1. ホーム
  2. キャンペーン
  3. WiMAX2+の月額料金・割引

WiMAXの月額料金は高い?WiMAXのコスパやセット割を調査

WiMAXは様々なプロバイダが、お得そうな料金プランやキャンペーンを用意しています。

美味しそうなキャンペーンだと思って飛びついても、実際に契約してみたら、

「追加料金が発生していた…」

「解約時に高額な違約金がかかった…」

など、想定外の事態が発生することもあります。

このような事にならないよう、きちんとWiMAXの料金について理解した上で、自分にあったプロバイダ選びが大切です。

このページでは、WiMAXの料金を徹底比較し、プロバイダごとの特徴を解説していきます。

WiMAXの料金を徹底比較!コスパ最強はどれだ?

Wimaxのプロバイダ

WiMAXには多種多様なプロバイダがあります。

主なプロバイダ

  • GMOとくとくBB
  • BroadWiMAX
  • BIGLOBE
  • DTIなど

プロバイダごとに通信速度や電波に違いはありませんが、月額料金、キャンペーン、契約期間が異なります。

WiMAXの料金は、プロバイダによって端末料金が違ったり、最初の2年間だけ割引がついていたりするので、料金の比較が難しいです。

この記事では比較しやすいように、まず初期費用端末代金月額料金について解説し、「3年間の合計負担額」で比較を行っていきます。

また、3年間の合計負担額を算出したあと、キャッシュバックキャンペーンを含めた合計負担金額も算出しています。

まずは端末代金と初期費用について、詳しく見ていきましょう。

【1】端末代金・初期費用

初期費用(事務手数料)はどのプロバイダも一律3,000円ですが、端末代金はプロバイダごとによって異なります。

プロバイダごとの端末代金

  • BIGLOBE WiMAX:19,200円
  • UQ WiMAX:15,000円
  • GMO、BroadWiMAX、DTI:0円

機種のラインナップは変わらないので、端末を安く購入するならGMOとくとくBBか、BroadWiMAXがお得だと言えるでしょう。

BIGLOBE WiMAXキャッシュバックキャンペーンをやっているので、キャッシュバックを使えば実質的な負担額を減らすことができます。

キャッシュバックの内容については、後ほどの項目で説明いたします。

【2】端末はどれを選ぶべき?

WiMAXではどの機種も機種代金が同じなので、なるべく性能が高い機種を選ぶ方が良いでしょう。

外出先で利用する方はモバイルルーター、家の中で家族と一緒に使う方はホームルーターがおすすめです。

■モバイルルーター機種一覧
機種名 W06 WX06 WX05 W05
メーカー HUAWEI NEC NEC HUAWEI
最大通信速度(下り) 1.2Gbps 440Mbps 440Mbps 758Mbps
最大接続可能台数 16台 16台 10台 10台

モバイルルーターで性能が一番良いのはW06です。

■ホームルーター機種一覧
機種 L02 HOME 02 HOME 01 L01s
メーカー HUAWEI NEC NEC HUAWEI
最大通信速度(下り) 1Gbps 440Mbps 440Mbps 440Mbps
最大接続台数 40台 20台 22台 40台

ホームルーターだとL02の性能が一番いいですね。

モバイルルーターならW06、ホームルーターならL02が、現在のところ性能は頭ひとつ出ていると言えるでしょう。
この2機種のどちらかを選ぶことをオススメします。。

ただし在庫状況によっては、
手に入らない場合もあるよ!

