1. ホーム
  2. ドコモ光
  3. ドコモ光の速度

ドコモ光はIPv6で速い?速度の秘密と速度重視派におすすめのプロバイダ

今回は、ドコモ光を契約する際に知っておきたいIPv6について解説します。

ドコモ光のプロバイダは一通りIPv6に対応していますが、実は接続方式の違いで速度は全く異なります。

ここでIPv6についての知識と速いプロバイダをチェックして、ドコモ光を快適に使えるようにしてください。

ドコモ光が対応している「IPv6」とは?

ドコモ光

IPv6とは、インターネット接続に関する約束事となる「インターネットプロトコル バージョン6」の略です。
インターネットが始まった頃からずっと利用されているIPv4のIPアドレスが枯渇したことで、本格的に利用が始まっています。

現在はIPv4からIPv6への過渡期なのでどちらも利用できますが、通信速度を快適にするならIPv6を利用した方がいいでしょう。

IPv4はIPアドレス枯渇で遅くなりやすい

IPv4では、約43億個のIPアドレスが発行できます。
世界の人口は約70億人なので、IPv4アドレスが43億個では世界全体の人口より圧倒的に足りません。

加えて最近はスマホやゲーム、IOT機器などインターネット接続するデバイスが爆発的に増えてしまいました。

その結果、IPv4アドレスは完全に枯渇状態になってしまったのです。

IPアドレスが足りない状況では、プロバイダが各利用者へIPアドレスを適宜割り振りしています。

身近な物で例えると、家のWi-Fiルーターを例に考えるといいでしょう。

Wi-Fi接続しているスマホが1台の時より、家族で4〜5台接続した時の方が速度が遅くなってしまいます。
これと同じように、IPv4のIPアドレスはプロバイダが複数のユーザーに割り振っているので、常に通信が混雑して遅くなりやすい状態です。

夜中や明け方は快適なのに夕方〜夜間は遅いと感じている方は、もしかするとIPv4で接続しているのが原因になっているかもしれませんね。

ドコモ光の速度はどれくらい?ベストなプロバイダの選び方教えます! ドコモ光はNTTdocomoが運営している光コラボです。「光コラボって遅いんでしょ?」と、思われがちですが、ドコモ光の速度は実際のところどうなのでしょうか。このページでは、ドコモ光の速度についてまとめました。また、速度にこだわりたい人にむけてベストなプロバ...

IPv6はIPアドレスがほぼ無限

IPv6はIPアドレスがほぼ無限

一方、IPv6アドレスは、約340澗(340兆×1兆×1兆)個ものIPアドレスが発行できます。

これだけのIPアドレスがあるので、事実上は無限にあると考えられるでしょう。

つまり、IPv6はIPv4のように、IPアドレスの枯渇が原因で遅くなる心配をしなくていいのです。

また、IPv4は接続方式がPPPoE接続しかありませんでしたが、IPv6はPPPoE接続に加えてIPoE接続やIPv4 over IPv6接続があります。

IPv6の接続方式について

  • PPPoE接続:プロバイダで認証が必要で速度が遅い
  • IPoE接続:IPv6相手の通信は速いがIPv4相手は遅い
  • IPv4 over IPv6接続:IPv6相手もIPv4相手も共に速い

接続方式についての詳細はこの後解説しますが、IPv6を利用する場合はプロバイダの対応状況で速度が変わることは押さえておきましょう。

■IPv6についてまとめ

  • IPv4はIPアドレスの枯渇で混雑していて遅くなりやすい
  • IPv6はIPアドレスが事実上無限にあるので遅くなりにくい
  • IPv6はプロバイダの対応している接続方式によって速さが変わる
  • 速さ重視ならIPv4 over IPv6接続に対応したプロバイダがおすすめ!

IPv6のメリットとデメリットは?

