PUBGがラグいときの改善策を徹底解説!回線速度よりもPing値が重要

PUGBのラグを回避するための最適な環境づくり

今回は人気のバトルロワイヤルゲーム「PUBG」がラグい時の対処方法を解説しました。

PUBGは数あるオンラインゲームの中でも重い方、つまるラグが発生しやすい言われています。

通信環境や利用端末のスペックによっては、ラグが多すぎて思ったより楽しめなかったという人もいるでしょう。

こんな状態の人はネット環境やスペックが不足している可能性が大です。

このページで、PUBGのラグを解消して、快適に楽しむための対処方法を、大きく以下の2つにわけて解説しました。

  1. 通信環境
  2. スペック

ぜひ快適なプレイ環境を手にれてください。

PUGBがラグい時の改善方法

PUGBのラグいときの対処法

それではPUGBがラグい時にとるべき対処方法を見ていきましょう。

主なラグ改善の方針は次の2つです。

■PUGBのラグ改善は


  1. 通信環境を見直す
  2. 端末のスペック不足がないかチェック

PUGBはPC版だけでなくiOS・Androidのモバイル版やPS4版・Xbox One版がリリースされています。

PS4版やXbox版はゲーム機のスペックに合わせて作られているので、ラグいときは大抵通信環境が問題です。

一方、PC版やモバイル版のPUGBは他のゲームより要求スペックが高いため、通信環境に加え端末のスペック不足も考慮する必要があります。

PUGBのラグ対処法1:通信環境を見直す

通信環境を見直す

PUGBのラグ対処法として、まずは通信環境を見直していきましょう。

「光回線だから大丈夫!

と思っている人もいますが、光回線でもPing値が大きいと酷いラグが発生している可能性もあります。

Ping値について詳しくしりた人はこちらから

PUGBに必要な通信速度・Ping値は?

PUGBのプレイ中に必要な通信速度は、実は10Mbpsあれば十分です。

それより大切なのはPing値で、ラグをまったく感じなくするには15ms以下にする必要があります。

参考までにゲームジャンル別の推奨Ping値を一覧にすると次の通りです。

■ゲームジャンル別の推奨Ping値
15ms以下
FPS/TPS/格闘などの繊細な対人戦がメイン
(PUBG、FORTNITE、スプラ、APEX、ストファ、スマブラなど)
30ms以下
MOBA、シューティングなどの対人戦がメイン
(LOL、DOTA、GTAなど)
50ms以下
MMORPG/MORPGなど育成や対CPUがメイン
(PSO2、FF14、黒い砂漠、ラグナロクオンライン、MHWなど)
100ms以下
将棋、囲碁、TCGなどラグが気にならないゲーム
(Hearthstone、Shadowverseなど)

ネット回線が光回線でも、プロバイダや宅内の通信機器の状態によってはPing値が遅く、ラグの原因になっているかもしれません。

なお、Ping値は通信相手のサーバーによっても大きく変動します。

国内で配信されているPUGBは、基本的に東京サーバーや韓国サーバーに接続されますが、速度測定サイトでPing値が1桁の環境でもプレイ中のPing値は20〜35msになることが多いです。

