1. ホーム
  2. インターネット回線の比較

【注意】引越し業者・不動産が勧めるインターネット契約の落とし穴

引越し業者・不動産が勧めるインターネット契約の落とし穴

引越しで必ず必要なのがインターネットの手続きです。

しかし、引越しで忙しい時に解約や申し込みの手続きなど、かなり面倒でしょう。

インターネットの契約は引越しする物件によって利用できる回線が違ってくる事もあります。

とくに賃貸マンションの場合、ソフトバンク光やドコモ光などが使える物件もあれば、auひかりしか使えない物件もあるのです。

引越しのネットはわかりにくい▲自分で手続きするのが非常に面倒だと言えるでしょう。

そんな時、役に立つのが引越し業者や不動産屋がオススメするインターネット回線です。

しかし、親切心だと思ってすべて任せしてしまうと、引越し後に大きく損をしてしまったり、トラブルに巻き込まれることも少なくありません。

このページでは、引越し業者や不動産が勧めるインターネット契約の注意点について解説します。

また、ユーザーからの信頼度が高いネット回線受付窓口も紹介していますので、参考になれば幸いです。

オススメ光回線

引越し業者が勧めるインターネット契約は注意

引越し業者が勧めるインターネット

引越しと同時にインターネットの契約を考える方は多いでしょう。

その際、最も注意するべきはインターネットをすすめてくる引越し業者です。

中には、インターネットの代理店と引越しの業務を同時に行っている会社が存在します。

ただ、引越し業者がすすめるインターネットは注意が必要です。

良くあるケースとして、通常より高めの引越し代金を見積もりされ、割引をエサにインターネット申し込みをすすめてきます。

実際にあった引越し業者の勧誘手口
  1. ネットから引越しの見積もりを依頼してきた人に連絡
  2. 見積もりで通常よりも高めの引越し代金を提示
  3. 「同時申し込みすると引越し代を3万円割引します!」と即決を迫る
 

