1. ホーム
  2. auひかり

auスマートバリューを徹底解説!auユーザーが最もお得になる対象回線とは?

auひかり
auスマートバリューの説明

auスマートバリューとは、ネットとau携帯をセットで契約すると、携帯料金が月々500円~1,000円ほど割引されるサービスです。
例えば家族4人で契約すれば月々最大4,000円も割引されるサービスなので、auユーザーはこれを利用しない手はありません。

しかし、auスマートバリューの対象回線というのは、auひかりをはじめ、So-net光、ビッグローブ光、eo光、JCOMなど、数多くあります。
一体どの回線がベストな選択肢なのでしょうか?

結論から言うと、基本的にはauひかりがオススメです。
ただ、それぞれの回線には特色があり、人によってはほかの回線が適している場合もあり、それについては記事内で詳しく解説しています。

また、実はauスマートバリューは携帯とネットを契約すれば勝手に割引してくれるといったものではなく、加入にはいくつか条件があります。
具体的には、以下の三点です。

auスマートバリューの適用条件

  1. 対象回線またはauスマートポートに申し込むこと
  2. 回線申し込みの場合は固定電話サービスを契約すること
  3. 適用可能な端末は一回線につきは10台まで

「せっかくau携帯とネットをセットで申し込んだのにauスマートバリューが適用されない!」なんてことにならないように、しっかりと確認しておきましょう。

auスマートバリューって何?

auスマートバリューの説明

auスマートバリューとは、auスマホなどのauの通信端末と対象の固定ネット環境をセットで契約すると端末側の料金が1台につき500円~1,000円ほど安くなるサービスです。

auスマートバリューを適用できる固定ネット環境は二つに分類でき、光回線とauスマートポートの2種類あります

家族で加入することができ、対象回線を1回線契約すれば、家族全員のau契約の端末料金を10台まで、それぞれ500円~1,000円分割引を受けることができます。
例えば、5人家族で全員が1,000円分の割引を受けた場合、合計5,000円の割引となるので、非常に大きな割引となります。

そのため、auスマホユーザーで固定回線を検討している方は、auスマートバリューが適用対象となっている固定回線を選ばないと割引を受けられないので、注意すべきでしょう。

auスマートバリューの割引内容

割引内容について説明するヒカペン

auスマートバリューの割引額は以下のようになっています。

スマホでは通信容量が7GBより上のプランなら1,000円分を割り引いてもらえ、ガラケー・タブレットも割引の対象です。

■auスマートバリューの割引額
端末 データプラン 割引額
スマホ auデータMAXプラン
PRO/Netflixパック
-1,000円
auフラットプラン
25 Nextflixパック/
20N/7プラスN
新auピタットプランN ~1GB:対象外
1~7GB:-500円
ガラケー カケホ(3Gケータイ・データ付) -934円
タブレット タブレットプラン20 -1,000円

スマホはほとんどが1,000円割引

auスマートバリューを適用すればスマホはほとんどが1,000円割引
auスマートバリューのスマホ割引
プラン名 プラン概要 割引額
auデータMAXプラン
PRO/Netflixパック

データ容量上限なし

PRO:
7,650円

Netflixパック:
8,050円
Netflix視聴可能

-1,000円
auフラットプラン
25 Nextflixパック/
20N/7プラスN

データ容量上限あり

25 Nextflixパック:
7,320円
Netflix視聴可能
データ通信25GBまで

20 N:
6,170円
データ通信20GBまで

7プラスN:
5,650円
データ通信7GBまで

-1,000円
新auピタットプランN

データ利用した分だけ

0~1GB:3,150円
1~4GB:4,650円
4~7GB:6,150円

~1GB:対象外
1~7GB:-500円

※記載の金額は各種割引を受ける前の金額です。

auスマートバリューでは、新auピタットプランNを除いて、スマホ1台につき1,000円の割引を適用できます。
新auピタットプランNというデータを利用した分に応じて請求額が発生するプランでも、データ通信1GB以上の利用で、500円の割引を受けることが可能です。

例えば、4人家族で全員が1,000円分の割引を受けているとすると、2年間で96,000円(4人×1000円×12か月×2年)もの割引を受けられる計算になります。
非常に大きな額になるので、au携帯をお持ちの方はauスマートバリューの割引を受けておいた方が良いでしょう。

旧プランをご利用されている方は、表内の割引額と異なる可能性があるのでご注意ください。
旧プランの割引額はauひかりの公式ページで確認することができます。

ガラケー・タブレットも割引対象!

