ドコモ光は大丈夫!?キャンペーンや評判からドコモ光を検証した結果…

ドコモ光

ドコモ光

ドコモ光の名前を聞いたことがある方は多いでしょう。

ドコモ光は、携帯キャリアとして有名なdocomoが提供しているインターネット接続サービスです。

docomoのスマホを利用しているユーザーであれば、セット割引が適用されるため、非常にお得なネット回線だと言えるでしょう。

このページでは、ドコモ光のメリット・デメリットをはじめ、評判やキャンペーンなどを解説しました。

まず知ろう!ドコモ光とは光コラボの1つ

基本情報

ドコモ光とは、NTTdocomoが独自に提供する光コラボのひとつです。

プロバイダと回線事業者の違い!光コラボとは?

光コラボは、NTT東日本・西日本が提供するフレッツ光の設備を丸ごとレンタルをして提供する光回線サービスです

プロバイダや一般企業など、希望すればどこでもNTTより設備をレンタルして光コラボを提供できるため、光コラボを提供している事業者は非常に多く、数えきれません。

そのなかで、docomoも2015年より光コラボ事業者としてドコモ光の提供をはじめ、docomoユーザーを中心にシェアを広げました。

また、光コラボの最大速度などはフレッツ光と変わりませんが、平均6,000円前後で提供されているフレッツ光に比較して料金が割安で利用できるのが大きな特徴です。

ドコモ光の料金や初期費用について

光コラボの月額料金は、フレッツ光に比較すると1,000円ほど割安です。

フレッツ光を利用するには、

回線使用料+プロバイダ料

という2つの料金が発生しますが、ドコモ光を含めた光コラボは、プロバイダ一体型のサービスです。

つまり回線使用料とプロバイダ料がセットになっているため、支払いが1つにまとまることで料金が割安になります

ドコモ光の月額料金は、以下のタイプです。

■ドコモ光月額料金
  戸建て マンション
タイプA 5,720 4,400円
タイプB 5,940円 4,620円
単独タイプ 5,500円 4,180円

単独タイプは、フレッツ光と同じくプロバイダ契約が別で必要になるプランです。

その分、料金も高くなってしまうため、ほぼ利用する機会は無いと思って良いでしょう。

タイプA、タイプBがプロバイダ一体型のプランに該当します。

ドコモ光を契約する際はタイプAかタイプBのどちらかになると考えておきましょう。

なお、ドコモ光の開通には以下2つの初期費用が必要です。

  • 事務手数料:3,300円
  • 標準工事費:
    戸建て…19,800円
    マンション…16,500円

事務手数料に関しては、新規・転用のどちらでも金額は変わりません。

また、初期工事費は支払い方法を一括と分割のどちらか選択することが出来ます。

分割の場合、12、24、36、48、60回から支払い回数を選ぶことが可能なため、自分の希望にあったプランを選びましょう。

【期間限定】ドコモ光の工事費無料!

ドコモ光は定期的に、工事費が完全無料になる期間を設けています。

2021年04月現在、ドコモ光の標準工事費が無料になるキャンペーンを実施中です!

オススメ申し込みサイト⇒ ドコモ光×GMO

ドコモ光の評判ってどうなの?

ドコモ光は、光コラボの中でも非常にユーザー数の多い光回線です。

そこで、評判を調査するため、ドコモ光を実際に利用しているユーザーの口コミをを分析してみました。

ドコモ光に関する口コミや評判を調べてみると、通信速度や料金に関する評判は上々のようです。

しかし、開通工事に時間が掛かる点やスマホとのセット割引に対する厳しい評判も挙げられています。

ドコモ光のメリットを独自の視点で解説

ドコモ光のメリット

光コラボは、数多くの事業者が提供しています。

ただ、どんな光コラボ事業者もフレッツ光の設備をレンタルしているため、最大速度などは変わりません。

他社光コラボには無い、ドコモ光だけのメリットとは何なのでしょうか。

ドコモ光のメリットを独自の視点でまとめてみました。

■ドコモ光の他社には無いメリット


  • プロバイダを複数の中から選択可能
  • 通信速度に関する最低保証あり
  • ドコモ光のキャンペーンは特典が豪華(※プロバイダによる)
  • docomoユーザーならセット割引が適用

【メリット1】ドコモ光はブロバイダが選べる!

