1. ホーム
  2. インターネット回線のコラム

Kbps、Mbps、Gbpsなどインターネットの速度の単位と換算方法を解説!必要な速度はどのくらい?

インターネットの契約をする際、必ず目にするのがMbps(メガビーピーエス)やGbps(ギガビーピーエス)といった単位があります。

これは、もちろんインターネットの通信速度を示しています。

それぞれの違いや、必要な速度に目安について詳しく解説します。

速度の速いインターネット回線をお探しの方は、通信速度が高評価!おススメ光回線もご覧ください。

■速いネット回線ベスト3
回線 特徴
1位 NURO光
  • 特殊な通信規格を採用し最大2Gbpsを実現
  • eスポーツの大会でも使用される信頼度の高さ
  • 45,000円キャッシュバック
    NURO光公式ページ の場合
詳細
2位 auひかり
  • KDDI独自のネットワーク網で高速化
  • 夜間・休日などの混雑時に強い
  • 94,336円割引
    So-net auひかり公式 の場合
詳細
3位 ドコモ光
  • IPv6に全プロバイダが対応
  • 光コラボ契約者数首位
  • 最大20,000円キャッシュバック
    GMOとくとくBB の場合
詳細

Gbps、Mbpsの違いを解説!同じ数字なのに1000倍も違う!

光回線に限らず、スマホの4Gや5G通信で使われる速度がGbpsやMbpsと言った単位です。

例えば、1Gbpsと1Mbpsでは単純に1000倍もの違いがあります。

bpsとは?

まず、MやGを取ったbpsといった単位について説明していきます。

bpsとは「bit per second (読み方:ビット パー セカンド) 」の略です。
日本語に翻訳すると「1秒あたりのビット数」という意味があります。

  • bps
    1秒あたりのビット数

bit per second のbit(ビット)とはコンピュータで扱うデータの最少単位です。
このビット数が多ければ多いほど、大容量のデータだということで、つまり1秒間によりたくさんのbitを送受信出来れば、より速い回線と思って良いでしょう。

1Gbpsは何Mbps?それぞれの速度を解説

bpsには、以下のアルファベットが付くことがあります。

  • k(キロ)
  • M(メガ)
  • G(ギガ)

これは非常に単純で、長さを表すメートル(m)にキロを付けてキロメートル(Km)にするのと同じと考えて間違いありません。

皆さんご存じのとおり1キロメートルは1000メートルです。

1km = 1000m

長さの単位では、大きくなるにつれ、ミリ(mm) < センチ(cm) < メートル(m) < キロメートル(Km)と変化し、数値も10倍づつ増えていきます。

これと同じ仕組みで、インターネットの速度の単位では、キロ(k)<メガ(M)<ギガ(G)と変化し、数値は1,000倍づつ増えていくのです。
(※最小の単位は、何も付かないbpsです。)

そのため、1kbpsは1000bpsというわけです。

  • 1kbps = 1000bps

M(メガ)はさらに、k(キロ)の1000倍となります。

  • 1Mbps = 1000kbps

G(ギガ)はさらに、M(メガ)の1000培となります。

  • 1Gbps = 1000Mbps

つまり数字が大きく、単位はメガ(Mbps)ギガ(Gbps)なればなるほど、インターネットの速度は速くなるということです。

例えば、フレッツ光やauひかりのマンションタイプではVDSLと呼ばれる配線方式が多く使われています。
この配線方式の場合、通常は最大100Mbpsで提供されています。

100MbpsをGbpsに変換すると、0.1Gbpsです。

  • 100Mbps = 0.1Gbps

つまり、戸建てタイプでギガ回線と呼ばれている1Gbpsと、マンションタイプのVDSLでは10倍の違いがあるとわかります。


●オススメ関連記事
快適にネットが使える通信速度の目安は?

