1. ホーム
  2. 電力系回線

【全5社+α】電力系の光回線とは?メリット・デメリットを解説

電力系回線

電力系光回線

光回線の種類は以下の4つに分類されます。

■光回線の種類

  • フレッツ光系光回線
  • 独自系光回線
  • ケーブルテレビ系光回線
  • 電力系光回線

利用者がもっとも多いのは、フレッツ光系光回線です。
フレッツ光はもちろん、フレッツ光の回線設備を借り受けてサービスを展開している光コラボも含まれます。

光回線利用者の約67%がフレッツ光系光回線を利用しているのが現状です。

光回線のシェア率
▲出典(MMRI:「ブロードバンド回線事業者の加入件数調査」(2021年3月末時点)

しかし最近では、NURO光やauひかりといった独自系光回線もシェアを伸ばしていて、eo光、コミュファ光といった電力系光回線も人気があります。

このページでは、電力系光回線について解説しました。
もっとも利用者が多いフレッツ系光回線と比べてみて、どのような利点や欠点があるのでしょうか。

電力系光回線とは?その特徴

電力系回線の特徴

電力系光回線というのは、以下の5つの電力会社が所有する回線網を利用したサービスです。

■電力系光回線一覧
サービス名 電力会社名 提供エリア

eo光

関西電力
(ケイオプティコム)
大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県、福井県の一部地域
コミュファ光 中部電力
(中部テレコミュニケーション)
愛知県、静岡県、岐阜県、三重県、長野県の一部地域
MEGA EGG 中国電力
(エネルギアコミュニケーション)
広島県、岡山県、山口県、島根県、鳥取県
Pikara光 四国電力
(ST Net)
香川県、愛媛県、徳島県、高知県
BBIQ 九州電力
(九州通信ネットワーク)
福岡県、長崎県、佐賀県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県

電力会社のグループ会社が提供している光回線サービスが、電力系光回線です。
NTTが所有している光回線網とは独立した設備を使っているのが特徴で、提供エリアがそれぞれ異なります。

以前は、東京電力系の「TEPCO光」、沖縄電力系の「ひかりふる」がありました。
しかし現在は、どちらもauひかりとしてサービス展開されています。

auひかりは東京電力系の光回線なの?

すこし特殊なポジションにあるのが、auひかりです。

auひかりは東京電力(TEPCO)の所有する光回線網にプラスして、フレッツ光が所有する光回線網を使ったサービスだと言えるでしょう。

電力回線とフレッツ光回線
▲東京電力とフレッツ光の回線を使ったサービス

つまりauひかりは東京電力とフレッツ光の回線網をミックスしたサービスです。
そのため、auひかりは東京電力の提供エリアだけでなく、日本の多くの地域で利用できます。

しかもフレッツ光の回線網を使っているとはいえ、ダークファイバーと呼ばれる回線をフレッツ光から借り受けているので通信速度が安定して速いです。

■ダークファイバーとは

フレッツ光が敷設している余剰回線のこと。フレッツ光の持物ではあるが、フレッツ光や光コラボが使っていない回線をauひかりが借り受けて、独自に管理している。混雑が起きにくく、通信速度が安定して速いのが特徴。

電力系光回線のメリット

メリット

電力系光回線にはどのようなメリットがあるのでしょうか。
特徴的な以下の3つのメリットについて紹介します。

■電力系光回線のメリット

  • 通信速度が速く安定している
  • テレビや電話とのセット割が充実
  • auスマホとのセット割が使える

メリット1.通信速度が速く安定する傾向にある

電力系光回線の大きなメリットのひとつに、通信速度が速いことがあげられます。

利用者が多いフレッツ光系光回線とは独立した回線網を使用していることから、回線が混雑することを避けることができるためです。

大手通信速度計測サイトである「みんなのネット回線速度」で、通信速度の平均を調べてみました。

■平均速度比較
回線 平均速度
フレッツ光 下り:257.32Mbps
上り:190.69Mbps
ドコモ光 下り:250.61Mbps
上り:188.5Mbps
ソフトバンク光 下り:304.25Mbps
上り:195.58Mbps
auひかり 下り:376.07Mbps
上り:269.31Mbps
eo光 下り:448.47Mbps
上り:299.23Mbps
コミュファ光 下り:456.5Mbps
上り:308.64Mbps
MEGA EGG 下り:373.87Mbps
上り:240.58Mbps
Pikara 下り:338.21Mbps
上り:215.52Mbps
BBIQ 下り:317.6Mbps
上り:197.39Mbps

