1. ホーム
  2. インターネット回線の比較

auひかりとフレッツ光を比較検証!auひかりのほうがコスパがいい?

auひかりとフレッツ光の比較

NTT東日本/西日本が運営する『フレッツ光』とKDDIが運営する『auひかり』、どちらも有名な光回線です。

しかし、料金やサービスといった中身はかなり違うことはご存知でしょうか。

光回線の導入を考えていて「フレッツ光とauひかりのどっちを契約した方がお得?」と悩んでいる方もいるかもしれません。

そこで当記事では、下記の3つのポイントからauひかりとフレッツ光を比較しました。

  1. 料金・費用
  2. 提供エリア
  3. 通信速度

結論から言えば、auひかりのほうがコスパが良いと言えます。

現在、フレッツ光を契約している人は、後述するauひかりのお得な申し込み窓口を参考に、お得なキャンペーンを利用してauひかりへと乗り換えることを検討してみましょう。

このページでは、auひかりとフレッツ光の比較に加え、フレッツ光からauひかりへ乗り換える時の注意点も解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

auひかりとフレッツ光の料金の比較

auひかりとフレッツ光の月額料金や初期費用の比較

まずは、auひかりとフレッツ光の月額料金、初期費用などの料金を比較してみました。

月額料金の比較

提供エリアの広い最大速度1Gbpsプランの月額料金を比較したところ、プロバイダ料込みでフレッツ光 東日本がやや高い結果となりました。

■戸建て月額料金比較
戸建て auひかり

フレッツ光 東

フレッツ光 西

回線 5,390円~5,610円 4,700円~5,940円 4,521円~4,730円
プロバイダ 500円~1,200円 500円~1,200円
合計 5,390円~5,610円 5,100円~6,900円 4,610円~5,500円

フレッツ光は回線利用料とプロバイダ利用料が別々のため、選んだプロバイダによって月額料金が変わる仕組みです。

そのため、安いプロバイダを選べば、auひかりより安いかほぼ同じぐらいの月額料金となります。

ただし、利用料が高いプロバイダを選ぶと、auひかりよりも割高になる点はフレッツ光 東西共通です。

この傾向は、マンションの場合も同様です。

■マンション月額料金比較

マンション
(16戸)

auひかり

フレッツ光 東

フレッツ光 西

回線 4,180円 3,050円~4,125円 2,948円~3,135円
プロバイダ 500円~1,200円 500円~1,200円
合計 4,180円 3,550円~4,550円 3,180円~4,050円

フレッツ光の東日本/西日本ともに、利用料が安いプロバイダを選べばauひかりよりも安く光回線を利用できますが、最安の月額500円で利用できるプロバイダは限られている点がネックです。

使いたいプロバイダが決まっている方は、auひかりにした方がトータルの月額料金が安くなる可能性があります。

各プロバイダの利用料はフレッツ光 東日本 / 西日本 の公式サイトに掲載されているので、目当てのプロバイダがあるならチェックしておきましょう。

初期費用の比較

初期工事費の実質負担額はau光の方が安くなります。

■初期工事費比較
初期工事費 auひかり フレッツ光 東 フレッツ光 西
戸建て 41,250円 19,800円 19,800円
マンション 33,000円 16,500円 16,500円
実質無料キャンペーン あり

金額だけを比較すると一見フレッツ光の方が安く見えますが、実際の負担額を抑えたいならauひかりの方が有利です。

auひかりには月額料金から初期工事費相当分を割引する『初期費用相当額無料』というキャンペーンがあります。

初期費用相当額無料』により、戸建てなら1,178円×60ヶ月間(合計41,250円)、マンションなら1,434円×24ヶ月間(合計33,000円)の月額料金割引を受けることが可能です。