IPアドレスのメリット・デメリット

続いてIPv6を利用することのメリット・デメリットを見ていきましょう。

IPv6はIPv4のデメリットを改善したものではありますが、IPv4からの過渡期なので多少なりとデメリットもあります。

IPv6の4つのメリット

IPv6の主なメリットは、次の4つです。

■IPv6のメリット

  • IPアドレスが実質無限にある
  • 通信速度が速くて快適
  • 標準で暗号化されている
  • IPoEやIPv4 over IPv6は面倒な設定が不要

それぞれについて解説していきます。

IPアドレスが実質無限にある

先の解説の通りIPv6はIPアドレスが約340澗個と、実質無限に発行できるメリットがあります。

利用者としての視点では、IPアドレスが無限にあることで速度が遅くなる心配が少ないのが嬉しいポイントでしょう。

一方、Webサイトやサーバー運営などのWebサービスを運営する場合も、IPv6なら固定IPアドレスが取得しやすいのは大きなメリットと言えます。

通信速度が速くて快適

IPv6のメリットの2つ目は、やはり通信速度が速いことでしょう。

IPv6が特別速いというよりは、IPv4にはIPアドレス枯渇による混雑やPPPoE接続しかないといった、遅くなる要素が多かったとも言えます。

IPv6ならIPアドレスがほぼ無限で、IPoE接続やIPv4 over IPv6接続が使えるプロバイダを選べば、サービス提供側の問題で速度が遅くなることはまずありません。

標準で暗号化されている

IPv6では、IPsecという暗号化を標準で搭載しているのもメリットでしょう。

IPsecは通信の暗号化をすることで通信の安全性を高めてくれます。

IPv4でもSSL通信で暗号化されていますが、個人ブログ等は暗号化されていないのも珍しくありません。
こうしたセキュリティが低いWebサイトでも、IPv6なら安心して利用できると考えていいでしょう。

一方、IPv6ではEnd To Endの通信を重視し、パソコンやスマホ等の固有IDであるMacアドレスを元にIPアドレスを取得しています。

その結果、外部にIPアドレスが漏れると、簡単に端末の特定ができてしまう側面があります。

そのため、IPv6にセキュリティ標準搭載ではあるけど、パソコンやスマホのウイルス対策・セキュリティ対策を疎かにしていいという訳ではないのです。

特に固定IPアドレスを利用していてネットやSNSに画像投稿が多い方は、ネットの速度測定結果画面やパソコンの設定画面など、IPv6アドレスが写ったスクショをうっかりアップロードしないようにしましょう。

IPoEやIPv4 over IPv6は面倒な設定が不要

IPv6では、IPoEやIPv4 over IPv6などIPv4の頃には無かった通信速度の速い接続方式が加わっています。

この2つの接続方式は対応するWi-Fiルーターを用意する必要がありますが、ドコモ光開通後にWi-Fiルーターを配線するだけで自動的に設定が書き込まれます。

パソコンやスマホでネットの接続設定をするのが不安な方にとって、面倒な設定が省略できるのは嬉しいポイントでしょう。

さらに、IPoEやIPv4 over IPv6に対応したプロバイダの多くは、対応Wi-Fiルーターを無料レンタルしてくれます。

速度が快適になるだけでなく設定も不要になるので、IPv6を利用するならIPoEやIPv4 over IPv6対応のプロバイダを選ぶようにしましょうね!

ドコモ光のIPv4 over IPv6対応おすすめプロバイダをチェック

IPv6の3つのデメリット

IPv6は現在対応サービスが増えている過渡期なので、主なデメリットは互換性の問題になります。

IPv6のデメリット

  • IPv4との互換性が無い
  • ルーターやデバイスでの対応が必要
  • IPv6はIPアドレスが長くなる

上記の3つの項目についてもチェックしてみましょう。

IPv4との互換性が無い

IPv6の最大のデメリットは、IPv4との互換性が無いことです。

こちらがIPv6に対応していても、通信相手のWebサイト等がIPv4の場合は、結局IPv4で通信することになります。

現在インターネット上にあるWebサイト・WebサービスのIPv6に対応状況は約50%と言われています。
つまり、まだまだIPv6非対応のWebサイトやWebサービスが多いのです。