フレッツ光、ドコモ光、ソフトバンク光は、フレッツ光が所有している光回線網を使ったサービスです。
平均値を見てみると、決して遅いというわけではありませんが、auひかり以下、電力系光回線の通信速度のほうが一概に速いのがわかります。

環境や状況によって通信速度は上下するものです。
できるだけ速いとされている光回線を利用するのが賢い選択でしょう。

メリット2.テレビや電話とのセット割が充実

電力系光回線は、他の光回線と同様に光テレビや光電話のサービスが一緒に使えます。

メリットとして、電力系光回線では様々なサービスとのセット割が充実していることがあげられるでしょう。

例えば、関西で圧倒的な人気があるeo光では以下のようなセット割が用意されています。

■eo光とセットで割引になるサービス

  • 光電話
  • 光テレビ
  • ネットフリックス
  • 電気
  • ガス

このように、セットで割引になるサービスが充実していることから、電力系光回線を契約する人は、いろいろなサービスをまとめてしまうことが多いようです。

請求場所がひとつにまとまりますし、ないよりも割引のおかげで家計が助かります。

メリット3.auスマートバリューが利用できる

電力系光回線は、auひかりを含め、すべてauスマートバリューへ加入することができます。

auスマートバリューは、auスマホとネット回線のセット割のことです。
auスマホ1台につき月額最大1,100円の割引が受けられ、同住所にお住まいの家族のスマホも対象になります。

家族も対象
▲同住所の家族+別住所の50歳以上の家族が対象

つまり家族4人全員がauスマホを利用しているのであれば、月額最大4,400円の割引が受けられるわけです。

また、家族が50歳以上であれば別住所にお住まいであってもauスマートバリューの対象なります。

申請手続きは必要ですが、一度してしまえば、解約するまでずっと割引が適用されるのでお得です。

auスマホを使っているという人は、電力系光回線を検討してみるもは良いでしょう。

電力系光回線のデメリット

デメリット

では、電力系光回線にはどのようなデメリットがあるのでしょうか。
以下の3つのデメリットが考えられます。

■電力系光回線のデメリット

  • 提供エリアが各回線で限定的
  • 別地域へ引っ越すときに解約が必須
  • 導入済みマンションが少ない

デメリット1.提供エリアが限られている

電力系光回線のひとつ目のデメリットは、その提供エリアの狭さです。

「この電力系光回線がいい!」と、思っても、提供エリア内にお住まいでなければ利用できません。
フレッツ光系光回線は、日本全国の94%以上のエリアで契約ができますが、電力系光回線はそうもいかないわけです。

光コラボ
▲フレッツ光や光コラボは日本全国で利用可能

電力会社が所有する光回線網を使うわけですから、その電力会社の供給エリアにお住まいであることが条件になります。

例えば、eo光は関西電力なので、近畿エリアでのみ契約が可能です。
また、提供エリア内であっても、場所によっては契約ができないこともあるので注意しましょう。

まずは、公式ホームページなどでお住まいの住所が提供エリアに含まれているかをしっかり確認するのが大切です。

デメリット2.別地域に引っ越すときに解約が必須

eo光の提供エリア内での引っ越しであれば、解約する必要はありません。
他の電力系光回線についても同じで、提供エリアから提供エリアであれば、解約をすることなく引っ越しの手続きだけをすれば、その光回線を継続利用できます。

問題は、提供エリアから出てしまう場合は、そのままサービスを継続したくても、解約をしなくてはいけない点です。

いくらeo光を継続利用したくても、大阪から東京に引っ越した場合は解約して、他の光回線を新たに契約します。

引っ越しの場合は解約
▲引っ越しの場合は解約が必要

転勤などが多く、よく引っ越しをするという人には、電力系光回線はあまり向かないかもしれません。
反対に、今後何年も引っ越す予定のない人や、引っ越すとしても、県を跨ぐようなことがない人には、電力系光回線はオススメです。