次は、プロバイダごとの月額利用料金について比較していきます。

【3】主なプロバイダの月額料金比較

まずは、プロバイダごとの月額料金が契約期間ごとにどれぐらい変化するのか、一覧にまとめてみました。

■プロバイダごとの月額料金
プロバイダ プラン名 契約期間
1~2ヵ月 3か月目 4~24ヵ月 25ヵ月以降
BroadWIMAX ギガ放題 2,726円 3,411円 4,011円
7GBプラン 2,726円 3,326円
GMOとくとくBB WIMAX ギガ放題 3,609円 4,263円
7GBプラン 3,609円
DTI WiMAX ギガ放題 0円 2,509円 3,760円
7GBプラン 3,500円
BIGLOBE WiMAX ギガ放題 3,980円
UQ WiMAX ギガ放題 3,880円

プロバイダの契約年数ごとに月額料金が違うので、単純に月額料金を比較するのは難しいです。

例えば、最初の24ヵ月間で言えばギガ放題の中で一番安いのはBroadWiMAXですが、25ヵ月目以降はBIGLOBEよりも料金が高くなってしまいます。

このように、期間ごとに月額料金を比較しても、どこがお得なのかわかりにくいので、次の項目では3年間の合計負担額を算出して比較してみました。

【結論】3年間の合計負担額!一番安いのは?

初期費用・端末代金・月額料金を算出し、どのプロバイダが一番安いのかを比較してみました。

比較がしやすいように、ギガ放題プランのみで計算しています。

■3年間の合計負担額
プロバイダ 初期費用 月額料金(3年間合計) 端末料金 3年間の合計負担額
BroadWIMAX 3,000円 128,626円 0円 131,626円
GMOとくとくBB WIMAX 144,942円 147,942円
DTI WiMAX 126,589円 129,589円
BIGLOBE WiMAX 143,280円 19,200円 165,480円
UQ WiMAX 139,680円 15,000円 157,680円

3年間トータルの負担額が一番少ないのはDTI WiMAX、2番目はBroad WiMAXという結果になりました。

DTI WiMAXが一見コスパが良さそうですが、auスマートバリューmineという割引が適用になりません。auスマートバリューmineの適用を考えている方は、他のプロバイダを選ぶ方が良いでしょう。

上の表ではキャッシュバックを含めない金額で比較を行いましたが、次はキャッシュバックも含めたトータルの実質負担額を比較してみます。

■キャッシュバックも含めた負担額
プロバイダ 3年間の合計負担額 キャッシュバック 3年間の実質負担額
BroadWIMAX 131,626円 0円 131,626円
GMOとくとくBB WIMAX 147,942円 27,000円 120,942円
DTI WiMAX 129,589円 0円 129,589円
BIGLOBE WiMAX 165,480円 15,000円 154,480円
UQ WiMAX 157,680円 0円

157,680円

BroadWiMAXもキャッシュバックキャンペーンをやっていますが、他社から乗り換える際の違約金に対する補填なので、こちらの表ではカウントしていません。

キャッシュバックの金額も含めると、実質負担額が一番少ないのはGMOとくとくBBでした。

キャッシュバックを利用してお得に契約したい方は、GMOとくとくBBを選ぶと良いかも知れません。

ここまでは単純に3年間の合計負担額を比較してきましたが、次はオプション料金や、au・UQmobileとのセット割・契約期間と解除料について解説していきます。

WiMAXのオプション料金

この章では、意外と見落としがちなオプション料金について解説します。

「思った以上に料金がかかった…」

「オプションに入っておけば良かった…」

という後悔を防ぐためにも、把握しておいた方が良いでしょう。

理解しておくべきオプションは

  • LTEオプション
  • 保証オプション

の2つです。

LTEオプションは追加料金が必要

LTEオプションとは

通信モードをハイスピードモードから、ハイスピードプラスエリアモードに切り替える際、発生する追加料金1,005円のこと。

WiMAXでは、「ハイスピード」「ハイスピードプラスエリア」、2つのモードがあります。

ハイスピードモードから、ハイスピードプラスエリアモードに切り替えることによって、より安定した通信サービスを利用することができます。

■スピードモードの概要
  月間データ量 通信方式 追加料金
ハイスピード 無制限 WiMAX2+ なし
ハイスピードプラスエリア 7GB
  • WiMAX2+
  • LTE