逆に言えば、速度測定氏とで20~25msよりPing値が遅いなら、Ping値を改善しないと不利になるでしょう。

通信の改善策(1):Ping値が小さいネット回線に乗り換える

Ping値を改善する1番手っ取り早い方法は、ネット回線を「速い回線」に乗り換えることです。

既に光回線を利用しているという人も、Ping値を今まで気にしていないならPUBGやFPSには向いていない回線かもしれません。

現にネット回線の乗り換えだけで「全然ラグがなくなった!」という声も多いです。

ただし、ネット回線の乗り換え先は厳選する必要があります。

適当に乗り換えると、

「ネット回線を変えたのにまだラグい…」

なんてこともあり得るでしょう。

現時点でオンラインゲーム向けの通信速度が速くてPing値が小さいネット回線でおすすめは次の3つの光回線です。

■オススメ光回線3選 
回線 特徴

NURO光

最大速度2Gbps
e-sportsの大会で採用

45,000円キャッシュバックNURO光公式ページ の場合

詳細はこちら

auひかり

独自回線網で高速化
夜間・休日などの混雑時に強い

総額85,784円の割引プロバイダSo-net の場合

詳細はこちら

ドコモ光

IPv6高速に標準対応
光コラボ人気NO.1

最大20,000円キャッシュバックプロバイダGMOとくとくBB の場合

詳細はこちら

NURO光は回線速度もPing値もピカイチなので、ゲーマーから圧倒的な人気を得ています。

NURO光
▲CMでもおなじみの NURO光

ただし、NURO光の提供エリアは限られています。

もしもNURO光の公式ページでエリア検索をしてみて、対応していなくても、auひかりやドコモ光なら、かなり快適なゲーム環境になるでしょう。

各回線の特徴やお得な申込み窓口については後述するPUBGを快適にプレイできるおすすめネット回線で解説していますので、参考にしてください。

通信の改善策(2):Wi-Fiルーターが古いなら買い換える

PCやスマホをWi-Fi接続している人も多いでしょう。

今利用しているWi-Fiルーターはいつから使っているものでしょうか。

Wi-Fiルーターは1度繋ぐと24時間ずっと稼働させる機器です。

そのため、3〜4年使っていると思った以上に経年劣化で処理能力が落ちてきます。

Wi-Fiルーターは劣化するもの▲3年継続利用していているなら要チェック!

Wi-Fiルーターの処理能力が落ちるとパケットロスが起きやすいです。

結果的にPing値がかなり大きく(遅く)なる原因になります。

パケットロスって?


パケットロスとは名前の通り、送受信する信号(パケット)が相手に届かずに消失すること。パケットロスが発生すると同じ内容の通信を再度行う必要があり、結果的にPing値が倍以上になることも。

ここ最近のルーターは高性能なCPUを搭載したものばかりです。

最近買い替えていない人は新しいWi-Fiルーターにするだけで改善する見込みが大きいでしょう。

ちなみに口コミでも古いルーターを使っている人はPUBGのプレイに難が出ています。

ゲーミングルーターではなくても、1万円前後のモデルで十分改善します。

お使いのWi-Fiルーターが古い方は買い替えも検討してみてください。

ルーター選びに自信がない人はこちらから

通信の改善策(3):LANケーブルで接続してみる

PCやPS4をWi-Fi接続で利用していてラグが発生する場合、LANケーブルで有線接続にすると大幅に改善する可能性があります。

Wi-Fiの電波は家電から発する電波や近隣の方が利用するWi-Fiの電波に干渉されて低速化することがあ多いです。

また、電波干渉が酷いとパケットロスも頻繁に起きてしまいます。

有線接続なら電波干渉が原因なら改善するので、試してみる価値は大いにあるでしょう。

なお、LANケーブルにはカテゴリー(規格)があるので、古いLANケーブルでは改善しないことがあります。

LANケーブルの規格

有線接続にしても問題ないなら、最大速度と帯域に優れているカテゴリー6a以上のLANケーブルを試すようにしてください。

■LANケーブルのカテゴリと速度

カテゴリー

通信速度

伝送帯域

カテゴリー7

最大10Gbps

600MHz

カテゴリー6A

最大10Gbps

500MHz

カテゴリー6

最大1Gbps

250MHz

カテゴリー5e

最大1Gbps

100MHz

カテゴリー5

最大100Mbps

100MHz

オンラインゲームに最適なLANケーブルはこちらから

PUGBのラグ対処法2:端末がスペック不足ではないかチェック

端末のスペック不足?

PCやスマホでPUGBをプレイしている方は、利用している端末がPUGBの動作環境を満たしているかチェックしましょう。

とくにネットワーク環境は問題ないのにラグいという人の多くは、PCやスマホのスペック不足が原因です。

すこしスペックが不足しているだけなら画質を下げて対応できます。

しかし、できれば推奨環境以上のスペックで快適にプレイしたほうが良いでしょう。

PC版PUBGの動作環境

PC版のPUBGのメーカー公式サイトには最低動作環境しか掲載されていません。

Steamには推奨環境も公開されていますが、最低動作環境と比べると、かなり要求スペックが高くなります。

推奨スペックを満たさないとPUBGの快適なプレイは難しいでしょう。

■PC版PUBGの動作環境

 

最低動作環境

推奨動作環境

OS

Windows7/8.1/10(64bit)