光コラボは、プロバイダ一体型のサービスです。

例えば、ドコモ光のライバル会社であるソフトバンク光を契約した場合、プロバイダも必然的にソフトバンクになるため、他社のプロバイダを選択することは出来ません。

しかし、ドコモ光では申込み時にプロバイダを20社以上の中から選択する仕組みです。

契約はあくまでNTTdocomoですが、プロバイダは好きなものを利用することができます。

ドコモ光対応プロバイダ▲ドコモ光:対応プロバイダ一覧

ドコモ光に対応しているプロバイダは非常に幅が広いため、プロバイダにこだわりを持っている人でも安心でしょう。

【メリット2】通信速度に関する最低保証あり

フレッツ光は最大1Gbpsの速度のため、同じ設備を使うドコモ光の最大速度も1Gbpsです。

ただ、最大速度はあくまで理論上の速度になるため、常に1Gbpsの速度でネット通信が可能なわけではありません。

利用環境や機器によって実際の速度は上下します。

ドコモ光も例外ではなく最大速度は1Gbpsです。

1Gbpsの通信速度は出ないと考えていいでしょう。

しかし、ドコモ光のプロバイダGMOとくとくBBは、

の平均速度があります。

さらに最低100Mbpsの通信速度を保証している点も注目です。

速度保証ドコモ光×GMOとくとくBB

動画やゲームなどを含めたどんなネットサービスも支障なく利用するには、安定して100Mbps以上の実測値が理想的でしょう。

ンターネットで快適な速度の目安はどのくらい?

GMOとくとくBBの通信速度は、100Mbpsという通信速度の目安を大幅にクリアしているため、非常に優良なサービスと言えます。

また、光コラボに限らず、通信速度を保証している事業者は他に無いため、通信速度を重視するユーザーにはもってこいでしょう。

近年では、ゲームや動画など高速通信が必要となるサービスが増えているため、安定感の高いネット回線が必要とされています。

ドコモ光は、プロバイダによる通信速度の上下があるため、速度保証をしているGMOとくとくBBは貴重なプロバイダです。

オンラインゲームに最適なネット回線の選び方!

【メリット3】ドコモ光のキャンペーンは特典が豪華

インターネットを契約する際、お得なキャンペーンを期待する方は多いでしょう。

ドコモ光でも、申し込み時にキャッシュバックなど豪華特典が受取れる窓口があるります。

「せっかく申込むならキャンペーン特典が欲しい!」

という人の期待を裏切らないなずです。

例えば、ドコモ光の提携プロバイダであるOCNは、20,000円のキャッシュバックを実施しています。

ドコモ光×OCN
ドコモ光×OCN

また、ドコモ光はどんなプロバイダからの申込みでもdポイントを10,000ptプレゼントしており、もちろんOCNも例外ではありません。

OCN以外にも、お得なキャンペーンを実施している窓口は多数あります。

しかし、プロバイダによってはキャッシュバックなどのキャンペーンをまったく実施していない窓口もあるので、選ぶときは慎重に検討しましょう。

120%お得なドコモ光プロバイダキャンペーン

【メリット4】docomoユーザーならセット割引が適用

docomoユーザー限定ではありますが、スマホとのセット割引も大きなメリットです。

ドコモ光とdocomoのスマホをセットにすることによて、スマホの月額料金が最大1,000円割引されます。

ドコモ光セット割
▲ドコモ光はdocomoスマホとセットでお得!