スマートバリューでは、ガラケーやタブレットも割引の対象です。

ガラケーではカケホ(3Gケータイ・データ付)というプランに加入することで934円の割引を受けることができます。
タブレットの場合はタブレットプラン20という20GBまで通信制限を受けずにデータ通信ができるタブレットプラン20に加入すると1,000円の割引を受けることが可能です。

auスマートバリューが適用されない!?適用条件とは

auスマートバリューが適用されずに焦るヒカペン

auスマートバリューの主な条件は3つあります。

auスマートバリューの適用条件

  1. 対象回線またはauスマートポートに申し込むこと
  2. 回線申し込みの場合は固定電話サービスを契約すること
  3. 適用可能な端末は一回線につき10台まで

auスマートバリューの対象回線とは?

auスマートバリューに対応している回線は以下の通りになっています。

auスマートバリューの対象回線一覧

auひかり、auひかりちゅら、コミュファ光、eo光、ピカラ光、メガエッグ、BBIQ光、ひかりJ、ビッグローブ光、エディオンネット、So-net光、@TCOM光、nifty光、J:COMなどのケーブルテレビ多数

ケーブルテレビに関しては、かなりの数があるため、ご地域のケーブルテレビがauスマートバリューの対象回線なのかどうか気になるという方はこちらのauひかりの公式ページから確認してください。

また、どの回線がお得かについては、記事内のauスマートバリューの対象回線を比較!どの回線がベスト?という項目で詳細に解説しております。

auスマートポートとは?対象プランや機種

auスマートポートとは、自宅のコンセントに指すだけでWi-fi通信をすることができる機器のことです。

工事なしで簡単にネット環境を得られる反面、料金が高い・回線が遅いというデメリットがあります。

auスマートバリュー適用対象のauスマートポート機種一覧

WiMAX HOME 01、Speed Wi-Fi HOME L02、Speed Wi-Fi HOME L01s、Speed Wi-Fi HOME L01

固定電話の申し込みが必須

回線とスマホなどの端末とのセットでauスマートバリューを利用する場合には、回線側の契約で固定電話サービスの申し込みが必要です。

そのため、スマートバリューを受けたい方は、固定電話を使わなかったとしても固定電話は契約しておく必要があります

固定電話は基本的にはどの回線も500円以下で契約できます。

各回線の固定電話料金
光回線 固定電話月額料金
auひかり 500円
コミュファ光 300円
So-net光

500円

BIGLOBE光 500円
eo光 0円(ネットとセットの場合)

1回線につき10台まで適用可能

auスマートバリューでは、対象回線1回線につき10台までの通信端末に対して料金の割引を実施します。

そのため、かなりの大家族でない限りは全員分の割引を受けられるでしょう。
auスマートバリューの対象回線を契約する方は、家族の通信端末をできるだけauにまとめておくとお得です。

auスマートバリューを家族で加入する際の注意事項

auスマートバリューを家族で利用するイメージ

auスマートバリューは通信端末の家族割のサービスですが、では、どこまでが「家族」なのでしょうか?

auにどこまでが割引の対象なのかを問い合わせたところ、「原則、登録住所が同一住所であれば適用可能」とのことでした。

同一住所であれば適用可能

auスマートバリューはauに登録してある住所が同一住所の通信端末に対して、通信端末の割引を実施する割引です。
そのため、基本的には同一住所に住んでいれば、auスマートバリューの適用対象となります。

例えば、事実婚、LGBTカップル、夫婦別姓の方々であっても、同一住所に住んでいればスマートバリューを適用させることができます

逆に、家族であっても、離れて暮らしている場合には適用対象にはならないので注意して下さい。
ただし、50歳以上の家族の場合は別住所でも割引を適用させることができます。

別住所でも申し込み可能なケースもあり!