CPU

Intel Core i3-4340
AMD FX-6300

Intel Core i5-6600K以上
AMD Ryzen5 1600以上

メモリ

6GB

16GB以上

ビデオ
カード

NVIDIA GeForce GTX660 2GB
AMD Radeon HD7850 2GB

NVIDIA GeForce GTX1060 3GB以上
AMD Radeon RX580 4GB以上

DirectX

バージョン11

容量

30GB以上の空き容量

回線

ブロードバンドインターネット接続

流石にFF15のように鬼のような要求スペックではありません。

しかし推奨環境を満たすならそれなりのパソコンが必要です。

CPUやメモリ要件は最近のミドルレンジモデルなら大抵クリアしています。

しかしメーカー製パソコンだとグラフィック要件を満たすものはまずないでしょう。

自作やBTOパソコンなら、3〜4年前で20万円前後で組んだモデルなら恐らく問題ありません。

今から自作・BTOパソコンで推奨動作環境を満たすなら、大体15万円前後のモデルならPUBGを快適にプレイできます。

モバイル版PUBGの動作環境

App StoreやGoogle PlayストアでのPUGBの動作環境は次の通りです。

■PUGBモバイルの動作環境

 

対応OS

iPhone

iOS 9.0以降

Android

Android 4.3以降

こうして対応OSだけを見ると、結構古い端末でも利用できそうに感じます。

現にApp StoreではiPhone 5s以降が対応とされています。

かなり古いスマホでも大丈夫そうな表示ですが、実際はiPhone 5sやiPhone 6で使ってみると、カクカクしてゲームになりません。

加えてバッテリー劣化しているため、SoCのフル回転に耐えられずにアプリや端末が強制終了することも多いようです。

何機種か試してみましたが、iPhone 7以降、Xperia XZ1以降でないと少しキツい感じがしました

利用している端末がiPhone 6sやiPhone SE、2017年以前のAndroidの場合、スペック不足でラグくなる可能性が高いと考えて良いでしょう。

スペック不足でラグい時の対処法は?

PUBG

PCやスマホがスペック不足の場合、対処法は次の2つだけです。

■スペック不足の場合の対処法


  1. 推奨スペック以上の端末に買い換える
  2. 画質設定を落としてプレイする

基本的には新しい端末を用意するのが1番良い解決方法だと言えるでしょう。

新しい端末を用意する余裕がないなら、画質設定を落としてなんとか使うという選択肢もあります。

ただ、このジャンルのゲームは画質を落とすと目視での索敵が遅れる等、他プレイヤーより少し不利にです。

負け込むと全然楽くないので、できれば新しい端末を手に入れて快適にプレイしてください。

PC版の対処1:ゲーミングPCを手に入れる

ゲーミングPC

PCで快適にPUBGをプレイするためには、グラフィックカードを搭載した自作PCが基本です。

「自作はちょっと自信がない…」

という人は、BTOパソコンメーカーで必要スペックを満たしているモデルを購入すれば問題ありません。

参考までに著者がよく見るドスパラとFrontierで購入するなら次のモデルがおすすめです。

■おすすめBTOパソコン

販売店

ドスパラ

Frontier

モデル

GALLERIA XT

GKシリーズ

OS

Windows10(64bit)

CPU

intel Core i7-10700

intel Core i7-9700F

メモリ

16GB

16GB

ビデオ
カード

NVIDIA GeForce GTX 1660 SUPER 6GB GDDR6

NVIDIA GeForce
RTX2060 SUPER 8GB

容量

512GB NVMe SSD

SSD1TV NVMe SSD
+HDD2TB

価格

129,980円

164,800円

詳細

商品ページ

商品ページ

上記の構成ならPUBGをプレイする上でスペック不足でラグくなることはまず無いでしょう。

BTOパソコンは結構カスタマイズが効きますが、よく分からない方は上記の構成を参考にしてください。

PC版の対処2:画質設定を変更

新しいPCを用意するのが難しい場合は、PUBGの画質設定を落としてすこしでもラグを少なくしましょう。

設定項目はたくさんありますが、差し当たり次の項目を調整するとラグが軽減される可能性があります。

■PUBGの画質設定項目
設定項目 設定内容
ディスプレイモード フルスクリーン
インゲームでのFPS上限 60FPS
スムーズフレームレート 無効にする
レタリングスケール 100
アンチエイリアシング 非常に低い
ポストプロセス 非常に低い
シャドウクオリティ 非常に低い
テクスチャ 非常に低い
エフェクト効果 非常に低い
植生 非常に低い
描画距離 非常に低い
鮮明度 無効にする
垂直同調 無効にする
モーションブラー 無効にする

画質設定項目は非常に多いので、差し当たり上記の設定にして適宜変更していくと良いでしょう。

上記設定でもなお重いという場合は、完全にスペックが間に合っていないので早めにPCを買い替えを検討してください。

モバイル版の対処1:新しいスマホに買い換える

iPhone SE(2020)