1,005円(LTEオプション)

LTEオプションは基本的に有料ですが、BroadWIMAXやGMOとくとくBBなど、3年プランの場合は無料になります。

また3年プラン以外のBIGLOBE、UQ WIMAXの場合は、auスマートバリューmineを適用することでLTEオプション料が無料になります。

3年プラン以外の契約で、auスマートバリューmineを組まず、ハイスピードプラスエリアモードを利用する場合は、追加料金1,005円がかかってしまうので要注意。

auスマートバリューmineについては、後ほど「auスマートバリューmine」の項目で、適用条件を解説していきます。

保証オプションもプロバイダごとに違う

WIMAXでは保証のオプションに入ることで、メーカー保証(1年)が切れた後も保証を受けることができます。

後から退会することはできますが、申し込み時しか加入することができません。

保証なしの状態で修理・交換を行った場合、5,000~20,000円ほど料金が発生してしまうので、契約時に保証オプションに入るかどうか、しっかり吟味しておきましょう。

■プロバイダごとの保証オプション
プロバイダ オプション 月額 内容
BroadWiMAX 安心サポート 550円 自然故障、6か月以上利用時に水濡れ故障の場合、無償で修理。
GMO・DTI WIMAX 安心サポート 300円 自然故障の場合、無償修理
安心サポートワイド 500円 自然故障、水濡れや破損の場合も含めて、無償修理。
BIGLOBE なし 0円 メーカー保証1年のみ
UQ WiMAX 端末保証サービス 380円 自然故障、部分破損、全損、水濡れ、盗難、紛失時に、端末交換サービスの利用が可能。

保証内容がプロバイダによって違うね!
どれが自分にとって良いかちゃんと確認しよう。

au・UQmobileとのセット割について

WIMAXはau・UQ mobileと提携しており、条件を満たせばスマートフォンに割引を適用することが可能です。

auではauスマートバリューmine、UQ mobileではギガMAX月割、というセット割があります。

それぞれの適用条件について、しっかりと確認していきましょう。

auスマートバリューmine

WiMAXのプロバイダによっては、auのスマートフォンとセット割を組むことで、auのスマートフォンの料金から割引を入れることができます。

このセット割の名前がauスマートバリューmineです。

auスマートバリューmineを適用するメリットは2つ

  • auスマートフォンの料金が安くなる
  • 3年契約以外のプランでも、LTEオプション1,005円無料になる

auスマートフォン10回線まで割引が適用できるauスマートバリューとは違い、auスマートバリューmineは、WiMAX1契約につきauスマートフォン1台までの割引となっています。

auスマートバリューmineの対象プロバイダは以下の通りです。

auスマートバリューmine対象プロバイダ

  • GMOとくとくBB
  • BroadWiMAX
  • BIGLOBE WiMAX
  • UQ WiMAX

※DTI WIMAXは、auスマートバリューmine対象外なので注意。

auスマートバリューmineを適用させるには、上記のプロバイダで契約することと、auスマートフォンで対象プランに加入していることが条件です。

auのスマートフォンを契約していても、auスマートバリューmineの対象外プランだと、LTEオプション無料の特典は適用されません

以下の表で、自分のプランがスマートバリューmineの対象であるか確認してみましょう。

■主なauスマートバリューmine対象プラン
プラン名 月々の割引額

auピタットプランN(s)

auピタットプラン

auピタットプラン(s)

2GBまで

(シンプルプランの場合、1GBまでは割引対象外)

500円
2GB~20GBまで 1,000円

auフラットプラン25 NetflixパックN

auフラットプラン20N

auフラットプラン30・25Netflixパック・20・5(学割)

1,000円

データ定額5・8・10・13・20・30

U18データ定額20

LTEフラット等

934円

auスマートバリューmini対象外のプランについてもチェックしておきましょう。

主なauスマートバリューmine対象外プラン

データMAX5G、データMAX5GNetflixパック、ピタットプラン5G、新auピタットプラン、auフラットプラン7プラス、auデータMAXプランPro・Netflixパック