一見、引越し代金が大幅に割引されているので、非常にお得に感じます。

しかし見積もり自体が数万円高く設定されているため、実際は何も得をしていません。

とくに注意しなければならいのは、引越しが間近に迫っている場合でしょう。

「急いで引越し業者を決めなきゃ!」

という焦りで、冷静な判断ができません。

業者に言われるがままに、インターネットも同時に契約してしまうケースも多いです。

引越しで忙しいのは仕方ありませんが、できれば冷静に検討しましょう。

本当にお得なキャンペーンなのかしっかり見極める事をオススメします。

また、引越し業者からインターネットに申し込みした場合、キャッシュバックなどのキャンペーンが適用されない事がほとんどです。

そのため、トータルで考えると損をすることの方が多いことを覚えておりてください。

WEB申し込みを受け付けしている窓口から申し込みすると3~4万円ほどのキャッシュバックが貰える事は少なくありません。

オススメ光回線

知らない会社から突然勧誘されることも…

突然の電話

引越し業者と提携している代理店から、いきなり電話がくることもあります。

例えば、引越し業者からの連絡で、

引越し後にネットを使う予定はありますか?」

と質問され、

はい」

と答えてしまった場合です。

引越し業者は、外部のインターネット代理店と提携を組んでいる可能性があります。

見積もりを依頼しただけで、全く関係の無いインターネット代理店から勧誘の連絡をしてくるケースもあるわけです。

また、複数の引越し業者に見積もりを出していると、複数の代理店からしつこく営業電話がかかってくる危険もあるので注意しなければなりません。

引越しの見積もり依頼を出す際は、インターネットの乗り換えをすすめられても不要なら丁重に断りしましょう。

もちろん、サービス内容に不満がなければ申し込んでも良いですが、実際には強引な勧誘などでトラブルも多いです。

基本的には引越し業者でのインターネットの契約は避けたほうが良いでしょう。

不動産業者がネット契約を勧めることも…

不動産屋

不動産業者で賃貸契約をすると、

「インターネットの契約もお手伝いしますよ」

と言ってくれる業者があります。

しかし、必ずしも親切心で言っているわけではありません。

現在、インターネットは電気、ガス、水道などのライフラインと同じくらい生活に欠かせないものです。

そのため、引越しの際に不動産へのインターネットに関する問い合わせは非常に増加しています。

不動産業者にインターネット相談をした場合、

「インターネットのサポートについて担当の者からご連絡を差し上げます」

と案内されます。

しかし実際に連絡をしてくるのは全く別のインターネット販売代理店がほとんどです。

よくあるトラブルとして以下のように案内されます。

「こちらの物件はフレッツ光しか利用できません。先に申し込みしておきますか?」

不動産業者は特定の代理店と提携しているため、このような勧誘方法を行ってきます。

しかし、実際にはソフトバンク光やドコモ光と言った別の回線も使える事がほとんどです。

もちろん、お得なサービスを紹介してくれるのであれば、そのまま申し込んでもかまいません。

ただ、多くはインセンティブ目的の営業なのです。

キャッシュバックなどのキャンペーンは適用されず、結局は何万円も損をすることになるでしょう。

■要注意!
不動産から勧められるインターネットはキャンペーンが適用されないことがほとんど。

引越しにおススメ!優良ネット申込窓口を紹介(※サービス別)

おすすめ窓口

引越し業者や不動産にインターネット手続きを依頼するのは悪い方法ではありません。

話を聞いたうえで、しっかりと納得がいくようであれば、手続きなどの手間が省けるので、簡単に申し込みができるメリットがあります。

しかし、キャンペーンが適用されなかったり、少額のキャッシュバックしかもらえなかったりするのが実状です。

また、引越し業者や不動産とは全く別会社から電話勧誘がくるので、最近では間違った案内や強引な営業などのトラブルも増えています。

このページでは申し込み手続きも簡単で、高額なキャッシュバックなどが適用される窓口を調査しました。

 ■お得な回線と窓口一覧
NURO光
NURO光

窓口: NURO光公式ページ

キャンペーン:
45,000円キャッシュバック

  • 最大2Gbpsの超高速インターネット
  • 提供エリアが限定的なので、要チェック

⇒詳細はこちらから

ドコモ光
ドコモ光

窓口: GMOとくとくBB

キャンペーン:
最大20,000円キャッシュバック

  • 提供エリアは全国の90%以上
  • ドコモスマホとのセット割あり

⇒詳細はこちらから

ソフトバンク光
ソフトバンク光

窓口: エヌズカンパニー

キャンペーン:
56,000円キャッシュバック

  • 提供エリアは全国の90%以上
  • ソフトバンクスマホとのセット割あり

⇒詳細はこちらから

auひかり
auひかり

窓口: GMOとくとくBB

キャンペーン:
最大61,000円キャッシュバック

  • KDDIが提供する独自回線
  • 高額キャッシュバックが適用される

⇒詳細はこちらから

 

【NURO光】超高速インターネット!

NURO光

NURO光は最大2Gbpsの速度を誇る光回線です。

通信速度にはもちろん定評がありますが、一般的な光回線より月額料金も安い4,743円で提供されているため、コスパの高いサービスだと言えます。

NURO光の窓口として高い人気を集めるのは NURO光公式ページ です

新規申込で45,000円のキャッシュバックを受け取れるため、NURO光窓口のキャンペーンでは圧倒的な人気あります。

NURO光は世界最速2Gbpsの通信速度や料金といったサービス内容は、どこの窓口から申込んでも変わりません。

どこが良いのか迷ったときは、 公式ページ から直接申し込むことをおススメします。

NURO光申し込み
また、別記事「NURO光キャンペーンの罠」でも解説している通り、悪質な代理店にありがちな不要なオプションサービスへの加入がNURO光公式ページでは必要がありません。

キャッシュバック受取り方法も、開通して6ヶ月後に案内メールがくるので、その案内に沿って振込先を登録するだけで完了です。

※別記事『【2020最新】お得なNURO光キャンペーン比較!』では、公式ページ以外のおススメ窓口も紹介しています。

NURO光公式キャンペーン
  • キャンペーン
    45,000円キャッシュバック
    工事費無料 (実質)
    So-net 設定サポートサービス無料