まず、適用したい家族が50歳以上の場合は、別住所でも適用可能です。
さらに、auショップで手続きをすれば、50歳以下の方でも家族であることを証明できれば別住所でもauスマートバリューを適用できるようになっています。

家族関係の証明には、親子関係を証明したい方は戸籍謄本、LGBTの方はパートナーシップ証明書などが有効です。

auスマートバリューの対象回線を比較!どの回線がベスト?

auスマートバリューの対象回線を比較する天秤

auスマートバリューは、光回線と端末の契約をセットにすることで、1台につき500円~1,000円分の割引を受けられるため、非常に大きな割引です。
そのため、au携帯をお持ちの方は、多くの場合、自宅の光回線を選ぶ際にauスマートバリューが適用できる回線から選ぶことになると思います。

では、auスマートバリューが適用できる回線の中では、どれが一番お得なのでしょうか?
以下では、auスマートバリューが適用できる主要な回線について、それぞれの料金と特徴をまとめました。

auスマートバリュー対象回線料金比較
(戸建・1Gbpsプラン)
回線名 料金
auひかり

1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目以降:5,390円

So-net光プラス

~2年目:2,980円
3年目以降:6,138円

ビッグローブ光 5,478円
eo光 1年目:3,248円
2年目以降:5,448円
J:COM 6,680円

auひかり|コスパ最上級

auひかりロゴ
回線速度 1Gbps
月額料金

【戸建】
1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目以降:5,390円

【マンション】
3,740円~

キャンペーン

So-netの月額料金割引
戸建:
3,980円
マンション:
2,200円~

メリット
  • 料金が安い
  • 速度が速い
  • キャンペーンが充実
デメリット
  • 提供範囲が狭い

auひかりはKDDIが運営している光回線です。

一戸建てで最もお得なずっとギガ得プランでは、1年目5,610円、2年目5,500円、3年目以降:5,390円で利用できます。

auひかりはKDDIの独自回線を利用して提供しているため、So-net光プラスなど、NTT回線を利用している回線と比べると、実測速度が速い傾向にあります。

auひかりと光コラボの速度比較
▲auひかりと光コラボの実測値比較

料金も他社とそれほど変わらないので、料金も品質も求めるのであればauひかりを選ぶことをオススメします。

また、auひかりは全8社のプロバイダの窓口からも申し込みが可能なのですが、それぞれで独自のキャンペーンを実施しています。
特に、So-netの窓口から申し込むと、月額料金が3年目まで3,980円に割引されて利用できるため、非常にお得です。

詳しくは、auひかりのキャンペーン比較も解説しています。

auひかりSo-netキャンペーン
  • キャンペーン: 月額大幅割引
    戸建て:総額94,336円
    マンション:総額78,531円
  • キャンペーン期間:2021/9/1~2021/9/30
  • 戸建てタイプ月額料金:3,980円
  • マンションタイプ月額料金:2,200円

auひかりキャンペーンは危険!キャッシュバック10万円でも損する理由 auひかりのキャンペーンは豪華なことで有名です。しかし多くの申し込み窓口があることで、迷ってしまう人も多いでしょう。そこで、このページではauひかりの申し込み窓口の中でもとくにお得で人気のある3つをランキング形式で紹介しています。 2021-07-14

So-net光プラス|フレッツ・光コラボから乗り換えなら楽

So-net光プラスのロゴ
回線速度 1Gbps
月額料金

【戸建】
~2年目:2,980円
3年目以降:6,138円

【マンション】
~2年目:1,980円
3年目以降:4,928円

キャンペーン

公式キャンペーンにより、通常、戸建6,138円、マンション4,928円のところ上記の月額料金になる。
還元額:戸建86,000円、マンション83,500円
メリット
  • 2年目までの料金が安い
  • 提供範囲が広い
  • フレッツ光・光コラボからの乗り換えだと工事・違約金不要
デメリット
  • auひかりなどの独自回線と比較すると速度が遅くなりがち

So-net光プラスは、NTTと他社事業者の提携サービスである光コラボの一つです。
契約すると、回線の設備はNTT、プロバイダはSo-netを利用することになり、契約がSo-netでまとまります。

フレッツ光から乗り換えると解約金・工事いらずで契約の変更のみで移行できるのが特徴です。

2年目までの料金が2,980円と非常に安く利用できる代わりに、3年目以降の料金が6,138円になり、若干割高になります。

もともとフレッツ光を利用していて、現在au携帯を利用しているか、これからau携帯に乗り換える方にはオススメです。

So-net光プラス
  • キャンペーン
    月額料金大幅割引
    戸建て:総額64,296円
    マンション:総額61,776円
    工事費無料

  • 月額料金
    戸建て:2,980円
    マンション:1,980円

ビッグローブ光|キャッシュバック特典あり!