つまり割引期間が終わるまでauひかりを利用すれば、初期工事費の実質負担額は0円になります。

また、契約時にかかる契約事務手数料はそれぞれ次の通りです。

■契約事務手数料比較
  auひかり フレッツ光 東 フレッツ光 西
契約事務手数料 3,300円 800円 800円

契約事務手数料はフレッツ光の方が安いですが、初期工事費を含めて考えると、フレッツ光の初期費用の実質負担額は15,800円~18,800円です。

一方、初期費用相当額無料キャンペーンがあるauひかりの初期費用の実質負担額は、契約事務手数料3,300円だけです。

解約金の比較

auひかりもフレッツ光も2年縛り・3年縛りありのプランを選択すると、更新月以外のタイミングで解約した際に解約金が発生します。

縛りのないプランも選べますが、auひかりの一部のマンション向けプランを除いて月額料金が高くなるため、通信費を安くしたいなら縛りありのプランを選んだ方がいいでしょう。

■解約金比較
解約金 auひかり フレッツ光 東 フレッツ光 西
戸建て 10,450円~16,500円 10,450円 11,000円
マンション 7,700円~10,450円 1,650円 7,700円

戸建てだと、auひかりの3年契約プラン『ずっとギガ得プラン』の解約金が16,500円と1番高いです。

一方、マンションだと、フレッツ光 東日本の解約金がかなり安くなっています。

ただし、どちらの光回線でも更新月のタイミングで解約すれば、解約金は発生しません。
乗り換え・解約を更新月に行えば、解約金は気にしなくてもOKです。

撤去工事費の比較

光回線を解約または乗り換えする際、自宅に導入した光ファイバーの撤去工事が必要かどうかは、回線や契約プランによって違います。

auひかりとフレッツ光のプランの中では、auひかりのホームタイプのみ撤去工事が必須です。

■撤去工事費比較
撤去工事費 auひかり フレッツ光 東 フレッツ光 西
戸建て 31,680円 不要 不要
マンション 不要 不要 不要

auひかりのホームタイプの解約・乗り換え時は、撤去工事費として必ず31,680円の負担が発生するので覚えておきましょう。

他の光回線へ乗り換えるのであれば、キャッシュバックや他社解約金相当額を負担してもらえるキャンペーンを実施している窓口を選べば撤去費用の負担を抑えることが可能です。

なお、基本的に撤去工事が不要な回線・プランでも、状況によっては撤去工事が必要となり、撤去費用が発生することがあります。

auひかりのホームタイプで撤去工事が不要なケース

auひかりのホームタイプでも、下記の条件を全て満たしていれば撤去工事は不要(任意)です。

■auひかりのホームタイプで撤去工事が不要なケース


  1. 2018年2月28日以前に新規申し込み
  2. 『auひかりホーム10ギガ』『auひかりホーム5ギガ』に変更していない

2018年2月末以前からauひかりを使っていて、なおかつ最大10Gbps/5Gbpsの高速プランに変更していない方は、撤去工事はしなくてもOKです。

また、上記の条件に当てはまる方が任意で撤去工事を行う場合は、撤去工事費が10,000円かかります。

auひかりとフレッツ光の提供エリアの比較

auひかりとフレッツ光はそれぞれ独自に回線を提供しているため、提供エリアは違います。
1Gbpsプランの提供エリアの広さで比較するなら、日本全国に提供されているフレッツ光の方が広いです。

フレッツ光の提供エリア▲フレッツ光の提供エリア

auひかりも全国的に展開していますが、一部ホームタイプが契約できない地域があります。

■auひかり ホームタイプが提供されていない地域


  • 関西
    滋賀県、 京都府、 大阪府、 兵庫県、 奈良県、 和歌山県
  • 中部
    岐阜県、 愛知県、 静岡県、 三重県、福井県

KDDIと提携している『eo光』およびKDDIグループが運営している『コミュファ光』との競合を避けるため、これらの地域でauひかりのホームタイプは未提供です。

上記の地域の戸建てにお住いの方は、「auひかりがエリア外だった時の対策!」を参考にauひかり以外の光回線を検討しましょう。

ただし、上記の地域でもマンションタイプであれば、auひかりも提供されています

提供エリアの確認方法

auひかりとフレッツ光 東日本/西日本の提供エリアは、それぞれの公式サイトから確認できます。

■提供エリアの確認ページ


※『かんたんお申し込み』『通常のお申し込み』から確認(エリア確認だけなら正式な申し込みになりません)