  • 月額料金:4,743円

【ドコモ光】光コラボ人気ナンバー1

ドコモ光

ドコモ光は20社以上あるプロバイダから1社を選ばなくてはいけません。

このプロバイダ選びを間違えると、特典や速度でがっかりすることになりかねないので注意が必要です。

そんな中でも、 GMOとくとくBB は、大手企業のGMOインターネットが運営するプロバイダで、安心感があります。

GMOとくとくBBはドコモ光のキャンペーンにチカラを入れていて、キャッシュバックもドコモ光の中では最高レベルの金額です。

また、GMOとくとくBBは、ドコモ光のネット申込みに加えてオプションサービスに同時加入することでキャッシュバック金額が増えていく仕組みを採用しています。

■GMOとくとくBBのキャッシュバック
適用条件 キャッシュバック
ドコモ光

ひかりTV for docomo

DAZN for docomo
20,000円
ドコモ光

ひかりTV for docomo
18,000円
ドコモ光

DAZN for docomo
15,500円
ドコモ光(2年定期契約プラン)のみ 6,000円

DAZN for docomoなど、人気の映像サービスに加入することでキャッシュバックは増額し、最大で20,000円までキャッシュバック金額が跳ね上がります。

ドコモ光申し込み
また、別記事「ドコモ光×GMOとくとくBBが選ばれる理由」でも解説していますが、GMOとくとくBBのキャンペーンではv6プラスに対応した高性能のWi-Fiルーターの無料レンタルが可能です。

GMOとくとくBBはWi-Fiルーター無料▲GMOとくとくBBのWi-Fiルーター無料キャンペーン

無料にも関わらず、性能もハイレベルなルーターが用意されていて、3種類のメーカーから好きなものを選べます。

別記事「快適な速度の目安とは?」でも解説していますが、近年ではゲームや動画など高速通信が必要となるサービスが増えています。

ネットの契約をする上で通信速度は重要なポイントだと言えるでしょう。

速度重視のユーザーからも高い信頼を得ているGMOとくとくBBは、キャンペーンと通信速度の両方の面で、非常におススメのプロバイダです。

ドコモ光×GMOとくとくBBキャンペーン
  • キャンペーン:
    6,000~20,000円キャッシュバック
    dポイント最大2,000ptプレゼント
  • キャンペーン期間:2020/12/1~2020/12/31
  • 戸建てタイプ月額料金:5,200円
  • マンションタイプ月額料金:4,000円

【ソフトバンク光】開通の2ヶ月後にキャッシュバック!

ソフトバンク光

ソフトバンクがNTTの光回線をレンタルして提供している光コラボがソフトバンク光です。

最大の特徴は、ソフトバンクユーザーの携帯・スマホとのセット割「おうち割 光セット」により毎月最大1,000円の割引が提供されることです。

ソフトバンク光の申し込みは公式ページと代理店の2つの窓口から選べます。

公式ページでは、2種類のキャッシュバックキャンペーンを行っており、1つは、社からの乗換えで発生する費用を全額還元するものです。

もう1つは、初期回線工事費を最大0円をキャッシュバックしてくれます。

つまり2つのキャンペーンでソフトバンク光への乗り換えが実質無料というわけです。

実質無料▲工事費だけじゃなく、初期費用がすべて無料!

ところが、ソフトバンク光代理店 エヌズカンパニー は、ソフトバンク光公式で適用される2つのキャンペーンが受けられる上に、現金56,000円のキャッシュバックが追加される窓口です

追加キャッシュバックキャンペーンは、不要なオプションサービスへの加入など、キャッシュバックに対する特別な条件がありません。

また、キャッシュバックの手続きでも、申し込み時に電話で振込み先を伝えるだけです。

振込みもソフトバンク光開通後の翌々月になので、ソフバンク光代理店の中でも最速だと言えます。

手続きが簡単で。振り込みが早いことは、エヌズカンパニーへの申し込み者が多い理由になっているでしょう。

ソフトバンク光エヌズカンパニー
  • キャンペーン
    新規:56,000円キャッシュバック
    転用:15,000円キャッシュバック
    手続き不要
    最短翌々月振り込み

  • 月額料金
    戸建て:5,200円
    マンション:3,800円

【auひかり】高額キャッシュバックに驚愕!

auひかり

auひかりはKDDIが提供する光回線です。

独自のネットワークシステムにより通信速度が安定している面に評判があり、何よりau携帯とのセット割『スマートバリュー』で人気を掴んでいます。

auひかりを申し込むには、公式ページまたは代理店からの2種類の方法があります。

公式ページではキャッシュバックなどのキャンペーンを行っていないため、せっかくauひかりを始めるのであれば、代理店から申し込むのがお得です。

auひかりの代理店は、多くの窓口が高額なキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

しかし、代理店によっては不要なオプションサービスが必須なことが多く、逆に月額料金が高くなってしまって損をしてしまうケースがあります。

ただ、数多くある代理店のなかでもGMOとくとくBBのキャッシュバック金額は、

という代理店トップレベルのキャンペーンを行っています。

auひかりの申し込み
しかも、GMOとくとくBBは、不要なオプションサービスの条件は一切ありません。

悪質な代理店も少なくない中、GMOとくとくBBはプロバイダという立場もあり、安心できる窓口のひとつだと言えるでしょう。

「確実に高額キャッシュバックが欲しい!」

という人には、ピッタリな窓口です。

GMOとくとくBBauひかり
  • キャンペーン
    ひかり電話付き:61,000円
    ネットのみ:51,000円
  • 月額料金
    ホーム:4,900~5,100円
    マンション:3,800円