デメリット3.導入済みマンションが少ない

マンションで光回線を利用する際は、基本的にはその建物に設備が導入されていなくてはいけません。

例えば、マンションでeo光を使おうとしたら、eo光の回線設備がそのマンションに導入されていることが条件です。

設備が導入されているか否か
▲基本的には設備が導入されている光回線を契約する

しかし電力系光回線は、フレッツ光系光回線と比べると、まだまだ導入されているマンションが少ないでしょう。
どちらの設備も導入しているという建物も増えていますが、こればかりはユーザーではどうすることもできません。

マンションで電力系光回線を契約するとなると、建物の導入状況にもよりますので、やはり調べてみるしかないでしょう。

電力系光回線はIPv6に対応しているのか?

IPv6で速くなるのか

最新のネットワーク方式であるIPv6ですが、電力系光回線は対応しているのでしょうか。

結論から言えば、基本的に電力系光回線はIPv6に標準対応しています。
しかし、だからといって速度が速くなるわけではないので注意してください。

よく、「IPv6になったら速くなる!」という情報を目にしますが、それは間違っています。
正確には「IPv6にして、IPoE接続にすると速くなる」です。

IPoE接続というのは、IPv6でのみ対応している接続方式のことを指します。
しかも、このIPoE接続で速くなるのは、フレッツ光や光コラボに限った話です。

電力系光回線はIPv6 IPoE接続かどうかは問題ない

これもよくある勘違いですが、「IPv6 IPoE接続にするとすべての光回線が速くなる!」と思われがちです。

しかしIPv6 IPoE接続で速くなるのは、フレッツ光系の光回線だけですので注意しましょう。
フレッツ光や光コラボでは、インターネットにつなげる際に、「NGN網」という場所を通過しなくてはいけません。

終端末装置

このNGN網から、各プロバイダへと振り分け際に通過するのが、網終端末装置です。
フレッツ光は利用者が多いことから、この網終端末装置が混雑することで、通信速度が遅くなるという課題を抱えていました。

通信速度が遅い
▲フレッツ光系回線は利用者が増えると遅くなる仕組みだった…

その問題を解決したのは、IPv6 IPoE接続です。
混雑する網終端末装置をスルーして、直接インターネット接続できるため、利用者が多い時間帯であっても比較的スムーズにネット利用ができるようになりました。

IPv4 over IPv6
▲IPv6 IPoE接続のイメージ

電力系光回線は、そもそもNGN網というものがありません。
そのため、そもそも混雑が起きやすい網終端末装置がなく、IPv6 IPoE接続にしたところで通信速度が速くなるといったことはないわけです。

電力系光回線に関しては、仕組みそのものがすでに高速通信を可能にしていると思って良いでしょう。

電力系光回線の強みを生かして快適なネット環境を手に入れる!

快適ネット環境を手に入れる

電力系光回線の強みは、安定した通信速度とその速さです。
また、プロバイダを自社で一括管理している場合も多く、設備増強も迅速に行うことができます。

利用者が増えていくことで混雑することを素早く察知することができ、それにともない設備を増強していくわけです。

迅速な設備増強
▲電力系光回線は迅速な設備増強ができる!

また、前述したように電力系光回線はセット割が充実しています。
光テレビや光電話、電力やガスといった生活に必須のサービスをセットにすることで、大幅な割引を受けられることもすくなくありません。