上記のページで、自宅の郵便番号・住所などを入力していけば、結果画面で提供エリア内かどうかが表示されます。

提供エリア内の場合は、結果画面に利用可能なプラン名も表示されるので、どんなプランなのか確認しておきましょう。

5Gbps/10Gbpsの高速プランの提供エリア

2020年現在、全国的に普及している一般的な光回線の速度は最大1Gbpsです。

しかし、auひかりは2018年3月から最大5Gbpsの『auひかり ホーム5ギガ』と最大10Gbpsの『auひかり ホーム10ギガ』という高速プランを一部エリアの戸建て向けに提供しています。

また、フレッツ光も2020年3月より最大10Gbpsの戸建て向け高速プラン『フレッツ光 クロス』プランを提供開始しました。

それぞれの提供エリアは下記の通りです。

■5Gbps/10Gbpsプランの提供エリア


  • auひかり ホーム5ギガ/ホーム10ギガ
    東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の一部エリア
  • フレッツ光 東日本
    東京都の一部エリア
  • フレッツ光 西日本
    大阪府大阪市、愛知県名古屋市(2020年5月11日より受付開始)

2020年現在、5Gbps/10Gbpsプランの対象エリアは狭く、都市部でもごく一部の地域でしか利用できない状態です。

なお、どちらの光回線も高速プランは戸建て向けプランとなっているため、マンションにお住いの方は上記のエリア内でも利用できません。

auひかりとフレッツ光の通信速度の比較

auひかりとフレッツ光の通信速度の比較

ネットを快適に使う上で、通信速度の速さは大切です。
既に1Gbpsプランの月額料金を紹介しましたが、より高速な回線を求めている方もいるでしょう。

そこで、auひかりとフレッツ光で提供中の速度最大1Gbps以外のプランの速度比較しました。

ただ、最大速度が速いだけではなく、コスパがいいかも比べるために、月額料金も記載しています。

■戸建ての速度比較
下り速度 auひかり フレッツ光 東 フレッツ光 西
100Mbps

2,800円~5,800円
+プロバイダ料

2,800円~5,600円
+プロバイダ料

200Mbps

5,200円
+プロバイダ料

5,400円
+プロバイダ料

5Gbps 5,390円~5,610円
10Gbps 5,680円~6,180円

6,300円
+プロバイダ料

5,200円
+プロバイダ料

※フレッツ光は、表中の金額とは別にプロバイダ料も発生します。

プロバイダ料も含めて考えると、10Gbps高速プランの料金はau光の方が安いです。

また、最速にこだわらないのであれば、1Gbpsプランと同額で利用できる5Gbpsもコスパが非常にいいと言えます。

フレッツ光の最大100Mbpsプランと最大200Mbpsの低速プランは、コスパが悪い点に要注意です。

月額2,800円は安く見えますが、このプランは2段階制定額プランのため、格安の値段で使えるのは月間通信量が大体200MB~300MB以下の場合だけです

200MB~300MBを超えると通信量に合わせて課金され、通信量が1.2Gbps~1.3Gbpsを超えると月額5,000円台と1Gbpsプランとほぼ同じ料金になります。

それに加え、プロバイダ利用料も別に請求される点も要注意です。

マンションタイプで、最大速度が1Gbps以外のプランの速度と料金も比較してみます。

■マンションの速度比較
下り速度 auひかり フレッツ光 東 フレッツ光 西
100Mbps 4,180円

2,000円~4,300円
+プロバイダ料

2,600円~5,400円
+プロバイダ料

664Mbps 4,180円

auひかりでは、最大664Mbpsの回線が100Mbpsプランと同額で使えるプランも用意されています。

利用できるかどうかはマンションの設備次第ですが、使うことができればコスパよく高速な回線を使うことができるでしょう。

また、最大100Mbpsの低速プランについても、auひかりの方が割安です。

一見、フレッツ光の方が2,000円台でも使えて安く見えますが、フレッツ光の方はホームタイプと同様に2段階制定額プランのため、一定以上の通信を行うと料金が徐々に上がっていきます。

