1. ホーム
  2. キャンペーン
  3. WiMAX2+の速度

WiMAX2+は実は無制限じゃない?通信制限の条件と解消法を徹底ガイド

WiMAX2+の速度

モバイル回線を利用する場合、必ず通信量の制限が存在します。

一定のデータ通信量を使い切ってしまうと、速度が厳しく制限されてしまうため、インターネットが使い物にならなくなってしまうでしょう。

インターネットの速度はどの程度あれば快適?速度の目安徹底ガイド!』でも解説している通り、通信速度の遅いネット回線は、非常にストレスが溜まってしまいます。

WiMAX2+の場合も同じく通信量の制限は存在しますが、使い方によっては制限を受けずに常に快適に利用する事も可能です。

2つのモードによる通信量制限の違い

WiMAX2+には2つの通信モードが用意されています。

この通信モードによって最大速度や通信量制限に違いが生じます。

 
ハイスピード
ハイスピードプラスエリア
WiMAX
WiMAX2+
au LTE
最大速度
558Mbps
1.2Gbps
月間制限
なし
7GB
3日間制限
10GB

ハイスピードモード

従来のWiMAX回線に加え、最大558MbpsのWiMAX2+高速回線が利用できます。

また、月間におていのデータ通信量の制限はないため、無制限で利用が可能です。

しかし、実は使いすぎてしまうと通信制限が起きてしまう場合があるのです。

月間は無制限 3日では10GB ハイスピードモードの落とし穴!

ハイスピードモードでは、月間ではどれほど使っても問題ありません。

しかし、直近3日間ごとに10GBまでの容量制限が設けられているので、当然、通信量をオーバーすると速度制限にかかってしまいます。

速度制限にかかると、速度低下を受けている間は128kbpsまで速度が落ちます。

これは128Kbpsが0.128Mbpsになるため、最大558Mbpsに比べると 約400分の1以下の速度です。

そのため、カンタンな調べものをする程度でもかなりストレス感じる速度になるでしょう。

ただ、1度起きてしまったら1ヵ月間ずっと通信制限になるわではありません。

 

上記の表でもわかる通り、直近3日間の通信量が10GBを下回れば解除される仕組みです。

また、通信制限が起きる時間帯も18~26時の間だけに限られているため、日中の時間帯は問題なく利用できます。

データ通信量をたくさん利用する日、節約する日をうまく繰り返すことで通信制限は回避できそうです。

ハイスピードプラスエリアモード

WiMAX2+の高速回線及び、au LTE回線が利用出来るモードです。

このモードを利用した月のみ月額料金が1,005円追加されますが、ハイスピードモードと比べて最大速度は同じでも、auが提供しているLTE回線が利用出来るため、より広範囲でインターネットに接続できます。

そのため、ハイスピードモードでは圏外の場所でも、ハイスピードエリアプラスモードに切り替えることでインターネットが利用が出来てしまうのです。

エリアプラスモードは注意しないと1ヶ月間使い物にならなくなる!?

ハイスピードエリアプラスモードはハイスピードモードより利用可能な場所が広くなっています。

そのため、『だったらずっとエリアプラスモードにしておけばいいじゃん?』と思ってしまいそうです。

しかし、ハイスピードエリアプラスモードには月間7GBという容量制限があります。

これを超えてしまうと、通常のハイスピードモードもハイスピードエリアプラスモードも両方が月末まで通信制限を受けてしまうのです。

つまり、ハイスピードエリアプラスの7GBの容量をオーバーしないよう、本当に必要なとき以外はハイスピードモードで利用するのがオススメででしょう。

モード切り替えはワンタッチで簡単に変更可能

上記の2つのモードはWiMAX2+の専用ルーターにてワンタッチで切り替えが可能となります。

都心などで利用していてau LTE回線が必要ない場合などハイスピードモードで固定すれば、月間の容量を気にせずに利用出来ます。

なお、ハイスピードエリアプラスモード利用後は、必ず切り替え忘れのないほうにしましょう。

トップへ戻る↑

WiMAX2+通信量まとめ

WiMAX2+の通信量は月間では無制限になっています。

しかし、使い方次第では通信制限に陥ってしまう可能性が高いのも事実です。

オンラインゲームのラグ解消法!快適なネトゲの通信速度の目安』でも解説していますが、ゲームなど大容量のサービス利用する場合、速度の制限はかなり厄介でしょう。

回避するには使い方に注意しながら利用する必要があります。

WiMAX2+の注意点


  • 直近3日での通信量が10GBに到達しないよう、多めに利用する日と節約する日を決めて利用する
  • 固定回線やフリーWi-Fiがある環境であれあば、そちらを優先的に接続して、通信量の消費を抑える。
  • ハイスピードエリアプラスモードは、本当に必要な場面以外では使用をなるべく控える。
  • 万が一、通信制限になった場合、大容量のデータのやり取りは速度低下の起きない18時までに済ませる。