プロバイダがIPv4 over IPv6接続に対応していれば、IPv4相手でも強制的にIPv6を通るので快適になります。

一方、IPoE接続やPPPoE接続のプロバイダを選ぶと、IPv4相手では通信速度が変わらない可能性が高いので十分注意しましょう。

ドコモ光のIPv4 over IPv6対応状況をチェック
ドコモ光のIPv4 over IPv6対応おすすめプロバイダをチェック

ルーターやデバイスでの対応が必要

IPv6を利用する際は、家の中のネットワーク環境から通信相手のサーバーまで、全てIPv6対応機器になっている必要があります。

パソコンやスマホ、Wi-Fiルーターは、ここ4〜5年のモデルはIPv6に対応済みです。

しかし、それ以前の機器を利用している場合はIPv6に対応しているか確認した方が良いでしょう。

また、v6プラスなどのIPv4 over IPv6接続を利用する際は、対応したWi-Fiルーターが必要です。

とはいえIPv4 over IPv6に対応しているプロバイダの多くは、対応Wi-Fiルーターの無料レンタルがあるので問題ありません。

Wi-Fiルーターの無料レンタルが無いプロバイダを選んだり、無料レンタルモデルより性能の高いWi-Fiルーターが欲しい場合には、別途Wi-Fiルーターを購入する必要があるので覚えておきましょう。

ドコモ光のIPv4 over IPv6対応状況をチェック
ドコモ光のIPv4 over IPv6対応おすすめプロバイダをチェック

IPv6はIPアドレスが長くなる

IPv6のIPアドレスは、IPv4のIPアドレスより圧倒的に桁数が多くなります。

■IPアドレスの例

  • IPv4:192.168.1.1
  • IPv6:2001:0db8:85a3:0000:0000:8a2e:0370:7334

こうして見ると、IPv6のIPアドレスはIPv4アドレスより3〜4倍ほどの桁数があります。

固定IPアドレスの用途によっては、複数のIPアドレスを把握しなければいけない場合もあるでしょう。

このIPv6のIPアドレスが非常に長いことは、固定IPアドレスを使う方やWeb関連の開発者の方にはデメリットになるかも知れません。

IPv4 over IPv6やv6プラスについて

IPv4 over IPv6やv6プラスについて

続いてドコモ光でIPv6が簡単に利用できる「v6プラス」をはじめとしたIPv4 over IPv6接続について見ていきましょう。

ここまでの解説でも触れた通り、ドコモ光のプロバイダは一通りIPv6に対応しています。

しかし、プロバイダが対応しているIPv6の接続方式によって、通信速度の速さに違いが生まれてしまうでしょう。

結論から言うと、ドコモ光を契約するならIPv4 over IPv6に対応したプロバイダを選ぶのが1番快適に使えます。

■IPv6の接続方式について
接続方式 IPv6の
相手の速度
IPv4の
相手の速度
IPv6 PPPoE 遅い 遅い
IPv6 IPoE 速い 遅い
IPv4 over IPv6 速い やや速い

IPv6 PPPoE接続は1番遅い接続方式

PPPoE接続はIPv4でも利用されている接続方式で、光回線が始まった当初から利用されています。

このPPPoE接続では、インターネットに接続する際にプロバイダでの認証が必要です。

どんなWebサイトに訪問するにもプロバイダに寄り道しないといけないので、目的のWebサイトまでの距離が長くなってしまうでしょう。

また、夜間などプロバイダが混雑してしまう時間帯には、プロバイダの認証が通るのに時間がかかることもあります。

道路と車に例えると、PPPoE接続は高速道路の料金所みたいな感覚でしょう。

高速道路がスカスカに空いていても、結局料金所で渋滞してしまうのがIPv6 PPPoE接続です。
道路も料金所も渋滞しているIPv4 PPPoE接続よりは多少マシになるでしょうが、あまり速くなったと感じないかも知れません。

IPv6 IPoE接続はIPv6相手なら速いがIPv4相手では遅い

IPoE接続は、VNEと呼ばれる接続事業者を通じ、プロバイダの認証不要でインターネットに接続する接続方式です。

プロバイダの認証を通る必要が無いことで、余計な足止めをされずにインターネットに接続できます。

先ほどの高速道路の例に直すと、全車線ETC完備で止まらずに走り抜けられるのがIPoE接続なのです。

ただし、IPoE接続で快適に通信できるのは、通信相手がIPv6に対応している場合のみです。

先ほど解説した通りIPv6対応状況は50%前後なので、利用するWebサイトやサービスによっては遅い可能性がある点に注意しましょう。

IPv4 over IPv6接続ならIPv6・IPv4どちらでも速い

IPv4 over IPv6接続は、IPoE接続のIPv4相手が遅いデメリットを改善した接続方式です。

IPv4相手に通信を行う際は、やり取りするIPv4のデータをIPv6のデータに偽装することでIPoE接続で通信できる様にしてくれます。

データの偽装がある分、純粋なIPv6 IPoE接続よりやや遅くなりますが、IPv4のまま通信するより遥かに速くなるでしょう。

■IPv6の接続方式と速度まとめ
速い IPv6 IPoE
(IPv4 over IPv6でIPv6相手)
IPv4 over IPv6
(IPv4相手)
IPv6 PPPoE
遅い IPv4 PPPoE