スマホの通信容量、GB(ギガバイト)と区別しよう

もっとも間違えやすい単位として、スマホの通信容量などで使われるGB(ギガバイト)があります。

GBは速度を表す単位ではなく、単純にデータ容量を表す単位です。

例えば、5GBのデータプランで契約していた場合、1ヵ月間で5GBの容量を使う事ができます。
つまりどんな速度かは関係なく、一定の通信容量を送受信できる事を表すわけです。

一般的にはスマホのデータ容量を使いきったとしても、インターネットに引き続き接続可能です。
ただ、通信制限がかかってしまうと、128kbpsまで速度が落ち込んでしまいます。

この128kbpsはすでに解説した通り、速度の単位です。
最近主流のGbpsに変換すると、以下のようにあらわすことができます。

  • 128kbps = 0.000128Gbps

スマホなどの通信制限がいかに厄介な存在かが分かるでしょう。

ただ、フレッツ光やauひかりなどの固定の光回線であれば、基本的にスマホのような通信制限はありません。
速度も速くデータ容量無制限なので、大容量の通信を行う方にオススメです。

通信速度の主流は1Gbps超え!最大2Gbpsの高速回線

通信速度の速いネット回線の代表と言えば光回線です。

現在、もっとも主流の最大速度がマンションギガや戸建てタイプなどで採用されている最大1Gbpsでしょう。

ただ、SONYグループの子会社であるSo-netが提供するNURO光は、通常プランで最大2Gbps=2,000Mbpsの速度で提供しています。

NURO光
▲高速インターネット NURO光

最大速度の大きな回線が登場したのは、年々インターネットサービスの質がどんどん上がっていくにつれて、物理的なネット回線自体も最大速度を大きくしないと支障が出るようになったのが原因です。

現に、別記事『ついにADSL終了!?サービス廃止後の乗り換え先は?』でも解説していますが、これまで最大50Mbpsほどで提供されていたADSL回線は、すでにサービス終了が決定しています。

そのため、最大速度がGbpsである光回線などが、今後の主流となるのは間違いありません。

しかし、インターネットはあくまで『ベストエフォート型』という、利用する場所や機器によって速度が変化するサービスです。

最大速度はあくまで理論上の最大値になるので、たとえ最大1Gbpsのサービスであっても、実際は100Mbpsほどに下がってしまうことがあります。

とくに、WiMAXなどのモバイルWi-Fiなどでは最大速度が440Mbps前後ですが、利用する場所によって障害を受けやすいので30Mbps程度まで下がることもあるでしょう。

ただ、もともと通信速度がの大きいネット回線を利用することで、例え速度が低下しても、ある程度のスピードや安定性は見込めるため、最大速度の大きいネット回線を選んで損はありません。

●オススメ関連記事
速い光回線ランキング!調べてわかった本当に速い回線

10Gbps、20Gbpsのインターネット回線も登場

2015年にNURO光が世界最速である最大10Gbps回線の提供を開始しました。
当時、10Gbps回線は世界的にも珍しく、メディアでも多く取り上げられ話題となったので、知っている人もいるでしょう。

その後、2018年にauひかりやeo光なども10Gbps回線の提供を開始し、2020年にはNTTのフレッツ光も10Gbps回線の提供も開始しました。
また、フレッツ光の10Gbpsに合わせて、NURO光では20Gbps回線の提供も開始しています。

ただ、これらの超回線にはデメリットも多くあります。

まず、提供エリアが都心部に限定されているため、使える地域が非常に少ないのが現状です。

また、一般的なスマホやタブレット、パソコンなどは10Gbpsの速度に対応していないため、あまり意味が無いと言えるでしょう。

唯一自作パソコンなどを制作している方であれば、自分で10Gbps対応のLANカードを増設することもできます。
ただ、一般人には非常にハードルが高い作業となるでしょう。

NURO光10G NURO光の10Gbpsプランとは?提供エリアや月額料金を解説 NURO光の10Gサービスはエリアが限定されており申し込みが難しいサービスです。また、パソコンを分解してLANカードを増設したり、特殊なルーターなどが必要になるため、上級者向けのサービスと言えるでしょう。NURO光10Gの提供エリアや料金など詳しく解説します。 2020-04-08

インターネットを快適に使うには何Mbpsくらいあれば大丈夫?