PUBGをプレイするスマホがiPhone 7以前のモデル、具体的には2016〜2017年モデルを利用しているなら、思い切って新しいスマホに買い換えるのがスペック不足解消の1番の方法です。

「新しいスマホは高い…」

と躊躇する方もいるでしょうが、最近では2020年モデルのiPhone SEなど「高スペック・低価格モデル」も登場しています。

■おすすめ高コスパスマホ

モデル

価格

詳細

iPhone SE

49,280円~

Apple Store

ZenFone 6

76,450円

ASUS Store

とくに2020年モデルのiPhone SEはiPhone 11 Proと同等の処理能力を有しています。

ディスプレイが有機ELではなくシングルカメラですが、PUBGを快適にプレイするのが目的ならコスパ最強の1台だと言えるでしょう。

モバイル版の対処2:画質設定を変更

PUBGの画質設定

PUBGモバイルでも多少は画質設定で動作の高速化が可能です。

ただ、PC版より圧倒的に設定項目が少ないので、変更後もラグが改善しない可能性もあるので気休め程度かもしれません。

■PUBGモバイルの画質設定
設定項目 設定内容
クオリティ スムーズ
フレーム設定
アンチエイリアス 無効

クオリティはスムーズに設定し、その上でフレームレートを設定します。

体的なfpsは表示されませんが、プレイした感じでは「中」は30fps程度でしょうか。

アンチエイリアスはディスプレイの解像度によっては変化が分かりにくいのですが、無効にした方が若干軽くなる程度のものです。

PUBGを快適にプレイできるおすすめネット回線

PUBGにおすすめネット回線

最後にPUBGを快適にプレイしたい方におすすめの「Ping値が速い」ネット回線を3社紹介します。

今回の記事の初めの方でもお伝えしましたが、PUBGがラグい時の原因の多くはPing値が遅いことが原因です。

こんな方はおすすめネット回線に乗り換えて、家のネットワーク環境を改善していく方向でラグを克服しましょう。

■プロゲーマーが推奨する光回線

\第1位/
NURO光


  • 特殊な通信規格を採用し最大2Gbpsを実現
  • eSportsの試合で使用される信頼度の高さ
  • 45,000円キャッシュバック
    NURO光公式ページ の場合

詳細

\第2位/
auひかり


  • KDDI独自のネットワーク網で高速化
  • 夜間・休日などの混雑時に強い
  • 総額85,784円の割引
    プロバイダSo-net の場合

詳細

\第3位/
ドコモ光


詳細

有名どころばかりですが、この3社のいずれかを利用すればネット回線・プロバイダが原因でラグに悩まされる可能性は低いと言えるでしょう。

【第1位】NURO光

NURO光
■NURO光の概要
最大速度 最大2Gbps
実測値

平均速度
下り:459.94Mbps
上り:428.72Mbps

平均Ping値:12.1ms

※直近3ヶ月の平均値(1/20)
みんなのネット回線速度より」

月額料金 5,217円
(戸建てマンション共通)
特典 45,000円キャッシュバック
申し込み NURO光公式ページ

NURO光の口コミ


  • NURO光にしてノンストレスなゲームライフ
  • 結局、最強回線はNURO光だった
  • NURO開通により回線強者になりました。

NURO光は「ゲーマー用ネット回線」

NURO光の回線速度は最大2Gbpsです。

一般的な光回線より速い速度が売りのネット回線だと言えるでしょう。

スペック値の速さに伴い実効速度も速く、当サイトの調査では100人平均501.9Mbpsと驚異の速度を叩き出しています。

各会社の通信速度平均▲代表的な3つの会社の通信速度平均

また、Ping値も1桁の報告が大量にあり、まさに「ゲーマー向け」の光回線と言えるでしょう。

PUBGだけでなく、オンラインゲームをプレイする方でNURO光の提供エリア内なら真っ先に導入したいネット回線です。

マンションでネット回線が遅い人にもピッタリ

マンションに住んでいる方の多くは、

「マンションは光でも遅い」

と思っているのではないでしょうか?