最近、ドコモ光はIPv4 over IPv6接続に対応したプロバイダが急激に増えています。

これからドコモ光を契約するなら、IPv4 over IPv6接続に対応したプロバイダを選ぶ方がいいでしょう。

なお、IPv4 over IPv6接続は提供する接続事業者(VNE)によって名称が異なります。

いちばん知名度があるのは、 GMOとくとくBB の「v6プラス」でしょう。

OCNのv6アルファなど他の名前でも、速度が期待できることに変わりないので安心してください。

ドコモ光でIPv4 over IPv6対応おすすめプロバイダをチェック

ドコモ光でIPv6に対応しているプロバイダ

ドコモ光でIPv6に対応しているプロバイダ

冒頭でもお伝えした通り、ドコモ光のプロバイダは一通りIPv6に対応していますが、プロバイダによって接続方式が異なります。

せっかくドコモ光を契約するなら、通信速度が速いIPv4 over IPv6接続のプロバイダを選ぶ様にしましょう。

■ドコモ光のプロバイダとIPv6の接続方式
プロバイダ 接続方式 対応Wi-Fiルーター無料レンタル
ドコモnet IPv4 over IPv6 ×
plala IPv4 over IPv6
plala(Sコース) IPv4 over IPv6
GMOとくとくBB IPv4 over IPv6
@nifty IPv4 over IPv6
DTI IPv4 over IPv6
BIGLOBE IPv4 over IPv6
andline IPv4 over IPv6
hi-ho IPv4 over IPv6
Tigers-net.com IPv4 over IPv6
スピーディア IPv4 over IPv6
エディオンネット IPv6 PPPoE -
IC-NET IPv4 over IPv6
BB.excite IPv4 over IPv6 ×
シナプス IPv6 IPoE ×
楽天ブロードバンド IPv6 IPoE ×
TikiTiki IPv6 PPPoE -
01光コアラ IPv6 PPPoE -
ネスク IPv6 PPPoE -
OCN IPv4 over IPv6
@T COM IPv4 over IPv6 ×
TNC IPv6 PPPoE -
ASAHIネット IPv6 IPoE ×
WAKWAK IPv6 IPoE ×
@ちゃんぷるネット IPv4 over IPv6

ドコモ光のプロバイダは現在24社ありますが、半数以上がIPv4 over IPv6に対応しています。

もし、今フレッツ光や他の光コラボで利用しいるプロバイダがIPv4 over IPv6に対応していないなら、ドコモ光に乗り換える際にプロバイダの変更をおすすめします。

せっかくドコモ光に乗り換えるなら、ぜひIPv4 over IPv6対応プロバイダで1番速度が快適になるネット環境を整えてください。

ドコモ光のプロバイダ選びを即解決!全プロバイダ26社を徹底比較 ドコモ光には契約時に26社あるプロバイダから1社を選択する仕組みです。そのためどのプロバイダがおすすめなのか悩む方は多いでしょう。基本的にどのプロバイダを選んでも最大速度など、ドコモ光のサービス品質は変わりませんが、プロバイダによっては料金、キャンペ...

ドコモ光でIPv4 over IPv6対応のおすすめプロバイダ

IPv4 over IPv6対応おすすめプロバイダ

最後にIPv4 over IPv6に対応したドコモ光のプロバイダの中でも、今イチオシの2社を紹介します。

■ドコモ光のおすすめプロバイダ

 

GMOとくとくBB

OCN

月額料金

タイプA
戸建て:5,720円
マンション:4,400円

タイプB
戸建て:5,940円
マンション:4,620円

IPv4 over IPv6

v6プラス

v6アルファ

Wi-Fiルーター
無料レンタル

有り
(最大1,733Mbps)

有り
(最大867Mbps)