2019年6月1日より、家族割プラス(スタートキャンペーン)が始まったことにより、スマートバリューmineの対象外プランが増えており、料金体系が複雑になっています。

ピタットプランに入っているという方でも、「auピタットプラン」に入っているか「新auピタットプラン」に入っているかでスマートバリューmineの対象かどうか変わってきます。

自分のプランがauスマートバリューmineの対象であるか、
auのお客様センターで必ず確認しておきましょう。

ギガMAX月割

ギガMAX月割は、UQ mobileのスマートフォンとのセット割です。

WIMAXでギガ放題プランに加入することと、UQ mobileで対象プランに加入することで割引を受けられます。

DTI WiMAXはスマートバリューmineに対応していませんでしたが、ギガMAX月割は対象です。

■ギガMAX月割の割引額

対象プラン

月々の割引額
スマホプラン 500円
おしゃべりプラン
ぴったりプラン
300円

また、UQ家族割ギガMAX月割を併用した場合、以下のように割引が入ります。

UQ家族割

UQの家族割は、親回線に2回線目(子回線)を追加することで、子回線から500円割引が入ります。
親回線には家族割の割引は入りません。

ここにギガMAX月割の割引を適用すると、親回線から300円の割引が入る仕組みです。

WiMAXの契約期間と解除料について

いくら月額料金が安くても、解約する時に高額な違約金が発生してしまっては元も子もありません。

プロバイダごとに、契約期間と、更新月以外の解除料についてまとめてみました。

■プロバイダ別の解約期間と解除料
プロバイダ 契約期間 自動更新 解約時期と解除料
12ヵ月以内 13~24ヵ月 25ヵ月以降

BroadWiMAX

3年 あり 28,500円(Web割解除料含む) 23,500円 9,500円
GMO 3年 あり 24,800円 9,500円
DTI 3年 あり 19,000円 14,000円 9,500円
BIGLOBE 1年 なし 1,000円 0円
UQ WIMAX 2年 あり 1,000円

月額料金が安いプロバイダほど解除料が高く、月額料金が高いプロバイダほど、契約の縛りがゆるいことがわかりますね。

3年契約のプランは、特に最初の2年以内で解約してしまうと解除料が高額でかかってしまうので、短期でルーターを契約したい方にはおすすめできません。

ただしBroadWiMAXGMOは、それぞれのプロバイダの窓口を通して他社に乗り換えることで、違約金を免除してもらえるキャンペーンがあります。

自分がどれぐらいの期間ルーターを使うのか、ルーターを解約する時は他社に乗り換えるのかも頭に入れて、プロバイダを選ぶようにしましょう。

3年契約は更新期間を過ぎると、また3年契約(プロバイダによっては2年契約)が始まります。
利用期間が3年を過ぎていても、更新期間以外に解約してしまうと解除料がかかるので要注意。

必ず更新期間はいつなのか、契約時に確認しておきましょう。

WiMAXの料金は高い?他社サービスと料金比較!

WiMAXのプロバイダごとの料金について解説してきましたが、WiMAX以外の他社ルーターの料金についても調べてみました。

「3年の合計負担額!一番安いのは?」の項目で3年間の合計負担額を算出しているので、他社のルーターも3年間の合計金額を出しています。

■他社Wi-Fiルーターの合計負担額
  端末代金 月額料金 月間データ容量 3年間合計負担額
au 22,000円 4,292円 無制限 176,512円
ドコモ 26,136円 Wi-Fiのみ 6,980円 30GB 277,416円
ドコモのスマホとセット 1,000円 スマホのプランに準ずる 62,136円
Softbank Air 実質0円(本体代58,320円、毎月割58,320円) Airのみ