格安で使えるのは月間通信量が大体200MB~300MB未満の時だけです。
通信量が1.2Gbps~1.3Gbpsを超えると月額4,000円~5,000円台になります。

低速回線で月額4,000円~5,000円台というのは割高だと言えるでしょう。

しかも、200MB~300MBの通信量というのは、

2~3時間の動画視聴」

スマホにアプリを1つダウンロードする」

だけで軽くを超える可能性があります。

ネットはメールの送受信のためにしか利用しないという方以外は、コスパがよくないプランです。

auひかりは混雑する時間帯の速さにも定評あり

正午付近や夜間になると、ネットがすごく遅くなる…

と感じたことはありませんか?

特定の時間帯に速度が低下したり、ラグが頻発するのは、多くの人がネットを使うことで回線が混みあってしまうことが原因です。

その点、独自の光ファイバー網持つauひかりは、フレッツ光や光コラボと比べると、ネットが混雑する時間帯でも速度が落ちにくいと評判です。

光回線なのに、たまに滅茶苦茶遅くてイライラする!

という方は、auひかりにするとより快適にネットが使えるようになるかもしれません。

auひかり速度 auひかりの速度は遅い?速度制限の条件や最速プロバイダの選び方を解説 auひかりの回線速度は最大1Gbpsですが、実際の速度はどのくらいでしょうか。実は非常に遅いと言った口コミも多くみられます。評判や実測値、スピードテストの方法などauひかりの速度について解説しました。また、ホームやマンションといったプランによる速度の違いや... 2021-10-07

フレッツ光からauひかりへ乗り換える際の注意点

フレッツ光からauひかりへ乗り換える時の注意点

ここまで解説してきた通り、現在のところ、フレッツ光よりもauひかりの方がコスパがよく、快適にネットを使うことができます。

フレッツ光からauひかりへの乗り換えを検討されている方もいるのではないでしょうか。

しかし、フレッツ光からauひかりへ乗り換える際は、注意するべきポイントがあります。

  • フレッツ光解約時にかかる費用
  • 光電話の電話番号を引き継げない可能性
  • 立ち合いがなくても工事費が発生する

気づかないまま解約してしまうと余計な出費が発生する可能性もあるので、解約手続きを始める前にこれから解説するポイントをチェックしておきましょう。

フレッツ光の解約金がかかる可能性があり

フレッツ光に限りませんが、光回線を解約する際には、解約金がかかることが多いです。

フレッツ光は比較的、解約金は少ないのですが、以下の3つの費用が請求される可能性については留意しておきましょう。

  1. 割引サービスの違約金
  2. プロバイダの違約金
  3. 工事費残債

フレッツ光を解約する際にかかり違約金はありません。
ただし、割引サービスを受けている人は、タイミングによっては違約金をとられます。

同様にフレッツ光そのものの違約金はありませんが、プロバイダを解約するときに違約金がかかることが多いです。

【1】割引サービスの違約金

フレッツ光で特定の割引サービスを利用すると契約期間が設定され、更新月以外のタイミングで解約すると解約金が請求されることがあります。

いわゆる2年縛り・3年縛りというものです。
例えば、フレッツ光 東日本で『にねん割』、西日本では『光はじめ割』を適用している場合の解約金は次のように請求されます。

■解約金比較
解約金 フレッツ光 東 フレッツ光 西
戸建て 10,450円 11,000円
マンション 1,650円 7,700円

契約中の光回線の更新月は、それぞれ下記のユーザー向け公式サポートサイトから確認できます。

■フレッツ光の更新月を確認できるサイト


乗り換え時の出費を抑えるためにも、なるべく更新月の間に解約・乗り換えを行うようにしましょう。

【2】プロバイダの違約金

フレッツ光からauひかりに乗り換える際、プロバイダも変更するのであれば、フレッツ光で契約していたプロバイダの解約手続きも必要です。

フレッツ光を解約しただけではプロバイダは解約されず、そのままだとプロバイダ利用料だけ請求され続けます。

プロバイダを変更したいなら、旧プロバイダで忘れずに解約手続きをしておきましょう。
また、auひかりで同じプロバイダを使う場合も、コース変更などの手続きが必要になるケースもあります。

プロバイダの解約はけっこう面倒▲プロバイダの変更はけっこう複雑!