キャッシュバック

最大20,000円

20,000円

おすすめプロバイダ①:GMOとくとくBB

GMOとくとくBB

GMOとくとくBB は、ドコモ光の中でもいち早くv6プラスに対応した速度重視のプロバイダです。

公式サイトで地域毎にユーザーの平均速度を公開していて、全国平均が325.17Mbpsとかなりいい数値を出しています。

GMOとくとくBB×ドコモ光の全国平均
△GMOとくとくBBの全国平均速度

他のプロバイダは実効速度を公開していないので、公式で速度公開しているGMOとくとくBBは安心して契約できるのでは無いでしょうか。

GMOとくとくBBの速度の口コミ

SNSでGMOとくとくBBを利用している人の口コミを見ると、多くの方が快適に使えているようです。

GMOとくとくBB公式サイトの平均より遅いことも有りますが、どの口コミも十分な速度が出ています。

ドコモ光の速度はどれくらい?ベストなプロバイダの選び方教えます! ドコモ光はNTTdocomoが運営している光コラボです。「光コラボって遅いんでしょ?」と、思われがちですが、ドコモ光の速度は実際のところどうなのでしょうか。このページでは、ドコモ光の速度についてまとめました。また、速度にこだわりたい人にむけてベストなプロバ...

GMOとくとくBBはWi-Fiルーターが高性能

WSR-2533DHP3

GMOとくとくBBでは、3種類のWi-Fiルーターから好きなモデルを選んで無料レンタルできます。

GMOとくとくBBのレンタルルーター

メーカー

型番

最大速度

BUFFALO

WSR-2533DHP3

最大1,733Mbps

NEC

Aterm WG2600HS

最大1,733Mbps

ELECOM

WRC-2533GST2

最大1,733Mbps

他のプロバイダが無料レンタルしてくれるWi-Fiルーターは最大867Mbpsモデルが多いので、GMOとくとくBBはかなり頑張ってくれています。

ドコモ光でWi-Fiを使う3つの方法を紹介!メリット・デメリットも解説 ドコモ光は、NTTdocomoが運営する光回線サービスです。Wi-Fiルーターを設置することで、家の中で無線でインターネットを利用することができます。通信制限がなく、速度も安定しています。このページでは、ドコモ光のWi-Fiを使う方法と、それぞれのメリット・デメリッ...

GMOとくとくBBのキャンペーン

GMOとくとくBB では、最大20,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

キャッシュバック金額は申込むオプションによって変動しますが、映像系サービスに興味がある方にはピッタリのキャンペーンです。

■GMOとくとくBBの
キャッシュバック

条件

特典金額

ひかりTV for docomo
+ DAZN for docomo

20,000円

ひかりTV for docomo

18,000円

DAZN for docomo
または
スカパー!

15,500円

dTV
または
dアニメストア

10,500円

ネットのみ

6,000円

なお、GMOとくとくBBのキャッシュバックは、ドコモ光開通の4ヶ月目に届くメールから受取り手続きが必要です。

うっかりメールを見逃すとキャッシュバックがもらえなくなるので、メールは確実にチェックするようにしましょう。

さらにGMOとくとくBBのキャンペーンについて詳しく知りたい方は、別記事のドコモ光でGMOとくとくBBが選ばれる5つの理由をご覧ください。

ドコモ光×GMOとくとくBBキャンペーン
  • キャンペーン:
    6,000~20,000円キャッシュバック
    dポイント最大2,000ptプレゼント
  • キャンペーン期間:2021/7/1~2021/7/31
  • 戸建てタイプ月額料金:5,720円
  • マンションタイプ月額料金:4,400円