12ヵ月間3,800円

13ヵ月目以降4,880円

無制限 162,720円
ソフトバンクユーザー

12ヵ月間4,300円

13ヵ月目以降4,880円

無制限 168,720円
Y!mobile 10,800円 アドバンスモード 4,380円 無制限 168,480円
アドバンスモード無し 3,696円 7GB 143,856円
限界突破Wi-Fi 0円 3,500円 無制限 126,000円

大手3キャリアのルーターは、WiMAXに比べると割高な傾向にあります。

そのキャリアを使っている人以外にとってメリットは皆無です
ちまりキャリアとのセット割を利用すればお得になる可能性もあります。

大手キャリアでお得に契約する方法

  • ドコモ
    データシェアで割安に契約
  • au
    固定回線がエリア外の場合、家族10回線までスマートバリュー適用可
  • ソフトバンク
    家族10回線までおうち割光セット適用可

キャリアの契約内容によっては安くなる場合もあるので、自分のキャリアで料金を見積もってもらい、WiMAXと比較するのがベストです。

また、キャリア以外で上に挙げた限界突破Wi-Fiは、独自SIM型MVNOのモバイルルーターであり、圧倒的な安さを誇っています。

ただし、みんなのネット回線速度を見てみると、通信速度があまり速くないので、安定した通信速度を求めている人は避けた方が良いでしょう。

WiMAXを契約すべき人はこんな人

  • 大手キャリアとのセット割でお得にならない人
  • キャッシュバック等のキャンペーンを活用したい人
  • そこそこ安定した速度を求めている人

次の項目ではおすすめのWiMAXプロバイダを厳選し、紹介していきます。

WiMAXの評判のいいプロバイダ3選

まだWiMAXのプロバイダ選びでお悩み方の為に、お得なプロバイダを3つ厳選しました。

GMOとくとくBB
WiMAX随一の高額キャッシュバック

BIGLOBE WiMAX
最低利用期間が1年。高額な違約金、長期の縛りが気になる方向け

BroadWiMAX
低価格で、他社から乗り換えの方向けキャンペーン有り

それぞれのプロバイダごとに、内容を詳しく解説していきます。

高額キャッシュバックならGMOとくとくBB

]GMOとくとくBBWiMAXキャンペーン
  • キャンペーン:29,500円キャッシュバック
  • キャンペーン期間:2021/10/1〜2021/10/31
  • 月額料金:
    1〜2ヵ月目:3,970円
    3ヵ月目以降:4,689円

GMOとくとくBB WiMAXの特徴

  • WiMAXでトップクラスの高額キャッシュバック
  • 20日以内キャンセル可能
  • GMO窓口から他社乗り換えで違約金0円

GMOとくとくBBの一番の特徴としては、なんといっても27,000円の高額キャッシュバックです。
契約11ヵ月目に届いた案内メールにて登録を行うと、翌月末日より口座にお金が振り込まれます。

2つ目の特徴としては、20日以内のキャンセル制度があることです。
WiMAXの電波に不満があれば20日以内にキャンセルが可能なので、WiMAXの通信速度が気になる方にとっては心強いですね。

3つ目は、GMOの窓口を通して他社に乗り換えることで、違約金が0円になる「どんなときも解約サポート」キャンペーンです。

GMOとくとくBB

GMOとくとくBBは解除料が非常に高額ですが、その場合でもキャンペーンを利用すれば違約金が0円になる可能性あります。
解約を検討する際はGMOの窓口に一度相談してみましょう。


現在WiMAXを契約する方が増えており、早めに申し込んでおかないと端末が在庫切れになってしまう可能性があります。

またキャッシュバック内容も変更途中終了する可能性があるので、ご決断はお早めに。

契約期間は1年のみ!BIGLOBE WiMAX

BIGLOBE

BIGLOBE WiMAXの特徴

  • 15,000円キャッシュバック
  • 最低利用期間1年、解除料1,000円
  • auスマートバリューmine適用でLTEオプション無料

縛りが1年間だけなので、短期で利用する方や、高額な解除料が心配な方におすすめです。
2年以内に解約する可能性のある方は、多少月額料金はかかっても、BIGLOBE WiMAXを契約する方がかえって安くつくことも。