ビッグローブ光のロゴ
回線速度 1Gbps
月額料金

【戸建】
5,478円

【マンション】
4,378円

キャンペーン

AかBのキャンペーンどちらかを選ぶ

A:40,000円のキャッシュバック

B:12か月間戸建3,500円、マンション2,500円に割引
(還元額共に17,760円)

メリット
  • 2年目までの料金が安い
  • 提供範囲が広い
  • フレッツ光・光コラボからの乗り換えだと工事・違約金不要で乗り換え可能
デメリット
  • auひかりなどの独自回線と比較すると速度が遅くなりがち
  • So-net光プラスに比べるとお得感が薄い

ビッグローブ光もSo-ne光プラスと同様に、NTTの光回線を利用して他社事業者が提供する光コラボの一つです。

ビッグローブ光でも、フレッツ光からの乗り換えには解約金・工事が発生せずに乗り換えることができます。
また、プロバイダがBIGLOBEになります。

So-net光の特典は2年間割引を受けられることでしたが、BIGLOBE光の場合は、キャッシュバックキャンペーンと割引キャンペーンの二つから一つを選ぶ形式です。

キャッシュバックキャンペーンは40,000円が還元されますが、受け取り時期が12か月後に設定されており、送られてくるメールから手続きをしなくてはなりません

ビッグローブ光を申し込む際に手続きを忘れてキャッシュバックを受け取れなくなるリスクを避けるには、代理店からの申し込みをオススメします。

たとえばNNコミュニケーションズから申し込んだ場合、最大35,000円のキャッシュバックを実施しています。
また、受け取り時期も最短2か月で、受け取りにも面倒くさい手続きがないためオススメです。

ビッグローブ光NNコミュニケーションズ
  • キャンペーン
    新規:26,000~35,000円キャッシュバック
    転用:10,000円キャッシュバック
    新規工事費無料

  • 月額料金
    戸建て:5,478円
    マンション:4,378円

ビッグローブ光の最新キャンペーン!特典内容や手続き方法などを解説 ビッグローブ光のキャンペーンは、公式や代理店で行われています。どのキャンペーンで申し込みをすればいいか迷っている人に、オススメのキャンペーン窓口を厳選して比較したので、参考にしてください。また、ビッグローブ光の基本情報についてもまとめました。

eo光|関西で戸建の人にオススメ!

eo光のロゴ
回線速度 1Gbps
月額料金

【戸建】
1年目:3,248円
2年目以降:5,448円

【マンション】
1~2年目:3,024円
3年目以降:3,876円

キャンペーン

公式キャンペーンにより、通常、戸建5,448円マンション3,876円のところ、上記金額になる
メリット
  • 独自回線を利用しているため速度が速い
デメリット
  • 関西地域でしか利用できない
  • マンションタイプはauひかりの方が安い

eo光は関西電力が運営している光回線です。
そのため、関西地域にしか提供していません。

eo光は1年目の料金が3,248円と、非常に安く利用できるのが特徴です。

また、eo光はauひかりと同様に独自回線を利用しているため、実測の速度もNTT系列の回線よりも早くなる傾向にあります。

auひかりは関西地域では戸建ての提供をしていないため、関西地域戸建てにお住いの方はeo光を検討してみてはいかがでしょうか?

eo光公式サイト
  • キャンペーン
    月額料金2,200円割引(1年間)
    標準工事費実質無料
    商品券10,000円分
  • キャンペーン期間:2020年2月1日~未定
  • 戸建てタイプ月額料金:3,248円
  • マンションタイプ月額料金:2,776円

JCOM|専門チャンネルを契約したい人はこれ!