快適なネットを手に入れるとともに、いままでバラバラだったサービスをひとつにまとめるのも、賢い方法だと言えるでしょう。

5社+1社の電力系光回線のすべて

電力系光回線のすべて

ひとつひとつの電力系光回線の詳細を確認していきましょう。

お住まいの地域と照らし合わせて、検討してください。

■電力系光回線一覧
サービス名 提供エリア 詳細

eo光

大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県、福井県の一部地域 詳細
コミュファ光 愛知県、静岡県、岐阜県、三重県、長野県の一部地域 詳細
MEGA EGG 広島県、岡山県、山口県、島根県、鳥取県 詳細
Pikara光 香川県、愛媛県、徳島県、高知県 詳細
BBIQ 福岡県、長崎県、佐賀県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県 詳細
auひかり 近畿・中部・沖縄以外 詳細

eo光【関西エリアで不動の人気】

eo光
■eo光の概要
月額料金 戸建て:3,248円~
マンション:2,776円~
事務手数料 3,300円
工事費 29,700円(実質無料)
最大速度 1Gbps
セット割 auスマホ
特典 1年間月額2,200円割引
他社違約金最大5万円補填
その他、セット割多数
申し込み eo光公式ページ

eo光は「大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県、福井県の一部地域」利用できる電力系光回線で、とくに関西エリアでは圧倒的な人気を誇ります。

インターネットサービスのシェアでは、関西ナンバー1です。

通常プランは最大1Gbpsで、他の光回線サービスと変わりはありません。
しかし通信速度が速く安定していることから人気があります。

オンラインゲームのスポーツであるe-スポーツの施設でも採用されるほどの信頼度です。

eo光
▲e-スポーツの施設で正式採用

また、数多くの特典があり、主だったものだけでも以下のものがあります。

■eo光のキャンペーン一覧

  1. eo暮らしスタート割
  2. 他社違約金最大50,000円還元
  3. 標準工事費実質無料
  4. 10ギガ・5ギガ割引キャンペーン
  5. eo光多機能ルーター12ヶ月無料
  6. eo電気×関電ガス eo割
  7. eo光テレビパック割
  8. 無料の初期設定サポート
  9. eo光ネット紹介キャンペーン

光テレビ、光電話、電気、ガスなどをすべてeoにしてしまっている人が多いのは、上記のキャンペーンが適用されるからです。

また他社違約金を最大5万円まで補填してくれるため、乗り換えも非常にしやすいでしょう。


申し込みページ: eo光公式ホームページ

コミュファ光【日本トップクラスの通信速度】

コミュファ光
■eo光の概要
月額料金 戸建て:4,323円~
マンション:3,520円~
事務手数料 3,300円
工事費 27,500円(実質無料)
最大速度 1Gbps
セット割 auスマホ
特典 40,000円のキャッシュバック
または、Nintendo switchプレゼント
申し込み 代理店NEXT(コミュファ光)

コミュファ光は、「愛知県、静岡県、岐阜県、三重県、長野県の一部地域」で利用できる電力系光回線です。

中部エリアに限定された光回線サービスですが、その実力は日本でトップクラスです。
通信速度の平均値は、最大2GbpsのNURO光と比べても遜色がなく、昼、夕、夜どの時間帯でも快適な通信速度を誇ります。

■コミュファ光の平均速度
  下り 上り
559.18Mbps 410.58Mbps
524.88Mbps 336.36Mbps
439.38Mbps 329.68Mbps

インターネット利用者が多い時間でもコミュファ光であれば快適でしょう。

また、コミュファ光は代理店NEXTから申し込みを行うことで、40,000円のキャッシュバックとNintendo switchプレゼントのどちらかがもらえます。

ゲーム機を特典にしている窓口は貴重だと言えるでしょう。


申し込みページ: 代理店NEXT(コミュファ光)

MEGA EGG【生活に密着したサービス】

メガエッグ
■メガ・エッグの概要
月額料金 戸建て:4,620円
マンション:3,520円
事務手数料 3,300円
工事費 27,500円(実質無料)
最大速度 1Gbps
セット割 auスマホ
特典 20,000円のキャッシュバック
申し込み 代理店NEXT(メガ・エッグ)

メガ・エッグは「広島県、岡山県、山口県、島根県、鳥取県」でのみ利用できる電力系光回線です。

月額料金が非常に安価に設定されていて、おなかつ通信速度も速く安定しています。

また、メガ・エッグはセキュリティが標準装備されているのも特徴です。
インターネットを利用する上で必須のセキュリティが初めから標準装備されているため、ネット初心者の人も安心できるでしょう。