マンションだとラグが発生しやすい▲マンションだとラグが発生しやすい

実は、マンションのほとんどは、光回線を契約しても物件内は電話配線を利用した「VDSL方式」を採用しています。

VDSL方式では最大100Mbpsまでしか出せず、さらにマンション内で分岐されるので速度が遅くなりやすいのです。

しかし、NURO光はマンションでも各部屋まで光ファイバーでの配線がされ、戸建てと同じく最大2Gbpsの超高速回線が引き込まれます。

お住まいのマンションがNURO光に対応しているなら、乗り換えるだけで十中八九速くなるわけです。

最近対応した物件も結構あるので、マンションでNURO光以外を利用している方は提供エリア検索をしてみてください。

NURO光のエリア検索は こちら から

NURO光は最大45,000円キャッシュバック!

NURO光は公式サイトや代理店で様々な申込み特典を用意しています。

特典内容は申込み窓口によって異なりますが、キャッシュバックからゲーム機プレゼントまであり、迷ってしまうでしょう。

結論から言えば、現時点ではNURO光の公式サイトが代理店よりお得な45,000円キャッシュバックを行っています。

NURO光公式ページ
NURO光 なら高額キャッシュバック!

公式ページ: NURO光公式ページ

NURO光の特典・キャンペーンについて知りたい人はこちらから

【第2位】auひかり

auひかり
■auひかりの概要
最大速度 最大1Gbps
実測値

平均速度
下り:364.88Mbps
上り:306.41Mbps

平均Ping値:17.77

※直近3ヶ月の平均値(1/20)
みんなのネット回線速度より」

月額料金 戸建て:5,390円~
マンション:4,180円~
特典 月額料金の大幅割引
戸建て:総額85,784円割引
マンション:総額78,120円割引
申し込み So-net光(auひかり)

auひかりの口コミ


  • auひかりになってから快適PUBG生活送ってます
  • auひかりめっちゃ強いじゃないですか…
  • auひかりにした。人少ないから超速い。

auひかりは独自回線だから速度・Ping値が速い

auひかりはKDDIの独自回線を利用し、通信速度の快適性に定評のあるネット回線です。

独自回線なので、ネットが遅くなる最大の要因である「混雑」を回避しているのが特徴だと言えるでしょう。

当サイトで調査した平均速度も368.29Mbpsと非常に高速で、Ping値も1桁〜10台前半が狙えます。

速度測定の結果はNURO光に劣ってしまいますが、PUBGやオンラインゲームをプレイするには十分過ぎるスペックのあるネット回線です。

プロバイダや代理店のキャンペーンが強力

auひかりは代理店の非常に多いネット回線です。

独自キャンペーンがかなり強力で、各社さまざまな競争をしています。

とくにキャッシュバックが豊富で、 GMOとくとくBB など人気代理店は最大61,000円と超高額キャッシュバックを展開中です。

ただ、ここ最近は So-net の月額料金割引の方が総合的なお得度は高くなっています。

■auひかり申し込み窓口
窓口 特典
So-net 月額大幅割引(総額)
戸建て:85,784円
マンション:78,120円
GMOとくとくBB キャッシュバック
戸建て:51,000円
マンション:41,000円
アシタエクリエイト キャッシュバック
一律:45,000円
NNコミュニケーションズ キャッシュバック
戸建て:45,000円
マンション:45,000円

比較表を見てわかるように、いま1番お得にauひかりを申込むなら So-net だと言えるでしょう。

キャッシュバック目当てなら GMOとくとくBB で申込むのがオススメです。


キャンペーンページ: auひかり×So-net

auひかりのキャンペーンの最新情報についてはこちらから

【第3位】ドコモ光

ドコモ光
■ドコモ光×GMOとくとくBBの概要
最大速度 最大1Gbps
実測値

平均速度
下り:276.97Mbps
上り:213.39Mbps

平均Ping値:22.65ms

※直近3ヶ月の平均値(1/20)
みんなのネット回線速度より」
※GMOとくとくBBの場合

月額料金 戸建て:5,720円
マンション:4,400円
特典 最大20,000円キャッシュバック
申し込み GMOとくとくBB

ドコモ光の口コミ


  • ドコモ光遅くないじゃん!PUBGサクサクじゃん!
  • PUBGの13GBくらいあったアプデも7~8分で終わる
  • フレッツ光からドコモ光に変えたら夜でもネトゲできる

ドコモ光は光コラボNo.1人気!