また、ファイミリーグループにも割引が適用され、離れて住んでいる場合でも割引対象です。

ドコモ光セット割の割引金額については、すこし複雑ではありますが、損をすることは絶対にないので安心してください。

また、ドコモ光セット割を適用させるのに複雑な手続き等はありません。

ドコモ光回線の契約者と、ドコモスマホの契約者が同じであれば、自動的に割引が適用される点もうれしいです。

ドコモひかりのお得なキャンペーンを紹介

オススメキャンペーン

ドコモ光は、どんな窓口から申込みをしても、必ずdポイントが10,000pt受け取れます。

これは、NTTdocomoが実施している公式キャンペーンです。

プロバイダや申込み窓口の違いに関係なく、ドコモ光加入者は共通で貰えます。

しかし、ドコモ光の申し込み窓口の中には、dポイントとは別でキャッシュバックなどの豪華特典が追加で受取れるキャンペーンを実施している窓口があるので要チェックです。

すべての窓口が実施している訳ではないので、ドコモ光をお得にスタートするにはキャンペーン選びは重要でしょう。

ドコモ光の人気が高い、お得なキャンペーン窓口は、すでに紹介している以下の2つです。

それぞれの窓口について紹介していきます。

ドコモ光のオススメキャンペーン【GMOとくとくBB】

ドコモ光×GMOとくとくBB

すでに紹介していますが、ドコモ光のプロバイダでもっともキャンペーンにチカラを入れているのは、 GMOとくとくBB でしょう。

前述したように、GMOとくとくBBのドコモ光における通信速度は速いです。

また、最低100Mbpsの速度保証を行っている点も、人気の理由だと言えます。

独自のキャッシュバックキャンペーンも実施していて、最大20,000円をうけとることが可能です。

キャッシュバックなどのキャンペーンを実施していない窓口も多い中で、うれしい特典だと言えます。

GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンは、ドコモ光のネット申込みに加えてオプションを同時加入することで金額が増えていく仕組みです。

GMOとくとくBBの
キャッシュバック
適用条件 キャッシュバック
ドコモ光

ひかりTV for docomo

DAZN for docomo
20,000円
ドコモ光(2年定期契約プラン)

ひかりTV for docomo
18,000円
ドコモ光

DAZN for docomo
15,500円
ドコモ光のみ 6,000円

DAZN for docomoなど、人気の映像サービスに加入することでキャッシュバックは増額しますが、ドコモ光のみだと6,000円のみです。

「ん? ちょっと少ないかも…」

と、思うかもしれませんが、GMOとくとくBBでは、キャッシュバックの他にもキャンペーンがあります。

v6プラスという最新の規格に対応した高性能無線ルーターの無料レンタルです

GMOとくとくBBはWi-Fiルーター無料
▲高性能Wi-Fiルーター

無料にも関わらず、高性能なWi-Fiルーターの貸し出しをしています。

しかも、3種類のメーカーから好きなものを選ぶことができます。

ドコモ光×GMOとくとくBBで無料でレンタルされているルーターの全情報


公式ページ: ドコモ光×GMOとくとくBB

ドコモ光のオススメ窓口【OCN】

ドコモ光×OCN

ドコモ光のプロバイダの中で、 GMOとくとくBB と並んで人気があるのが OCN です。

OCNは、フレッツ光を運営しているNTTコミュニケーションズが提供しているプロバイダです。

大手プロバイダであり、フレッツ光の設備を利用している光コラボとの相性も良いでしょう。

申し込み窓口も設置していて、OCNの公式ページからドコモ光を申し込みすると、20,000円のキャッシュバックがもらえます。

有料オプションへの加入条件などはなく、ドコモ光の申し込みだけで最大金額の20,000円が受け取れるのはうれしいです。

無条件でキャッシュバック!
▲無条件で高額キャッシュバック!

また、Wi-Fiルーターも無料でレンタルすることができ、GMOとくとくBBのキャンペーンにも引けをとりません。

ひとつ欠点をあげるとしたら、プロバイダをOCNにした場合、ドコモ光の月額料金が200円高くなることです。

詳しくは後述しますが、ドコモ光の月額料金はタイプAとタイプBにわかれています。

プロバイダによって違うのですが、タイプAよりもタイプBのほうが、月額料金が200円高いです。

OCNはタイプBで、GMOとくとくBBはタイプAなので、月額料金に200円の差があります。

インターネットは一度契約したら長期間使うことが前提のサービスです。

たしかにOCNはキャッシュバックを満額無条件で受け取れますが、この200円の差は忘れないようにしましょう。


 公式ページ: ドコモ光×OCN

ドコモ光のデメリット!4つの注意点

ドコモ光のデメリット

ドコモ光はメリットが多く、とくにdocomoスマホを使っている人にはピッタリの光回線です。

ただ、実際に利用するにあたって注意すべき点もあります。

なので、ドコモ光の契約前に知っておきたいデメリットについてもまとめました。

■ドコモ光のデメリット


  1. 初心者にはプロバイダが選びにくい
  2. 料金プランによってはプロバイダが制限される
  3. ドコモ光セット割はプラン次第でお得にはならない
  4. ドコモ光の開通工事は遅くなる場合がある