インターネットの通信速度は、速ければ速いほど快適に利用できます。

しかし、通信速度に対する『速い』というのは、あくまで利用する側の感覚になってしまう部分が大きいため、例え同じスピードでも、遅く感じてしまう人もいれば速く感じる人もいるはずです。

そのため、光回線などの高速回線を使えば、必ずスピードが速いとは言い切れません。

ただ、現在、一般的に提供されているインターネットサービスは、データ容量の大きいサービスが非常に多いため、極端にスピードの遅いネット回線では、ネットを使うたびにストレスを感じてしまう機会が増えることが予想されます。

例えば、Youtubeなどの動画サービスやオンラインゲームでは、ダウンロードなどする場合に必要なデータ容量が非常に大きいです。
最大速度1Gbpsや2Gbpsなどの光回線を使った方がスムーズに楽しめる可能性が高いでしょう。

別記事『快適なオンラインゲーム通信速度の目安』でも解説していますが、現在のネットサービスは実測値100Mbpsくらいが理想です。

通信速度が高評価!おススメ光回線

いま注目度の高い光回線を紹介

通信速度の単位や、これからのネット回線に必要な知識を解説してきました。

では、実際に『インターネットを契約したい!』となった場合は、どんなサービスを選べば良いのでしょうか。

ネット回線は、光回線だけでも非常にたくさんの種類があるため、1つに絞るには悩んでしまう人もいるはずです。

ここでは、今注目度の高い光回線をまとめてみました。

NURO光(日本で最強回線)

NURO光
■NURO光の概要
速度 最大2Gbps
月額料金 5,200円
(戸建て、マンション共通)
特典 45,000円キャッシュバック
NURO光公式ページ
その他
特典
  • 工事費実質無料
  • 設定サポート初回無料
  • NUROでんき加入で月額500円割引
セット割 Softbank携帯・スマホ
窓口 NURO光公式ページ

NURO光は、SONYの子会社であるSo-netが提供している世界最速の光回線になります。

その最大速度は、一般的な光回線が最大1Gpbsで提供しているのに対し、2倍である最大2Gbpsで提供されているのです。

一部エリアでは、さらに高速な10Gbpsや20Gbpsで提供されています。
ただ、初期費用や月額料金が高く、対応しているデバイスも少ないことからあまりおススメできません。

もちろん、最大速度が常に利用できるわけではありませんが、NURO光は実測値でもかなり高い通信速度が計測されています。

そのため、圧倒的な通信速度が多くのユーザーから高い評判を集めています。

NURO光の速度の実測値は、別記事『高速光ファイバーNURO光は本当に速い?NURO光通信速度を徹底分析!』で詳しく紹介しています。

NURO光オススメ窓口

NURO光

NURO光には公式ページ、またはNURO光代理店からという2つの申し込み方法があります。

代理店の場合、高額なキャッシュバックなどを行っている窓口もありますが、適用条件が厳しかったり、月額料金が通常より高くなってしまう窓口も存在します。

そのため、代理店で申し込む場合、条件などをしっかり確認する必要があるでしょう。

NURO光公式ページでは、厳しい適用条件は一切なしで45,000のキャッシュバックが受け取れます。

さらに、NURO光を提供しているSo-netへの直接申し込みのため、信頼度が高いことから多くの加入者が利用しています。

無条件でもらえる金額としては、NURO光申込み窓口の中でもトップクラスの金額になっているため、非常におススメの窓口です。

\NURO光公式/ NURO光申し込み

auひかりは実行速度とセット割が人気!

auひかり
■auひかりの概要
速度 最大1Gbps
月額料金

戸建て
1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目:5,390円

マンション
4,180円
※タイプV・16戸の場合

特典

戸建て
総額:94,336円割引

マンション
総額:78,531円割引

セット割 au携帯・スマホ
窓口 So-net光(auひかり)