JCOMのロゴ
回線速度 12M/40M/120M/320M/1G/5G/10G
の7種類のコースがある
月額料金

1Gの場合6,680円

キャンペーン

【WEB限定スタート割引】

  • 「TV+ネット1Gコース」7,580円が4,920円
  • 30,000円分のQUOカードプレゼント
メリット
  • 専門チャンネルを契約する場合はお得に使える
  • 全国展開しているため提供エリアも広い
デメリット
  • ネット利用のみでは料金が高い
  • 1G・5G・10Gサービスはauひかりの提供エリア内であることが必要

JCOMはジュピターテレコムが運営しているケーブルテレビの回線です。
ジュピターテレコムは全国的に展開しており、ケーブルテレビでは最大手の会社となっています。

他の光回線と同様に速度が1Gbpsのプランも提供していますが、料金が6,680円と高めに設定されています。
そのため、通常のネット単体の契約やネットと電話の契約では、あまりコスパがよくありません。

ただ、専門チャンネルなどを契約する場合には割安に契約できるため、専門チャンネルを利用したい方は、JCOMを検討すると良いでしょう。

ドコモ光セット割やソフトバンク光おうち割と比較!結論変わらない

auスマートバリューとドコモ光セット割とソフトバンクおうち割どれがお得か調査
携帯キャリアごとのセット割比較
キャリア プラン 割引額
au auデータMAXプラン
PRO/Netflixパック

-1,000円

 

auフラットプラン
25 Nextflixパック/
20N/7プラスN
新auピタットプランN

~1GB:対象外
1~7GB:-500円

ドコモ 5Gギガホ/ギガホ

-1,000円

5Gギガライト/ギガライト

3~7GB:-1,000円
1~3GB:-500円
~1GB:なし

ソフトバンク

データプランメリハリ/データプランミニフィット

-1,000円

光回線と携帯電話とのセット割を実施しているのはauだけではありません。
ドコモにはドコモ光セット割、ソフトバンクにはソフトバンク光おうち割というセット割が存在します。

これらの3社で、料金の割引額に差はあるのでしょうか?

結論、それほど変わりません。3社一様にほとんどの通信端末に対して1,000円の割引を適用しています。
ただ、auやドコモは一部の通信容量の少ない端末に関しては、割引額を500円にしたり、対象外としています。

とはいえ、ほとんどのケースで回線とのセット割の面では、それぞれのキャリアで変わることはありません。

auスマートバリューmineって何?

auスマートバリューmineのロゴ

auスマートバリューmineとは、auスマホとWiMAXをセットで利用するとauスマホ一台が1,000円の割引を受けられるプランです。

auスマートバリューmineの割引額
端末 プラン名 割引額
スマホ auフラットプラン
25 NetflixパックN/20N
-1,000円
auピタットプランN(s)

~2GB:500円
2~20GB:-1,000円

ケータイ カケホ(3Gケータイ・データ付) -743円

ちなみに、スマホのauデータMAXプランが適用対象外となっています。
ただ、auデータMAXプランは通信量が無制限なのでWiMAXがなくても多くの場合は問題ないでしょう。

auスマートバリューの申し込み方法

auスマートバリューは、各回線の申し込み窓口で手続きをしてもらう以外に、WEB・電話・店頭窓口の3種類の窓口から申し込みが可能です。

auスマートバリューの申し込み窓口
窓口種別 詳細
WEB au公式
電話 0077-7-111(無料)
年中無休 9時~20時
店頭窓口 auショップ検索

なお、5回線以上の端末を申し込む場合には、店頭窓口で手続きをする必要があります。

auスマートバリューの解約方法

auスマートバリューを解約する女性

auスマートバリューは、料金が割引されるというメリットしかない特典のため、基本的にはそれ自体を解約することはありません。
また、auスマートバリュー単体の解約金というのも存在しません。

ネットか、au携帯を解約すれば、自動的にauスマートバリューは適用外になります。

ネットを解約した場合の解約金は、各社の解約金の規定の金額をまとめました。
スマホの解約金の金額についても説明しています。

どちらも同じタイミングで更新月が来るといったことはあまりないため、どちらかの料金は発生すると覚悟しておいたほうが良いでしょう。

auスマートバリュー対象回線の解約金一覧

以下にauスマートバリュー対象の主な回線の解約金についてまとめました。

このほかに、工事費の残債がある場合には、その残債分が一括されるため、お気を付けください。

auスマートバリュー対象回線の解約金まとめ
回線 解約金
auひかり 3年契約:16,500円
2年契約:10,450円
So-net光 3年契約 20,000円
ビッグローブ光