さらに、メガ・エッグには生活に密着したオプションサービスである「メガ・エッグ コレクト」というものがあります。

どのサービスでもひとつにつき月額料金が定額で加算されていく仕組みです。

■メガ・エッグ コレクト
1つ選択で プラス550円/月
2つ選択で プラス1,045円/月
3つ選択で プラス1,540円/月

メガ・エッグ コレクトは以下のサービスから好きなものを選びます。
もちろん、不要だという人は選ぶ必要はありません。

■メガ・エッグ コレクト

  • クランクイン!ビデオ
    動画配信サービス
  • 雑誌読みホーダイ
    好きな雑誌が楽しめる
  • リモートヘルプサービス
    遠隔/電話でのサポート
  • データ通信SIM
    スマホやタブレットに使える通信SIM
  • パソタブ機器補償
    端末の故障に対して保証

元々月額料金が安いということもあり、メガ・エッグ コレクトは非常にオススメです。
代理店NEXTからメガ・エッグを申し込みすれば、メガ・エッグ コレクトに同時加入でキャッシュバックも増えます。


申し込みページ: 代理店NEXT(メガ・エッグ)

Pikara光【初期費用が驚きの0円】

ピカラ光
■Pikara光
月額料金 戸建て:0円~
マンション:0円~
事務手数料 なし
工事費 無料
最大速度 1Gbps
セット割 auスマホ
特典 20,000円のキャッシュバック
申し込み 代理店NEXT(メガ・エッグ)

Pikara光は、四国の「香川県、愛媛県、徳島県、高知県」で利用できる電力系光回線です。

非常に限定的なエリアではありますが、そのサービス内容は随一だと言えるでしょう。
もっとも大きな特徴は、月額料金の安さ、そして初期費用が基本的にはかからない点です。

Pikara光では、事務手数料は発生しません。
また、特典期間中であれば工事費も不要になるので、非常にはじめやすい回線サービスだと言えるでしょう。

月額料金にさまざまなセットプランがあるので、すこし迷ってしまう可能性があります。
いかし、どの月額料金プランを選んでも、全国的に見たら非常に安く抑えられているので安心して申し込みをしてください。

代理店NEXTからPikara光を申し込みすれば、特典として25,000円のキャッシュバックがもらえます。
初期費用不要でお得に始められる上に、キャッシュバックまでも偉るのは非常にうれしいです。


申し込みページ: 代理店NEXT(Pikara光)

BBIQ【ゲーム機も選べる貴重な特典】

BBIQ
■BBIQ
月額料金 戸建て:5,500円
マンション:3,850円~
事務手数料 880円
工事費 2,200円
最大速度 1Gbps
セット割 auスマホ
特典 最大30,000円のキャッシュバック
申し込み 代理店NEXT(BBIQ)

BBIQ(ビビック)は、「福岡県、長崎県、佐賀県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県」で利用できる電力系光回線です。

九州エリアの光回線サービスにおいて、顧客満足度5年連続ナンバー1に輝いています。

初期費用が非常に安く抑えられていることや、セキュリティサービスが無料で利用できなるなど、ユーザー側の視点に立った特典が多いです。

また、代理店NEXTからBBIQを申し込みすると、以下の2つのキャンペーンから1つを選ぶことができます。

■代理店NEXTの特典

  • 特典A【キャッシュバック】
    戸建て:30,000円
    マンション:25,000円
  • 特典B【ゲーム機プレゼント】
    Nintendo switchプレゼント

いくつか適用条件はありますが、そんなにハードルは高くありません。
どこからBBIQを申し込みするのか迷っている人は、 代理店NEXT からが良いでしょう。


申し込みページ: 代理店NEXT(BBIQ)

auひかり【大幅月額割引が魅力】

auひかり
■auひかり
月額料金 戸建て:5,390円~
マンション:4,180円~
事務手数料 3,300円
工事費 戸建て:41,250円
マンション:33,000円
※実質無料
最大速度 1Gbps
セット割 auスマホ
特典 月額大幅割引(総額)
戸建て:94,336円
マンション:78,531円
申し込み auひかり×So-net