auひかりはKDDIが独自に提供している光回線です。

最大速度は1Gbpsで、一般的な光回線と同じ速度になりますが、実行速度の低下を防ぐため。提供方法に独自の工夫をしています。

基本的に光回線は、1つの設備を複数のユーザーで分岐して利用する仕組みになります。

NTTのフレッツ光などでは、1つの設備を分岐できるギリギリの定員で使うため、利用者が多くなっていまうと、混雑により速度が落ちてしまうのです。

しかし、auひかりはギリギリの定員までは使わず、余裕ある人数で利用するため、インターネットの利用者が集中する時間帯でも通信速度が落ちにくくなっています。

そのため、実行速度が安定して速いことで高い人気を誇る光回線です。

auひかりのオススメ窓口

auひかり×So-net

So-net auひかりのプロバイダのひとつです。

auひかりは公式の他にプロバイダや代理店からの申し込みが可能で、プロバイダや代理店のほうが公式よりも豪華なキャンペーンを実施しています。

So-net公式ページ からの申し込みの場合、特別な割引が適用され月額料金が安くなります。

通常、auひかりの料金は戸建てタイプで5,610~5,390円、マンションで4,180円(もっとも代表的なプランの料金)です。

しかし、So-net公式ページから申し込みの場合、戸建てタイプで3年間3,980円となり、マンションでは2年間2,200円で利用できます。

割引期間中の割引をすべて合計すると、戸建てで94,336円、マンションでは78,531円が還元される計算となります。

そのため、代理店などでキャッシュバックを受け取るよりもお得と言えるでしょう。

「キャッシュバックよりも料金を安くして欲しい!」

って人にオススメめの窓口です。

\So-net光(auひかり)/ auひかり×So-net

ドコモ光!速度保証プロバイダと無料の高速Wi-Fi

ドコモ光×GMOとくとくBB
■ドコモ光の概要
速度 最大1Gbps
月額料金

戸建て
5,720円

マンション
4,400円

特典

キャッシュバック
最大20,000円

セット割 docomo携帯・スマホ
窓口 ドコモ光×GMOとくとくBB

ドコモ光は、NNTが運営するフレッツ光の回線設備を使った光コラボのひとつです。

「光コラボって、遅いってきいたけど大丈夫?」

実際、フレッツ光の契約者や光コラボの契約は多く、曜日や時間帯によって遅延がおきえます。

しかしドコモ光はIPv6に対応したプロバイダがたくさんあり、窓口さえ間違えなければ十分な速度を保ってくれるでしょう。

ドコモ光のオススメ窓口

ドコモ光×GMOとくとくBB

ドコモ光に対応しているプロバイダは20以上あります。

基本的にすべて最大1Gbpsで利用できますが、あくまで最大速度なので、基本的に1Gbpsで利用できる訳ではありません。

実際には、それぞれのプロバイダの設備状況で実際の速度も変わってくるのです。

GMOでドコモ光を利用しているユーザーの通信速度を公開しています。

GMOドコモ光の平均速度

毎月平均速度は変わりますが、多くの場合は300Mbps程度は出ています。

理由は前述しようにIPv6という最新技術に対応したことによる速度遅延の少なさです。

また、GMOではIPv6に対応した高速Wi-Fiルーターが永年無料でレンタルできます。

申し込み時の適用されるキャンペーンは、最大20,000円が還元されます。

ただ、このキャッシュバックには条件があり、映像サービスであるDAZN(ダゾーン)とひかりTV for docomoの2つの申し込みが必要です。

\ドコモ光×GMO/ ドコモ光×GMOとくとくBB
関連記事
ギガ・メガって何? ギガ、メガって何?ネット回線の通信速度に関わる重要な数字を解説 インターネットを契約するにあたってギガ・メガという言葉をよく耳にします。このギガ・メガというのは、一般的に通信速度などの単位を表しているものと思われがちです。しかし、...
ポケットWi-Fiとは?ヒカペンが解説 【初心者向け】ポケットWiFiとは?|仕組み・速度・デメリットなど インターネットにあまり詳しくない人でもポケットWiFiについてわかるように解説しました。ポケットWiFiは携帯性に優れていて、安価というメリットがある反面、速度が遅く通信制限...
アメリカのインターネット事情 アメリカの悲惨なインターネット事情!100Mbpsに2万円? アメリカはインターネット発祥の地として知られていますが、必ずしも便利なネット環境が整っている訳ではありません。中には非常に遅く不便な回線を使っている人も大勢いるのです...
Wi-Fiルーターで速度が決まる!選び方のコツやおすすめ機種をチェック Wi-Fiルーターで速度が決まる!選び方のコツやおすすめ機種をチェック Wi-Fiルーターを選ぶコツやおすすめ機種についてまとめています。ネット環境を整えるとき、忘れてはいけないのがルーターの機種です。いくら速度が速いネット回線を選んでも、ルー...
Wi-Fi接続 Wi-Fi接続、無線LANルーターを購入しよう! Wi-Fi接続をする場合、必ず無線LANルーターの導入が必要となります。ただ、いざ購入となると、何を選んだら良いのか分からなくなるものです。このページでは、初心者には難しい無...