利用年数
2年目以内:20,000円
3年目以降:10,000円

eo光

利用年数
1年未満:28,704円
1~2年:14,064円

J:COM 6,000円

au携帯の解約金

2019年10月1日以降、割引額も解約金も高額な旧プランの2年契約から、割引額も解約金も低額な新プラン2年契約Nに移りました。

そのため、au携帯の解約金は、2年契約と2年契約Nの2つの割引プランのどちらに加入しているかで決まります。

2年契約は旧プランなので、契約年数が長い方は2年契約の可能性が高いでしょう。
月額料金が1,500円割引される代わりに、9,500円の解約金が発生します。

2年契約Nは2019年10月1日以降の新プランなので、最近契約したという方は、2年契約Nでの契約になっている可能性が高いです。
月額料金が170円割引される代わりに、1,000円の解約金が発生します。

auスマートフォンの解約金
契約プラン 詳細 解約金
2年契約

新規受付終了

2年ごとに3か月間の契約更新月
月1,500円の割引

9,500円
2年契約N

2019年10月1日開始

2年ごとに3か月間の契約更新月
月170円の割引

1,000円

まとめ auスマートバリューはとてもお得

auスマートバリューは、au携帯と、対象の光回線またはauスマートポートをセットで契約するとau携帯の料金が1台につき500円~1,000円ほど割引されるシステムです。

基本的にはスマホだと1台につき1,000円割引を受けることができるため、auスマホユーザーにとっては必ず適用させておきたい割引です。

しかし、auスマートバリューには注意点もあります。

auスマートバリューの注意点

  • 光回線とのセット割の場合は固定電話の契約が必要
  • 月額通信量が少ないau携帯の割引額は500円か、無効になる

また、対象回線は数多くあり、本記事ではauひかり、So-net光プラス、ビッグローブ光、eo光、JCOMについて解説しました。

それぞれの回線がおすすめな人は以下の通りです。

スマートバリュー対象の主要回線それぞれのおすすめな人

  • auひかり・・・下記に当てはまらなければ基本的には一番オススメ
  • So-net光・・・フレッツ光・光コラボから手軽に乗り換えたい人
  • ビッグローブ光・・・フレッツ光・光コラボから手軽に乗り換えたく、割引よりキャッシュバックが欲しい人
  • eo光・・・関西地域で戸建を利用している人(auひかりが提供していないため)
  • JCOM・・・専門チャンネルを契約したい人

基本的に、速度も料金もコスパよく利用したい方は、料金も安く、独自回線を利用しているため速度が速いauひかりを利用するのがおすすめです。
さらに、auひかりのプロバイダSo-netが実施している月額料金割引を利用すれば、最も月額料金を安くして利用することができます。

auひかりSo-netキャンペーン
  • キャンペーン: 月額大幅割引
    戸建て:総額94,336円
    マンション:総額78,531円
  • キャンペーン期間:2021/9/1~2021/9/30
  • 戸建てタイプ月額料金:3,980円
  • マンションタイプ月額料金:2,200円

関連記事
auひかり株式会社25 最大12万円還元!?auひかり代理店25のキャンペーン内訳を徹底調査!
auひかり
auひかり代理店である株式会社25は高額なキャンペーンで有名です。ただ条件が厳しくキャッシュバックが受け取れないと言ったケースも多いでしょう。25のキャンペーン詳細を解説し...
auひかりエリア検索方法を解説!使えない地域とエリア外の対処方法 auひかりは提供されているエリアが決まっておりエリア外だと使えません。また、地域によってはワザと提供されない場所もあるのです。このページではauひかりのエリア検索方法やエ...
auひかりとBIGLOBEのロゴ auひかり×ビッグローブの特典総額12万円超えは本当か?裏側を調査!
auひかり
ビッグローブはauひかりの公式プロバイダであり、auひかりの申し込み窓口にもなっています。ビッグローブはキャッシュバックと割引の2種類の特典を用意しており、最大総還元額126...
auひかりは評判が悪い?口コミを調査したらデメリットが判明 auひかりの評判や口コミを徹底調査したところ、サービスに対する高評価が多い一方で、勧誘のしつこさやキャンペーンの不親切さに対する不満も目立ちました。そこで今回はなぜそう...
光ファイバーの悪質な代理店のその手口とは? 悪質!光ファイバーの電話、訪問営業に騙されないためには?
auひかり
光ファイバーの営業はビックリするほど悪質で、場合によっては詐欺と変わらない方法で申し込みを獲得しようします。その手口は年々巧妙になってきていて、相手の出方を知らないで...