auひかりはKDDIが運営している光回線サービスです。
正確には、電力系光回線ではありませんが、東京電力の光回線設備も使っているので、このページで紹介します。

提供エリアは日本全国ではありますが、eo光が利用できる近畿エリアと、コミュファ光が利用できる中部エリアではauひかりのホームタイプの契約はできません。

auひかりとeo光、コミュファ光は協力体制にありますので、ユーザーを取り合わないようにしているのでしょう。

協力関係
▲電力系光回線と併せれば、ほぼ日本全国

auひかりの最大の特徴は、フレッツ光の回線からは独立した光回線設備を使っている点です。
東京電力の光回線と、ダークファイバーを使って、auひかりのサービスを提供しています。

ダークファイバーについては、前述もしましたが、簡単に言うと以下の通りです。

■ダークファイバーとは

フレッツ光が敷設している余剰回線のこと。フレッツ光の持物ではあるが、フレッツ光や光コラボが使っていない回線をauひかりが借り受けて、独自に管理している。混雑が起きにくく、通信速度が安定して速いのが特徴。

auひかりはフレッツ光や光コラボとは、まったく違う光回線設備を使っているという認識で問題ありません。
結果、混雑を避けることができ、ネット利用者の多い夕方~夜にかけての時間帯でも快適にインターネットを使うことができます。

また、auひかりを大手プロバイダの So-net 経由で申し込みをすると、非常に高額な月額割引が長期間適用されます。

■So-netの月額割引
  戸建て マンション
通常料金 1年5,610円
2年5,500円
3年5,390円
タイプV
16戸以上の場合
4,180円
割引 3,980円
(3年間)
2,200円
(2年間)
割引総額 94,336円 78,531円

建てタイプで3年間、マンションタイプで2年間もの割引が適用されます。
しかも有料オプションへの加入や、申請などは一切不要で、 auひかり×So-netの公式ページ から申し込みをするだけで割引が自動で適用される仕組みです。

一度、 auひかり×So-netの公式ページ から提供エリアを検索してみてください。
もしもお住まいの地域が対応しているならラッキーです。


申し込みページ: So-net×auひかり

auひかりキャンペーンは危険!キャッシュバック10万円でも損する理由 auひかりのキャンペーンは豪華なことで有名です。しかし多くの申し込み窓口があることで、迷ってしまう人も多いでしょう。そこで、このページではauひかりの申し込み窓口の中でもとくにお得で人気のある3つをランキング形式で紹介しています。 2021-07-14

関連記事
ソフトバンク光のキャンペーン 注意!ソフトバンク光のキャンペーンはお得?代理店比較と選び方まとめ
ホーム
ソフトバンク光のキャンペーンについてまとめています。ソフトバンク光は、代理店やプロバイダから申し込み可能ですが、それぞれで独自のキャンペーンを打ち出しているため、どこ...
ドコモ光のお得度120%なキャンペーン窓口を一挙公開! 【2022年最新】ドコモ光のお得度120%なキャンペーンを一挙公開!
ホーム
ドコモ光のキャンペーンは、2種類のキャンペーンが適用されます。1つは、NTTdocomoが実施する公式キャンペーンですが、もう1つはプロバイダが実施するキャンペーンです。公式キャ...
So-net光のお得なキャンペーン情報 So-net光プラスのキャンペーンが豪華すぎる!?オススメはどの窓口?
ホーム
So-net光プラスのキャンペーンは、公式キャンペーンと、代理店のキャンペーンの2つにわかれます。公式キャンペーンは、So-net光プラス公式ホームページから申し込みを行う方法で、...
引っ越しなどでインターネットの解約に必要な費用や工事の豆知識 インターネットの解約には違約金などの費用や撤去工事などが必要になります。また、引っ越しなどに関しては、継続、または解約といった選択肢があり、どちらを選ぶかで手続きの内...
eo光のキャンペーンはどこが一番いい? 【2022年】eo光のキャンペーン徹底比較!損をしない唯一の方法とは?
ホーム
eo光は関西エリア限定の光回線サービスです。様々なキャンペーンを実施していますが、どの窓口から申し込みをするのが一番お得なのでしょうか。このページではeo光のキャンペーン...