それでは、ひとつずつデメリットについても確認していきましょう。

1.初心者にはプロバイダが選びにくい

すでに解説した通り、ドコモ光は契約時に20社以上のプロバイダから1つを選ばなくてはいけません。

そのため、プロバイダに詳しいインターネット上級者であれば、こだわりのプロバイダを選べるため大きなメリットだと言えます。

一方、選択肢が多すぎるため、プロバイダに詳しくない初心者にとっては、

「結局、どれがいいの?」

と悩んでしまう可能性があります。

ドコモ光はプロバイダが多くて選びにくい▲プロバイダが多すぎて選びにくい…

万が一、プロバイダ選びで悩んでしまうようであれば、

といった基準で選んで問題ありません。

ドコモ光と提携している全てのプロバイダは、20社以上あるとはいえ、どこもサービス面や知名度でトップレベルです。

どこを選んでも、失敗ということにはならないので安心してください。

もしも迷ったときは、すでに紹介した GMOとくとくBB か、 OCN であれば損をすることはありません。

2.料金プランによってはプロバイダが制限される

ドコモ光の料金プランには、タイプA、タイプBというプランがあります。

■ドコモ光2つの料金プラン
  タイプA タイプB
戸建て 5,720円 5,940円
マンション 4,400円 4,620円

タイプBの方が、タイプAに比べて200円高いです。

なので、ドコモ光を検討する人の中には、

「タイプBの方が品質が良いのでは?」

と思う人がいるかもしれません。

しかし、タイプAとタイプBは品質的な差や技術面の違いはなく、違うのは契約可能なプロバイダが違うだけです。

■タイプ別対応プロバイダ
  タイプA タイプB
対応プロバイダ \イチオシ/
GMOとくとくBB
\イチオシ/
OCN
DTI @TCOM
plala AsahiNet
@nifty WAKWAK
ドコモnet TNC
Tigers-net.com ちゃんぷるネット
BIGLOBE  
ic-net
andline
BBexcite
楽天ブロードバンド
SYNAPSE
TiKiTiKi
エディオンネット
ハイホー
@ネスク
01光コアラ
SIS

同じドコモ光のプロバイダですが、単純にタイプBは料金が高いだけです。

回線の品質などに差はありません。

また、タイプBに使いたいプロバイダがあっても、料金を安くしたい場合はタイプAの中からプロバイダを選ぶ必要があります。

料金プランによって希望のプロバイダが選べない点はデメリットだと言えるでしょう。

3.ドコモ光セット割はプラン次第でお得にはならない

docomoスマホユーザーむけのドコモ光セット割は、ドコモ光の最大の魅力とも言えます。

ただ、当然ですがdocomoスマホユーザー限定の割引サービスです。

他社のスマホを利用している場合は割引を受けることはできません。

docomoスマホ
▲docomoスマホとのセット割を実施しているのは、ドコモ光だけ

また、契約プランが単身向けであったり、データ容量の小さいものでは割引額はあまり高くないため、お得感に欠けてしまうでしょう。

近年、自宅のネット接続はWi-Fiにしているケースが多いです。

スマホのデータ容量プランは小さいプランで料金を節約している人が増えているでしょう。

また、docomoのプランの中には、ドコモ光とのセット割を適用しない低額プランも始まっています。

大容量のデータ通信プランでしか大きな割引が受けられない点は、不満を感じてしまう人もいるかもしれません。

4.ドコモ光の開通工事は遅くなる場合がある

ドコモ光をはじめ光コラボは、新規・転用という2つの申し込み方法がります。

転用については、フレッツ光ユーザー限定で工事不要、簡単な手続きのみでドコモ光へ乗換えができるため、早ければ申込んでから7~10日ほどで開通するでしょう。

しかし、新規で申込んだ場合は開通工事の日程調整が必要です。

これは、ドコモ光に限ったことではありませんが、光回線の開通工事までは1ヵ月以上時間が掛かってしまうこともあります。

すぐにネット回線を使いたい方は不満を感じてしまうかもしれません。

ドコモ光の開通工事は遅い▲とくに引越しシーズンは工事が遅れることも…

また、春先の引っ越しシーズンなどでは特に工事が混み合うため、時間がかかってしまうこともあります。

早めに工事をするための対処法としては、早めに申し込みを済ませるのが1番でしょう。

ドコモ光の工事についての詳細はこちら

ドコモ光は解約したら費用は掛かる?