【おまけ】利用中のネット回線の引越し・解約手続き注意点

注意事項

引越しの際、利用中のネット回線は、何かしらの手続きをする必要があります。

一般的に、引越しに関わるネット回線の手続きは、サービスを引き継ぐための「移転」、または完全に契約を解除する「解約」のどちらかです。

転移」であっても「解約」であっても注意点があるため、事前に把握しておきましょう。

【手続き1】引き継ぎ・移転のケース

引越し先でも今のネット引き継ぎたい!

という方は多いでしょう。

利用中のネット回線を引越し先で継続する際には、「移転」という手続きを行います。

移転手続きは、基本的には契約中の回線事業者やプロバイダに連絡をし、引越し先の住所や希望の利用開始日などを申告すれば完了です。

しかし、まれに移転手続きが出来ないケースもあるので注意しましょう。

■転移手続きができないケース
  • 契約中のネット回線が引越し先の住所で提供エリア外
  • エリア内ではあるが、マンションの設備の都合でNG
  • 契約中のサービスでは移転手続きを行っていない
 

引越し先の住所が、契約中のネット回線の提供エリア外だと、引き継いで利用することは出来ません。

解約をして他のサービスを検討しましょう。

また、引越し先の住所がエリア内であっても、マンションなどの集合住宅では建物の設備の関係で、継続が出来ない場合もあります。

なお、移転手続きを行っていないサービスもあり、代表的なものがNURO光です。

NURO光の引越しに関しては、別記事「NURO光は引越し=解約!?」で詳しく解説しているので参考にしてください。

回線事業者やプロバイダによって移転の手続きや方法は大きく異なります。

移転を希望する場合は、まず契約中の窓口に移転は可能なのかを確認しましょう。

【手続き2】解約のケース

解約に関する手続きは、回線事業者やプロバイダによってバラバラです。

ただ、基本的にどのサービスでも電話で解約の申告をすることから始まります。

その後、電話だけで済むケースと、電話で申告した後に解約書類が郵送されるケースがあるでしょう。

電話の申告だけで済む場合は問題無いのですが、書類のやり取りが必要な場合は解約が完了するまで、かなりタイムラグが発生するので注意しなければなりません。

また、電話連絡だけで解約が住む場合でも、解約を申告した日から実際の解約日まで1~2週間ほどかかることもあります。

そのため、引越しで解約の可能性が出た場合は、早い段階で

『解約は何日前にすればよいか?』

を問い合わせ窓口に確認するのがオススメです。

解約日が予定していた日にちよりもあとになると、無駄な費用などがかかってしまう可能性もあります。

例えば、更新月のような解約金がかからない月に解約をしようとしたのに、翌月の解約になってしまった場合です。

解約の手続きは慎重にするようにしてください。

■解約手続きの注意点

利用中のネット回線によって、よっては解約手続きが2回必要な場合があります。別記事「ADSLから乗り換え!解約の注意点」でも解説していますが、フレッツADSLやフレッツ光などは、回線事業者であるNTTとプロバイダの両方に連絡が必要です。万が一、1社しか連絡をしていないと、月額料金が継続して発生してしまうので注意しましょう。

関連記事
ADSLは終了する!オススメの光回線は? ついにADSL終了!?サービス廃止の詳しい時期や旬の乗換え先を教えます! NTTが提供するフレッツADSLが2023年1月にサービス終了します。他社のアッカADSLに関しては、既にサービスは廃止されており、ADSL回線で有名なソフトバンクのYahoo!BB ADSLも2019年...
関西エリアでNURO光がeo光より選ばれる理由!評判のキャンペーンも紹介 2018年より関西でも提供スタートしたNURO光ですが、関西ではeo光が高い人気を誇っています。そのため、NURO光の関西での利用価値があるのか疑問になる方も多いでしょう。このペー...
WiMAXとLTEどっちがオススメ? WiMAX2+にする?LTEにする?モバイルWi-Fiの損しない選び方 モバイルWi-Fiのサービスには、WiMAX2+とLTEの2種類のサービスがあります。WiMAX2+はUQコミュニケーションズ提供のサービスでLTEはドコモ、ソフトバンクなど携帯キャリアが提供し...