端末代金がかかるBIGLOBEですが、期間限定で15,000円のキャッシュバックキャンペーンを行っています。

契約翌月に届く案内メールで振込口座の申請を行うことで、最短翌月にキャッシュバックを受け取ることができます。
これなら、キャッシュバックの受取忘れがなくて安心ですね。

キャッシュバックのキャンペーンは2020年5月7月~6月30日です。このチャンスをお見逃しなく。

申し込みはこちらから

BIGLOBE WiMAX

低価格にこだわるならBroadWiMAX

BroadWiMAX

BroadWiMAXの特徴

  • 月額2,726円〜と超低価格
  • 他社から乗り換えで違約金負担
  • 違約金0円で他社のりかえ可能

BroadWIMAXの強みは、月額料金が安いところです。

初期費用18,857円が無料になるキャンペーンをやっているので、これを利用すればお得に申し込むことができます。

ただし、これを適用させるには以下2つの条件があるので確認しておきましょう。

  • 月々の支払いをクレジットカード決済に設定
  • 安心サポート(月々550円)、My Broadサポート(最大2ヵ月無料)に初回加入

オプションが不要な場合は機種が到着次第、オプションを解約するのを絶対に忘れないでくださいね。

また、BroadWiMAXの2つ目の特徴として、他社からのりかえでキャッシュバック最大19,000円というキャンペーンを行っています。
他社解除料明細をメールで送付する必要があるので、忘れないようにしておきましょう。

キャッシュバック対象は契約解除料のみ。
工事費残債、端末残債は対象外なので要注意。

Broad WiMAXの3つ目の特徴として、BroadWiMAXの窓口から他社に乗り換えることで、違約金が0円になるキャンペーンをやっています。

24ヵ月以内にキャンペーンを使わず通常解約してしまうと、非常に高額な解除料がかるので注意しましょう。
解約の際は一度BroadWiMAXの窓口に連絡し、違約金0円キャンペーンの対象になる他社回線を紹介してもらいます。

申し込みページはこちら

BroadWiMAX

関連記事
WiMAX2+の提供エリア確認方法|住所からピンポイントに検索できる! WiMAXの提供エリアについて解説しています。WiMAXは、日本の多くの場所で利用できるようになりましたが、現状非対応のエリアもいまだ存在します。そのため、契約前にエリア内かど...
WiMAXを申し込むならGMOとくとくBBがオススメ WiMAXの申し込み先はGMOとくとくBBのほぼ一択!?理由と注意点を解説 GMOとくとくBBは、WiMAXの申し込み先プロバイダとして圧倒的な人気を誇っています。オススメしているwebサイトも多いですが、本当のところGMOとくとくBBはお得にWiMAXを使うことが...
So-netとWiMAX So-net WiMAX2+は割引がしょぼい?見過ごせないデメリットとは So-net WiMAX2+は、UQ WiMAXの回線を利用してWiMAXを販売しています。中身はUQ WiMAXと変わりません。So-netでは割引を実施しているため、通常よりも安い料金で利用できます。ただ...
WiMAXの速度まとめ|通信制限の落とし穴!速度低下の原因などを暴露 WiMAXは「無制限で使える!」と宣伝していますが、「あれ? 急に速度が遅くなった…」と感じている人も多いようです。実は、WiMAXでは3日で10GBの通信使用量を超えると速度制限が...
auスマートバリューmineは一人暮らし向け WiMAXはauスマートバリューmineが使える!セット割の詳細や注意点 WiMAXとauのセット割である、auスマートバリューmineについて解説しています。auスマートバリューmineは、auの携帯回線とWiMAXのセット割です。割引額は、契約しているスマホのデ...