基本的に、通信量の使用する加減をうまく調節すれば、通信制限は回避できるでしょう。

また、ハイスピードエリアモードでの容量オーバーをしない限りは、通信制限の時間が限られているので多少は安心です。

WiMAX2+は、うまく容量を見極めて利用することで、モバイルWi-Fiならではの持ち運び出来て、どこでもWi-Fiが使えるというメリットがあります。

さらに、工事不要ですぐにインターネットが始められるため、至急インターネットが必要になった場合にも便利です。

トップへ戻る↑

オススメWiMAX2+プロバイダ

]GMOとくとくBBWiMAXキャンペーン
  • キャンペーン:29,000円キャッシュバック
  • キャンペーン期間:2021/7/1〜2021/7/31
  • 月額料金:
    1〜2ヵ月目:3,970円
    3ヵ月目以降:4,689円

WiMAX2+を提供しているプロバイダや事業者は数多くあります。

そのほとんどは、モバイルWi-Fiの端末代無料、月額料金の割引といったキャンペーンを行っていますが、現金キャッシュバックなどの誰もが期待をしていまうような特典はありません。

しかし、その中で『GMOとくとくBB』だけは、他社と同じく端末代無料などの特典とは別に、最大29,000円の現金キャッシュバックを行っている非常におススメのプロバイダになります。

また、GMOは月額料金を2つのプランから選ぶことが出来ます。

■GMOとくとくBB WiMAX月額料金

料金プラン 1~2ヶ月目 3ヶ月目以降
ギガ放題プラン(無制限) 3,609円 4,263円
通常プラン(7GB/月) 4,263円 4,263円

無制限使い放題のギガ放題プランは、2ヶ月間は割引が適用されるため非常にお得です。

3ヶ月目以降に関しても、他社と比較しても平均的な料金になっているため安心して利用できます。

ただし、無制限ではありますが、あくまで月単位の通信量になるため、3日ごとに10GBの容量制限があるので注意しなければいけません。

また、送料無料で即日発送が可能ですが、締め切り時間の条件あるので注意しましょう。

即日発送条件

平日15:30 土日14:00までに申し込み完了

通信量を無制限で使えたらなぁ…⇒ 固定回線がアリかも!

通信量を無制限で使うなら固定回線がいいかも

WiMAX2+は、モバイルWi-Fiとして持ち運び可能な面など便利なサービスです。

ただ、頻繁にインターネットを利用する方にとっては、通信制限に気を配るなど、多少の使いづらさを感じてしまうかもしれません。

外出先でインターネットを多く利用する方にはピッタリのWiMAX2+ですが、もし、自宅での利用が多いかたであれば、光回線などの固定回線を契約するのがベストでしょう。

固定回線であれば、基本的にデータ容量の制限が無いため、ゲームなどの大容量のサービスでも通信制限を気にせず、思う存分楽しむことが出来ます。

また、WiMAX+2などのモバイルWi-Fiに比較して、通信速度も速くて安定しているのがメリットです。

NURO光

▲世界最速のインターネット
最大2Gbpsの NURO光

現在では、最大2Gbpsという驚異的な通信速度の光回線なども登場しているため、通信速度の面では固定回線の期待値はかなり大きいでしょう。

なお、別記事『光回線の通信容量は無制限!?固定回線を使った通信制限の解消法とは?』では、光回線をうまく利用した通信制限を回避する方法や、非常にお得な光回線を紹介しています。

光回線に興味ある方の参考になれば幸いです。

関連記事
WiMAX2+は実は無制限じゃない?通信制限の条件と解消法を徹底ガイド
WiMAX2+の速度
WiMAX2+のモードには、ハイスピードモード、ハイスピードプラスエリアモードがあります。2つのモードにはそれぞれ、月間や直近3日ごとに通信制限があるため実質無制限ではありませ...