ドコモ光を解約したら費用は?

ドコモ光を契約後、解約する際に費用等はどうなるのでしょうか。

ドコモ光を解約する場合、違約金など主に必要になるのは以下3つの費用です。

  • 2年間の定期契約に関する違約金
  • 分割している初期工事費の残債
  • 解約月の月額料金

ドコモ光を申し込む際、タイプA、タイプBなどプランに関係なく、2年間の定期契約を結ぶかどうかを選択できます。

ただ、2年間の定期契約を結んだ場合、契約更新月(契約満了月の翌月と翌々月)以外で解約をしてしまうと、

戸建て…14,300円

マンション…8,800円

の違約金を支払わなければなりません。

また、初期工事費を分割払いで支払っている場合、未払いの工事費の残債が一括で請求されます。

そのため、工事費を分割払いにしている場合は、解約時に残債がどれくらいあるか確認しておくべきです。(※転用の場合は不要)

なお、解約月の月額料金も忘れてはなりません。

ドコモ光の場合、解約月の月額料金は日割り計算されないため、まるまる1ヵ月分を支払う必要があります。

「すこしでも元を取りたい!」

という方は、解約日を月末に設定するのが良いかもしれません。

ドコモ光は、解約の申し出ると即日解約をすることが出来ます。

しかし、すぐに解約をしてしまうとインターネットがすぐ使えなくなってしまいトラブルになる可能性が高いでしょう。

そのため、解約を希望する場合は、ドコモのカスタマーセンターに連絡のうえ、前もって解約日を予約しておくことをお勧めします。

問い合わせ
ドコモの携帯電話…151
一般電話・ドコモ以外の携帯電話…0120-800-000

【まとめ】ドコモ光はこんな方にピッタリ

まとめ

ドコモ光について解説してきました。

結論、ドコモ光がオススメなのは以下に該当する人でしょう。

ドコモ光がオススメな人


  • スマホ・携帯がdocomoを利用中の方
  • フレッツ光ユーザー

docomoスマホユーザーは、ドコモ光を利用することでセット割引など、大きなメリットが生まれます。

とくに、docomoスマホを使っている家族が多い場合、セット割引による大幅な節約が見込めるため、ドコモ光を利用して損はありません。

また、現在、フレッツ光を利用している人は、転用によって工事などの手間なく乗換えができるためオススメです。

関連記事
ドコモ光のエリア検索は簡単!東日本と西日本それぞれの方法を解説 ドコモ光の提供エリアは、フレッツ光と同じです。エリアの検索も、フレッツ光の公式ホームページから行うことができます。東日本エリアと、西日本エリアで、それぞれ検索するホー...
ドコモ光のdポイントキャンペーンはお得度低い?特典と条件をチェック
ドコモ光
ドコモ光のdポイントキャンペーンについて解説しています。dポイントは、NTTドコモのポイントプログラムであり、現金と同じく買い物や支払いに使えるサービスです。ドコモ光では申...
ドコモ光のキャンペーンで工事費無料は本当!?適用条件と注意点とは ドコモ光のキャンペーンで工事費無料は本当!?適用条件と注意点とは
ドコモ光
ドコモ光の工事費無料キャンペーンについて解説しています。ドコモ光では、新規申し込み時の開通工事費用を完全無料にするキャンペーンを不定期で行っています。非常にお得に聞こ...
ドコモ光のぷららはどんなプロバイダ?料金やキャンペーンを徹底解説 ドコモ光で選べるプロバイダの中に、NTTぷららがあります。株式会社NTTが運営しているプロバイダで、「信頼できそう」といった理由から気になっている人もいるでしょう。このペー...
ドコモ光でWi-Fiを使う3つの方法を紹介!メリット・デメリットも解説 ドコモ光は、NTTdocomoが運営する光回線サービスです。Wi-Fiルーターを設置することで、家の中で無線でインターネットを利用することができます。通信制限がなく、速度も安定して...