ドコモ光は、現時点で1番人気の高い光コラボです。

通常の光コラボはプロバイダが選べないのに対し、ドコモ光はフレッツ光プロバイダがそのまま利用できます。

さらに提携しているプロバイダの約半数がフレッツ系光回線で1番速い「IPv4 over IPv6」に対応しています。

速度重視の方でも安心して使えるのも大きな理由だと言えるでしょう。

また、ドコモ光はフレッツ光と同じ回線なのでほぼ日本全国の90%以上の地域で利用可能です。

NURO光やauひかりが提供エリア外という方は、ドコモ光を検討してみてください。

速くて人気のGMOとくとくBBはキャンペーンも強い!

ドコモ光はIPv4 over IPv6対応のプロバイダが多いとお伝えしましたが、中でも GMOとくとくBB がとくに速度への強いこだわりがあります。

■GMOとくとくBBのメリット


  • 実際の利用者の平均速度を公開している
  • 他プロバイダより高性能なWi-Fiルーターが無料レンタル
  • 最大20,000円のキャッシュバック

GMOとくとくBBは公式サイト 内で、実際に利用しているユーザーの平均速度を公開しています。

GMO平均速度公式ホームページ で実測平均を公示している

この公開データも随時更新され、大体1〜2ヶ月の統計が表示されるのでかなり信頼性が高いデータだと言えるでしょう。

また、Wi-Fiルーターレンタルは多くのプロバイダが行っていますが、GMOとくとくBBは他プロバイダより1つ上位のモデルが届きます。

ドコモ光×GMOとくとくBBで無料でレンタルされているルーターの全情報

PUBGのラグ対策として速度、Ping値を重視するなら、すこしでもルーターの性能が良い方がうれしいです。

最大20,000円のキャッシュバックに加え、普通に買ったら1万円前後のルーターがレンタルされます。

結果、ドコモ光を申込むなら GMOとくとくBB 一択と言って良いでしょう。

注意点としては、光コラボ系のキャッシュバック金額はちょくちょく変更が起きることです。

現在はGMOとくとくBBがもっともお得なので、オススメなのですが、迷っているうちにキャッシュバックが消滅していたなんてこともありますので早めの申し込みが吉です。


キャンペーンページ: ドコモ光×GMOとくとくBB

ドコモ光×GMOとくとくBBの詳細はこちらから

PUBGがラグい時の対処法まとめ

PUBGラグ対処まとめ

今回は人気のバトルロワイヤルゲーム「PUBG」がラグい時の対処を解説しました。

PUBGのラグの原因は様々ですが、主な対処は次の5つです。

■PUBGのラグ対処


  1. Ping値の小さなネット回線に乗り換える
  2. Wi-Fiルーターを新しくしてパケットロスを無くす
  3. PCやゲーム機はLANケーブルでの有線接続
  4. スペックが十分なPC・スマホに買い換える
  5. 買い替えできないなら画質設定を落とす

PCやスマホの買い替えはすぐに難しいかもしれませんが、上記5つの対策でほぼラグとは無縁に慣れるでしょう。

PUBGのラグに悩んでいる方は、ぜひ今回の対処を参考にサクサク快適プレイでキルを稼ぎまくってください。

関連記事
マンションでオンラインゲームを快適にプレイするためには マンションでオンラインゲームにオススメのネット回線をズバリ公開! マンションでオンラインゲームをプレイしている方の中には、通信速度で悩んでいる方も多くいるでしょう。基本的に、マンションで1本の光回線を複数で共有しているため、通信速度が...
ゲーム配信にオススメのネット回線はどこか? ゲーム・動画の配信が楽しくなるネット回線を厳選!おススメは… ゲームや動画の配信サービスを利用している方は年々増えてます。ただ、配信者はしっかりとしたネット回線や環境作りをしていないと、画面が止まったり、通信が切断するなどでスト...
shigeru 【重要】オンラインゲームのラグはLANケーブルの種類で激変する!? オンラインゲームをLANケーブルで接続してプレイしている方は多いでしょう。ただし、LANケーブルはすべて同じものではなく、カテゴリという規格で分かれています。このページでは...
Switchが快適に遊べる光回線 Switchを快適にする光回線はどれ?情報強者が選ぶオススメ回線を公開 2017年に発売されたニンテンドースイッチは、非常に人気のあるゲーム機器で、ネットにつなげることでオンラインゲームを楽しむことができます。オンラインゲームには、Switchに限...
ドコモ光はゲームをするのに最適なのか ドコモ光でゲームをするのは無理!?ポイントはプロバイダの選び方! ドコモ光はゲームをするのに最適な光回線だと言えます。ただし、20社以上あるプロバイダの中から最適なプロバイダを選ばなければいけません。このページでは、ドコモ光でゲームを...