みでしかキャンペーン対象にならないことが多くあります。

しかし、ソフトバンク光には、新規・転用のどちらでもキャンペーンの対象となる窓口があるため、非常にお得な内容でスタート出来るのです。

ソフトバンク光おススメ窓口

ソフトバンク代理店NEXT
  • キャンペーン
    新規:33,000円キャッシュバック
    転用:15,000円キャッシュバック
    手続き不要
    最短翌々月振り込み

  • 月額料金
    戸建て:5,200円
    マンション:3,800円

ソフトバンク光の申し込みは公式ページと代理店の2つの窓口から選べます。

ただし、公式ページではキャッシュバックなど直接的な特典がないため、キャンペーン内容としてはお得とは言えません。

ソフトバンク光代理店の中で高い人気を誇る代理店NEXTは、新規申し込みの場合0円、さらに転用の場合でも0円のキャッシュバックが受け取れるのです。

また、余分なオプションサービスへの加入といった、キャッシュバックに対する特別な条件もありません。

インターネットだけの申し込みも対象となるので、『キャッシュバックが欲しい!』という方は、代理店NEXTからの申し込みがお得です。

4位:ドコモ光

ドコモ光は、NTTドコモがNTT東・西より光回線をレンタルして提供している光コラボです。

光コラボは通常プロバイダと回線事業者が一体型になったサービスになりますが、ドコモ光は20社ほどの中から、プロバイダを選べるという仕組みが特徴になっています。

ドコモ光は2つのセット割

ドコモユーザーが、ドコモ光を契約した場合、2種類のセット割引が適用される場合があります。

1つは、auやソフトバンクと同じく、携帯・スマホのデータ通信プラン(パケット通信)がプランによって500~3,500円割引される『ドコモ光セット割』です。

そしてもう1つは、4年以上ドコモ携帯・スマホを利用している方が対象となる『ずっとドコモ割プラス』になります。

これは、利用年数と利用プランによって割引額が変わり、割引額は200~2,500円までと、かなり幅があります。

利用年数が長く、データプランも容量が大きければ、それに比例して割引も大きくなる仕組みですが、2つの割引が適用される場合はお得になる可能性が高いでしょう。

ドコモ光おススメ窓口

ドコモ光×GMOとくとくBBキャンペーン
  • キャンペーン:
    6,000~20,000円キャッシュバック
    dポイント最大2,000ptプレゼント
  • キャンペーン期間:2020/12/1~2020/12/31
  • 戸建てタイプ月額料金:5,200円
  • マンションタイプ月額料金:4,000円

GMOとくとくBB は、大手企業のGMOインターネットが運営するプロバイダです。

GMOとくとくBBでは、ドコモ光のネット申込みに加えてオプションを同時加入することでキャッシュバック金額が増えていく仕組みです。

適用条件 キャッシュバック
ドコモ光(2年定期契約プラン)

ひかりTV for docomo(2年割)

DAZN for docomo
20,000円
ドコモ光(2年定期契約プラン)

ひかりTV for docomo(2年割)
18,000円
ドコモ光(2年定期契約プラン)

DAZN for docomo
15,500円
ドコモ光(2年定期契約プラン)のみ 6,000円

DAZN for docomoなど、人気の映像サービスに加入することでキャッシュバックは増額し、最大で20,000円までキャッシュバック金額が跳ね上がります。

GMOとくとくBBはドコモ光のキャンペーンに最も力を入れており、キャッシュバックもドコモ光の中では最高レベルの金額が受取れるため非常にお得です。

また、『ドコモ光×GMOとくとくBBが選ばれる理由』でも解説していますが、GMOとくとくBBのキャンペーンではv6プラスに対応した高性能のWi-Fiルーターの無料レンタルが可能です。

そもそもGMOとくとくBBは、通信速度100Mbpsを切らないという、速度保証を設けているほど通信速度に力を入れているプロバイダになります。

速度重視のユーザーからも高い信頼を得ているGMOとくとくBBは、キャンペーンと通信速度の両方の面で、非常におススメのプロバイダと言えるでしょう。

5位:ビックローブ光

ビックローブ光は、ドコモ光やソフトバンク光同様、NTT設備を使った光コラボの1つです。

また、ビックローブ光の最大の特徴はauひかりと同じスマートバリューが利用できる点になります。

スマートバリューは、元々auスマホ・携帯とauひかりの組み合わせで適用される割引でしたが、ビックローブはKDDIグループのプロバイダになるため、NTTの光コラボではありながらプロバイダ経由でauのスマートバリューを可能にしました。

そのため、今までauひかりは提供エリア外でフレッツ光しか利用できないエリアのauユーザーでも、ビッグローブ光に乗り換えることでセット割が可能になります。

『auスマホ使ってるけど、auひかりが使えない!』といった方には、auひかりの代替案として、セット割も適用されるのでオススメです。

ビックローブ光おススメ窓口

ビッグローブ光代理店アウンカンパニー
  • キャンペーン
    新規:25,000円キャッシュバック
    転用:10,000円キャッシュバック
    新規工事費無料

  • 月額料金
    戸建て:4,980円
    マンション:3,980円

auユーザーには非常にお得度の高いビックローブ光ですが、申し込み窓口が複数あります。

その中で 代理店アウンカンパニー 新規・転用のどちらでもキャッシュバックキャンペーンを行っている優良な窓口です。

キャッシュバック金額は新規35,000円、転用10,000円となり、光コラボのキャンペーンでは高額な還元をしています。

また、最短で開通した2ヶ月後に現金が振り込まれるので、かなり早い時期に受取れるのもメリットの1つです。

もちろんスマートバリューも適用されるので、auユーザーには非常にオススメでしょう。

関連記事
eo光とモバイルWi-Fiの費用比較 eo光とモバイルWi-Fiの費用を徹底比較!どっちがどれだけお得なのか eo光とモバイルWi-Fiの費用は比較すると、どっちがどれだけお得なのでしょうか。eo光は関西エリア限定の光回線サービスで、速度が安定して速いと定評のある光回線です。一方、モバ...
インターネット契約のポイントとは?料金・速度・キャンペーンを比較 インターネットを契約する際、これまではプロバイダと回線事業者を契約する必要がありました。現在はどちらもセットになった光コラボなどのサービスが主流であり、重要となるのは...
モバイルWifiとテザリングを比較 スマホのテザリングは危険?モバイルWiFiの代わりに使える? 外出先でパソコンなどでネットを使うには、スマホのテザリングとモバイルWi-Fiという2つの方法があります。どちらもWi-Fiで利用するという点では同じサービスに見えますが、テザリ...
インターネットの速度の目安 インターネットで快適な速度の目安はどのくらい?遅い時の原因と対処方法 インターネット回線の速度がどのくらい必要か大まかな目安を調査しました。近年、動画やオンラインゲームなどで大容量の回線が必要になってきています。このような場合、50Mbps~1...