さらに、光回線の乗り換えでプロバイダも変更する際は、旧プロバイダの縛り期間と解約金にも気をつけましょう。

フレッツ光が2年縛り・3年縛りの契約期間を決めているのとは別に、プロバイダにも契約期間が設定されている場合があります。

「フレッツ光の更新月に乗り換えたから大丈夫だと思ったら、プロバイダから解約金を請求された」

とならないように、解約前にプロバイダの縛り期間もチェックしておきましょう。

プロバイダの縛り期間や解約金は、各プロバイダのユーザーページから確認できます。

【3】工事費残債

フレッツ光の初期工事費を分割払い期間が残っている場合、解約後に残債が一括請求されます。

初期工事費の残債についてはフレッツ光のサポートサイト(東日本 / 西日本)で確認できるので、乗り換え手続きを始める前にチェックしておきましょう。

光電話の電話番号が引き継げない場合がある

フレッツ光で光電話を使用されている方は、現在使用中の電話番号をauひかり電話に引き継げない場合があります。

■電話番号の引継ぎの可否
発番 引き継ぎ
NTT一般加入電話
フレッツ光電話 ×

現在利用中の電話番号をどのように発番しかによって、auひかり電話へ引き継げるか決定します。

フレッツ光契約後に発番した電話番号は、auひかりに引き継ぎ(番号ポータビリティ)できません。

また、電話番号を引き継ぎたい方は、auひかり電話に切り替えが完了するまで、自分でフレッツ光の解約手続きを行わないようにしましょう。

電話番号を引き継ぐ場合、切り替えが完了前にフレッツ光を解約すると、正常に電話番号を引き継げないことがあります。

auひかり電話への切り替えが完了(ホームゲートウェイ前面の『電話ランプ』が緑色点灯)した時点で、フレッツ光電話は自動的に解約されます。

フレッツ光電話以外のネットやテレビサービスなどは切り替えが完了した後に、自分で解約手続きをしましょう。

auひかりの電話まとめ! auひかり電話まとめ!電話番号は引き継ぎできる? auひかりの電話についてまとめました。ひかり電話はスマートバリューや工事費相当額の割引などの条件となっています。この記事ではauひかり電話の概要や料金についてまとめました。また、ひかり電話特有の注意点についても解説します 2021-09-22

初期工事費用は立ち合いをしなくても発生する

マンションなどで既に設備が整っている場合、立ち合い工事なしでauひかりの利用を開始できることがありますが、自宅内での初期工事がなかった場合でも、auひかりの初期工事費は発生します。

ただし、先に解説した通り、auひかりでは『初期費用相当額無料』キャンペーンにより、auひかりの初期工事費の相当額分だけ月額料金を割引してもらえます。

そのため、マンションなら24ヶ月間、戸建てなら60ヶ月間割引を受ければ実質負担額が0円になる点も通常と変わりません。

また、auひかりでは、豪華なキャッシュバックの特典などを実施している代理店が多数存在してます。

フレッツ光を解約する際に発生した、違約金などを支払ったとしても、お得にauひかりに乗り換えることが可能です。

auひかりの工事についての全情報 auひかり開通工事の全情報!トラブルなくスムーズに開通させるには? auひかりの工事内容・工事費・工事なしになるパターンに加えて、トラブルなくスムーズに開通させる方法についても詳しく解説しました。光回線の開通工事と聞くと、穴あけやトラブル、突然のキャンセルなど、あまりよくない印象を持つ方が多いと思います。そういった... 2022-01-25