おすすめプロバイダ②:OCN

OCN×ドコモ光

OCN は、国内のプロバイダシェアNo.1の老舗プロバイダです。

ダイアルアップ接続の頃からトップを走り続けているので、利用したことがある方も多いのではないでしょうか。

実はOCNは、IPv4 over IPv6接続に対応する前は遅いという声も結構多くありました。

しかし、v6アルファが開始してからは、ドコモ光の中でもトップクラスに快適なプロバイダになっています。

OCNの速度の口コミ

SNSでOCNの速度について調べると、かなり好成績を記録したものが多くあります。

また、OCNは他プロバイダへIPv4 over IPv6サービスも提供していて、そちらの速度も好調です。

総合的に、ドコモ光×OCNはかなり快適に使えると見ていいでしょう。

ただ、OCN系のIPv4 over IPv6の特徴として、アップロード速度がやや控えめになっています。

YouTubeへの動画投稿など、アップロード中心の使い方ならv6プラスを利用したGMOとくとくBBの方がバランスがいいかも知れませんね。

OCNのキャンペーン

OCNでは、ドコモ光の申込みで20,000円のキャッシュバックを実施中です。

オプション加入が一切不要でネットのみでOKと、ドコモ光のキャッシュバックとしては最高の条件になっています。

また、キャッシュバックの受取りも開通翌月に届くメールで手続きをするだけです。
何ヶ月も待たされることが無いので、うっかり見落とすリスクも最小限で済みます。

別記事のOCN for ドコモ光を選ぶメリットと申し込み方法では、OCNのキャンペーンについてさらに詳しく解説していますので、あわせてチェックしてみてください。

OCNドコモ光
  • キャンペーン:
    20,000円キャッシュバック
    dポイント2,000pt
  • キャンペーン期間:2021/7/1~2021/7/31
  • 戸建てタイプ月額料金:5,940円
  • マンションタイプ月額料金:4,620円

ドコモ光のIPv6についてまとめ

ドコモ光のIPv6まとめ

今回は、ドコモ光で利用できるIPv6の特徴やメリット・デメリットについて解説しました。

■IPv6についてまとめ

  • IPv4はIPアドレスの枯渇で混雑していて遅くなりやすい
  • IPv6はIPアドレスが事実上無限にあるので遅くなりにくい
  • IPv6はプロバイダの対応している接続方式によって速さが変わる
  • 速さ重視ならIPv4 over IPv6接続に対応したプロバイダがおすすめ!

IPv6に対応しているなら無条件に速いという訳ではなく、プロバイダの接続方式が大事なポイントです。

■IPv6の接続方式まとめ

  • PPPoE接続:プロバイダで認証が必要で速度が遅い
  • IPoE接続:IPv6相手の通信は速いがIPv4相手は遅い
  • IPv4 over IPv6接続:IPv6相手もIPv4相手も共に速い

IPv4 over IPv6接続のプロバイダを選べば、ドコモ光が快適に使えます。

ドコモ光の数あるプロバイダの中でも、最後におすすめした GMOとくとくBB OCN は口コミでの評価もトップクラスです。

これからドコモ光へ乗り換える方は、ぜひ今回の記事を参考にIPv4 over IPv6対応の快適なプロバイダを選んでください。

ドコモ光のお得度120%なキャンペーン窓口を一挙公開! 【2021年1月】ドコモ光のお得度120%なキャンペーンを一挙公開! ドコモ光のキャンペーンは、2種類のキャンペーンが適用されます。1つは、NTTdocomoが実施する公式キャンペーンですが、もう1つはプロバイダが実施するキャンペーンです。公式キャンペーンはどんな窓口から申込んでも内容が同じですが、プロバイダが実施するキャンペ... 2021-02-27
関連記事
ドコモ光はIPv6で速い?速度の秘密と速度重視派におすすめのプロバイダ ドコモ光はIPv6で速い?速度の秘密と速度重視派におすすめのプロバイダ ドコモ光のIPv6接続について解説しています。IPv6は最新の接続方式のひとつで、速度が速いなどのメリットを持っています。ドコモ光が提携しているプロバイダは、そのほとんどがIPv...
ドコモ光のPing値は高すぎ?Ping値が高くなる原因と下げるコツを解説 ドコモ光のPing値は高すぎ?Ping値が高くなる原因と下げるコツを解説 ドコモ光のPing値と、Ping値を下げるコツについて解説しています。Ping値は、接続機器とサーバーとの応答速度のことを指し、オンラインゲームにおいて非常に重要な要素です。この...
ドコモ光のVDSL配線は遅い?速度が落ちる原因と対処法まとめ ドコモ光のVDSL配線は遅い?速度が落ちる原因と対処法まとめ ドコモ光のVDSLの速度についてまとめています。ドコモ光では、VDSL配線方式を使ってサービスを提供しているプランが複数あります。しかし、VDSLは速度が落ちやすいデメリットがあ...