auひかりのお得な申し込み窓口

auひかりのオススメ窓口

auひかりの申し込み窓口は色々ありますが、窓口選びはしっかり行いましょう。

auひかりの申し込み窓口には、大まかに分けて

  • auひかり公式
  • auひかり提携プロバイダ
  • auひかりやプロバイダの代理店

の3種類あります。

窓口で何が違うのかというと、キャッシュバックなどのその窓口独自のキャンペーン特典が変わってきます。

別記事「auひかりキャンペーンは危険!」でも説明していますが、信頼できる窓口を選ばないと逆に損をすることもあり得るでしょう。

上手にう高額なキャッシュバックキャンペーンを実施中の窓口から申し込めば、数万円のキャッシュバックをゲットできます。

違約金を補填できるほどのキャッシュバック!▲信頼できる窓口から申し込みをする!

例えば、auひかりのプロバイダの中でも人気のあるSo-netから申し込みをすれば、無条件で総額94,336円の割引が適用されます。

豪華なキャッシュバックを実施している窓口もありますが、もっとも還元率が高いのがSo-netからの申し込みでしょう。

■auひかりのキャンペーン比較
窓口 特典
So-net 月額大幅割引(総額)
戸建て:94,336円
マンション:78,531円
GMOとくとくBB キャッシュバック
戸建て:51,000円
マンション:41,000円
NNコミュニケーションズ キャッシュバック
戸建て:45,000円
マンション:45,000円
NEXT キャッシュバック
戸建て:45,000円
マンション:40,000円

少しでもお得に乗り換えるために、お得なキャンペーンを実施している窓口からauひかりに申し込みましょう。

なお、どの窓口から申し込んでも、auひかり自体の速度やサービス内容は変わりません。

KDDI公式キャンペーンである『初期費用相当額無料』キャンペーンやスマホとのセット割引『auスマートバリュー』もどの窓口でも適用してもらえます。

auひかりSo-netキャンペーン
  • キャンペーン: 月額大幅割引
    戸建て:総額94,336円
    マンション:総額78,531円
  • キャンペーン期間:2022/6/1~2022/6/30
  • 戸建てタイプ月額料金:3,980円
  • マンションタイプ月額料金:2,200円

auひかり×So-netが人気なのはどうしてか徹底解説 auひかり×So-netが人気がある3つの理由とちょっとした落とし穴とは auひかり対応プロバイダでSo-netは他社より高額なキャンペーンを行っているため非常に人気の高いプロバイダです。So-netのキャンペーンには割引キャンペーンとキャッシュバックキャンペーンの2種類から選べます。このページではauひかり✕So-netのキャンペーンについ... 2021-03-24

関連記事
eo光とモバイルWi-Fiの費用比較 eo光とモバイルWi-Fiの費用を徹底比較!どっちがどれだけお得なのか eo光とモバイルWi-Fiの費用は比較すると、どっちがどれだけお得なのでしょうか。eo光は関西エリア限定の光回線サービスで、速度が安定して速いと定評のある光回線です。一方、モバ...
オンラインゲームで最強なネット回線 ゲーマー推薦!オンラインゲームに強いネット回線5選 近年、ゲームを楽しむ際オンラインでのプレイが主流のため、ネット回線の契約は必須です。しかし、速度の遅いネット回線を契約してしまうと、オンラインでのプレイ中にラグが起き...
オンラインゲームの速度 100Mbps以上が理想!オンラインゲームの通信速度の目安とラグ解消法 オンラインゲーム快適に楽しむにはネット回線の通信速度は重要です。一般的な目安として30Mbps前後の通信速度でネットは利用可能と言われますが、ゲームをプレイするにはPing値な...
インターネットの速度の目安 インターネットで快適な速度の目安はどのくらい?遅い時の原因と対処方法 インターネット回線の速度がどのくらい必要か大まかな目安を調査しました。近年、動画やオンラインゲームなどで大容量の回線が必要になってきています。このような場合、50Mbps~1...
インターネット遅いのなんで?通信速度が低下する原因と解消法 インターネットの速度が遅くて悩んでいる方は多いでしょう。インターネットの速度が低下する理由には使用中の周辺機器に問題がある場合と、契約中のネット回線自体に問題がある場...